twitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

日本の山桜を切り出して作るチーズボード

東屋 (あづまや) /  チーズボード、カッティングボード・チーズナイフ

チーズボード 小

チーズボード 小

チーズボード 小

チーズボード 大

チーズボード 大

カッティングボード #2

カッティングボード #2

チーズボード 小

チーズボード 小

チーズボード 小

チーズボード 小

東屋 / チーズボード、カッティングボード・チーズナイフ

優しい低音とともに
上品なチーズボードを
テーブルに加えてみようか。

何事もバランスが良いと安心する。
料理もそうだし、食器もそうで
それは素材という事だけでもなくて、
テーブルの上での、ちょっとした音も
そんな風に思う。陶磁器やガラスの
洒落た器が綺麗に揃ったテーブルからは、
少し冷たい高音が多く聞こえ、
優しい低音が聞こえてくる事はあまりない。

そこで木製の道具を取り入れてみようと
一つ二つテーブルに並べてみると、
思った通り、雰囲気も音も優しくなり、
全体が、どこか上品で心地よくなった。
素材も合わさってバランスがとれ、
見た目にも安定してくるようです。
雰囲気が大いに和らぎ良くなるので、
一度取り入れてしまうと、そこからは
もう正直、使う事が止まらない。
毎回、テーブルに引っ張りだす事を考え、
テーブルを組み立ててしまいます。

この猿山修さんがデザインし
東屋が制作したチーズボード。
用途見えずとも、手にしたくなるし、
手にすれば使ってみたくなるから
それをきっかけに陶磁器やガラスより
個性的で、均質・均一でない
木の道具を使い初め、使い慣れ
加えてチーズへの扉も開いてくれれば
これ程に得る物の多い道具はないだろうと、
言い過ぎぐらいに思います。

チーズに限らず、いくらでも出番はあり
パウンドケーキやバームクーヘン、
チョコをのせてティータイムに使っても
いいし、ハムやサラミやパテを盛り付け
アンティパストにもベストマッチです。
もちろん、食後のチーズは此方で是非!
食前食後、ティータイムまで大活躍。
試した事はありませんが漬物にもいい、
なんて書いているのを見た事があるぐらい
だから何にでもどうぞ使ってみて下さい。
大きいのと小さいの、どっちがいい?
それは好みだと思うけれど、
僕は小さい方をよく使っているようです。

セミハード用チーズナイフ
見た目にも新しく、
なんでも切れる万能選手

このセミハード用のチーズナイフは
カトラリーメーカーではなく
関の刃物メーカーで作っています。
だから、とても良く切れます。
そして、よく切れるので広く使えます。
チーズはセミハード用となっていますが
ハードでもソフトでも大概大丈夫。
それぞれチーズナイフを揃える予定が
無ければ、このセミハードをどうぞ。
真ん中でカバー率が最も高いですから。
持ち手部分は、東屋のバターナイフ同様、
コーティングされていない真鍮が使われ
ていますので、ずっと使い続けていけば
重量は変わらないですけれど、
雰囲気は重めでいい感じになりますよ。

果物も切れますし、皮も向けます。
この見た目ならば、どんなテーブルセット
であれ、生活感が出る事なく実に便利です。
まぁ一本、まぁ一本と薦めるつもりは
ないですが、コレはいいです。
特に東屋のチーズボードには、
チーズナイフがないと雰囲気が少々残念です。

  • チーズナイフの経年変化

右上からチーズボード 小/チーズボード 大+チーズナイフ
カッティングボード#2/カッティングボード#1/カッティングボード#3

幅広の材をわざわざ小さくするのもね。
材料がある時、スコープだけで大きなの。


幅広の材料も全部チーズボードの幅にカット
してしまうのは勿体ない。そりゃそうだ。
でも、幅広の材が沢山あるわけではないから、
まぁ小さくしてしまうか、という流れも仕方ない。
では、ある程度材料を貯めておいて
大き目のカッティングボードを作ってみよう。
それをスコープが全て仕入れると
そう決めれば成り立つ。そんな流れから
生まれた山桜の東屋カッティングボード。
だから、売り切れたら次回入荷予定は全く
立たないので、あるうちに、お早目に。
東屋的にはハンドル有が気分みたいだけど
バケット置くのに使いたいから大き目にしたくて
ハンドル無も作って貰いました。この3型で
決まりという訳でもなく、スコープだけで販売
する物なので、新たな用途や必要性をみつけ
サイズも色々変えていきたいと思っています。
ちなみに♯1と♯3は同サイズ。
ハンドルがあるかないか。その違いです。
ハンドルの分だけ♯3は面積が広いから
バゲットをザクッと切って置くのに向いている。
ここ欲しかったから、とても助かってます。

