twitter掲示板メルマガシャチョブロナウ


東屋 / 茶箱


木箱と布で物を運び、保管する。


宅配便の荷物、沢山のダンボール箱の中に
送り状の貼られた小さな木箱が一つ、
そこに含まれていた。開けてみると中には
紙と布で丁寧に包まれたお皿が一枚。
商品開発用に届いた古物だった。

そのお皿を後日、同じく紙と布で包み、
届いた木箱へ納めて送付元へと
返却したのだけれど、その時の事を
今でも度々思い出す程、それは僕にとって
新鮮な感覚、心地よい体験だった。
ゴミになったのは送り状ぐらい。
しっかりとした良い物を使えば、何度も
使う事ができ、資材の無駄使いもない。
実に気持ち良い、しみじみと心に染みた。
その時から、僕の中で商品を布で包み
届けたいという考えが広がっていく。

そしてスコープも撮影の度に多くの備品を
梱包し箱へ詰めて移動させるのだけれど
ダンボールやプチプチで、それを行うと
出来る限り再利用はしていても
すぐにゴミとなる。軽い物はゴミになり易い。
それでスコープでの取扱いとは関係無く、
東屋の茶箱を撮影備品の移動と保管に
使ってみる事にした。

杉材を使った木箱。
内側はトタン板が貼られ密閉性に優れ
湿気、匂い、そして虫から物を守る。
そしてとても丈夫。そもそも、
茶葉を運び、保管するのに使われている
箱なのだから、その辺は説明なしに
茶箱という名だけで十分に信頼できる。

さぁ、実際に使い初めてしまったら、
手放す事の出来ない物となってしまった。
木材を使った箱だから、その辺に
ポンっと置いてあっても絵になる。
安い物ではないから、見た目も安くない。
非常に丈夫だから積み重ねもできる。
運ぶには少々重量があるけれど、
壊れる事もないからゴミにもならない。
そんな茶箱との付き合いも長くなってきた
ある日、突然取扱いもしようと決めた。
それは撮影合宿を行うために、調味料やら
なんやらかんやら、料理に必要な材料を
丸っと運ぶのに、茶箱を使った時だった。


平 5kg

平 5kg

平 10kg

平 5kg

平 5kg

平 5kg




5、10kgは台所や身の周りの小物の整理
細々とした物の置き場所にどうぞ。


作業台の上に雑然と並べられていた調味料や
スパイスの瓶をどれもこれも5kg平に詰め込む。
醤油や味醂、酢などの背の高い瓶類は5kg深に、
キッチンタオルや布巾などの布物は10kg平に、
昆布、鰹節、ストックの砂糖や粉類など
かさ張る袋物は10kg深へ主に詰め込んだ。
どれもかなり入る。そして撮影場所へ移動させた。

5kgの小さな茶箱はキッチンに置くだけ。
調味料などを入れる箱としてそのまま使う。
平型はキッチン卓上、深方はキッチン壁際に床置き。
すぐ使える場所に調味料類がまとまっていると
料理中バタバタしていても、さっと手に取れる。
出しっ放しにしておきたい物がまとまっているのは
勝手よく、家を長くあける時にも蓋をするだけ。
とても便利で気に入っている。

少し大きな10kgについてはドンと床に置き
キッチン収納として5kg同様、日々活用した。
面積が広いので上に物も積める。
場所に余裕があれば良い使い方だと思う。
深型は高さもあるので、一時的に物を置いたり
作業台のように使う事も出来る。
撮影合宿の時は、野菜かごを上に乗せていた。

この5kgと10kgの茶箱を台所で使うと
場がスッキリする以上に、全体の眺めが良くなる。
日々の景色の良さも茶箱を好きになる理由だろう。
何個でも欲しくなり、何でも茶箱にしまいたくなる。

無論、塗装、防水が施してあるわけもないので、
汚れる場に置けば汚れ、濡れる場では濡れる。
使い方、使う場所は、使う人次第です。
濡れたらどうなる?汚れたらどうする?
それは拭こう。それでも心配なら別で使おう。
シンプルな箱だから考えを巡らせれば、
使い処はいくらでも見つかるでしょう。
ただマニュアルがないと言うだけの事です。
古物入に10kg深、特にお気に入りの使い方。