あえて日本の山桜を使う。
自然の物なので、多少のブレは
どうしようもない、という事で。

チーズボードには輸入材でなく、
国産材の山桜を選んでいます。
雰囲気も良く、綺麗な材ですが、
色味は多少ぶれますし、木目も色々です。
そういった個体差は自然の物の良さ、
ありがちな言葉ですが、味として
楽しむ気持ちで、こちらを迎えて頂きたい。
ただ、色味が極端に薄い物、あまりに濃い物
は、別にしてますから、突如お届けする事は
しません。そちらにつきましては、使用者様
の名乗りを随時お待ちしております。
ご注文時にご連絡事項欄へ

『なんでも大丈夫、個性派ウェルカム』
『色が濃い分には問題ないですよ~!』
『明るめのものがあれば是非』

と、この3つぐらいのリクエストを貰えれば
その時の大多数ではない群からお選びして
別にしてる物をお届けします。
何もなければ上の写真のような
スタンダード色目群からお届けです。
また、個性派俳優が不在の場合、
その時はスタンダードな色目になります。

僕が手にしたのも極端に濃い物でしたが、
なにかと比較するわけでもないし、
使っていけば色も変わりますし
気になるとしても最初だけの事だと思います。
できれば、色目を安定させる為に、
材を輸入材へ変更する事は避けたいですから、
皆様、どうかご協力をお願い致します。

色の濃淡が
極端なものについて

写真のような極端に色の薄いもの、濃いものをご希望される場合は、リクエストベースで対応いたします。

『なんでも大丈夫』
『色が濃い分には問題なし』
『明るめのもので』

など、3つぐらいのリクエストでご連絡事項欄にその旨をご入力くださいませ。在庫の範囲内とはなりますが、ご希望に添えるよう手配いたします。

東屋 (あづまや)
猿山 修 (さるやま おさむ)
ナイフ:成戸刃物 (なるとはもの)
ボード:小栗正彦
ボード:山一 (やまいち)
材質 チーズボード、カッティングボード : 山桜(胡桃油塗布仕上げ)
チーズナイフ : ステンレス・真鍮
寸法
  • チーズボード
    小 : W122×L270(170・取手除く)×T15mm(穴径φ12mm) / 約210g
    大 : W143×L300(200・取手除く)×T15mm(穴径φ12mm) / 約240g
  • カッティングボード
    #1 : W200×L380(280・取手除く)×T15mm(穴径φ12mm) / 約530g
    #2 : W180×L355(255・取手除く)×T15mm(穴径φ12mm) / 約440g
    #3 : W200×L380×T15mm(穴径φ12mm) / 約600g
  • チーズナイフ
    W30×L170×T7mm / 約60g
生産 Made in Japan
  •  個性的な木目の商品が集まったので個別販売しています。
    【個別販売】の表記があるものは写真と同じ商品をお届けします。
    それ以外は木目の選べない通常販売となります。

東屋 チーズボード、カッティングボード・チーズナイフ

  • チーズボード 小
  • チーズボード 小¥3,600(税抜き)
  • チーズボード 大
  • チーズボード 大¥4,000(税抜き)
  • チーズナイフ
  • チーズナイフ¥4,800(税抜き)
  • カッティングボード#1
  • カッティングボード#1¥6,000(税抜き)
  • 12月上旬 入荷予定
  • カッティングボード#2
  • カッティングボード#2¥5,000(税抜き)
  • 12月上旬 入荷予定
  • カッティングボード#3
  • カッティングボード#3¥6,000(税抜き)