平 20kg

平 20kg

平 20kg

平 40kg

平 40kg




20、40kgは収納箱として
冬服をしまう、夏服をしまう。
ただし深型は入れ過ぎると重いよ。


20kg、40kgサイズについては
やはり、茶箱の日常生活における王道、
衣類収納として使う、これでしょう。
冬服をしまう、夏服をしまう。
プラケースをやめて茶箱にしまう。

スコープ調べではありますが
和な押入れで使うのであれば40kgサイズ
洋なクローゼットであれば20kgサイズが
ピッタリと来ます。隙間なくピッチリではなく
適度な隙間があり、押入れとクローゼット、
そこで使い易いように採寸したかのような、
絶妙なサイズです。※念のため採寸はしてね。

さて、どれぐらい入るのか、
以下実際に詰め込んでいました
女子スタッフレポートを参考までに。

衣類と20kg-------------------

《20kg平 詰込レポート1》
セーター・ニット×10枚、

《20kg平 詰込レポート2》
ショール×4枚、マフラー×6枚
靴下×3足、手袋×2つ、帽子×1つ

《20kg深 詰込レポート1》
女性ものセーター・ニット×10枚
男性ものセーター・ニット×5枚
女性ものだけなら20枚以上はいけそう


毛布類と40kg------------------

《40kg平 詰込レポート1》
クリッパン ブランケット シングル × 1枚
エコラ スロー シングル × 2枚
ラプアン ショール ウィズ ポケット × 1枚
クリッパン ブランケット ミニ × 1枚
エコラ 膝掛け × 1枚

《40kg深 詰込レポート1》
エコラ スロー シングル×2枚
エコラ ブランケット シングル×2枚
クラウス ブランケット×1枚
クリッパン ブランケット シングル×1枚
クリッパン ブランケット ミニ×1枚
ショールウィズポケット×1枚

40kg深のサイズまでになると、
もはやレポートでは
伝わりにくい?くらい大容量。

感じ的には4人家族分の
スロー、ブランケット、ひざ掛けの類は
入るだろうなな印象。

---------------------------

しっかりした木箱だから、
上に物を置き、積み重ねても良いですし
更に防虫や湿気対策にも効果あり。
もとはお茶屋で使われていた深型の茶箱。
それを海苔屋さんで使おうと形を変えた平型。
僕らも少し頭の中で思考を巡らせれば
色々な使い方が生活の中、部屋の隙間に
それは沢山、いくつも見つかるでしょう。

平型からラインナップし実際に使ってみると
深型が欲しいという場面がちょいちょいあった。
特に5kg、10kgについては、深型も欲しい。
ただ20kg、40kgについては、深型に物を詰め込み
過ぎると腰が抜ける程の重量になるのでご注意を。
あまり動かさず使うか、かさ張るけど軽い
ブランケットの収納に向いてます


 

東屋 (あづまや)
土屋製函所 (つちやせいかんじょ)

 


材質 杉 亜鉛鉄板 紙(正麩のり貼)
寸法 平 5kg : 約W350×D245×H140(内寸;W300×D200×H110mm)/ 2kg
平 10kg : 約W425×D295×H180 (内寸;W375×D250×H150mm)/ 2.5kg
平 20kg : 約W515×D365×H215 (内寸;W470×D320×H185mm)/ 3.5kg
平 40kg : 約W680×D435×H280 (内寸;W630×D385×H250mm)/ 5.5kg
深 5kg : 約W350xD245xH270mm(内寸:W300xD200xH235mm)/ 2.5kg
深 10kg : 約W425xD295xH330mm(内寸:W375xD250xH295mm)/ 3.5kg
深 20kg : 約W515xD365xH405mm(内寸:W470xD320xH375mm)/ 5kg
深 40kg : 約W680xD435xH495mm(内寸:W630xD385xH455mm)/ 8kg
生産 Made in Japan

東屋 茶箱

  • 平 5kg
  • 平 5kg¥6,500(税抜き)
  • 平 10kg
  • 平 10kg¥7,700(税抜き)
  • 平 20kg
  • 平 20kg¥10,000(税抜き)
  • 平 40kg
  • 平 40kg¥12,500(税抜き)
  • 深 5kg
  • 深 5kg¥7,000(税抜き)
  • 深 10kg
  • 深 10kg¥8,300(税抜き)
  • 深 20kg
  • 深 20kg¥10,700(税抜き)
  • 深 40kg
  • 深 40kg¥14,000(税抜き)