twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ
丼鉢 薫
丼鉢 薫
丼鉢 薫
丼
丼 渡邊かをる

東屋 / 丼鉢 薫

鉢としたい人、丼としたい人

骨董の世界には丼(どんぶり)という呼び名はなくて
僕らが丼と呼ぶ器は、鉢と呼ばれているそうです。
だから、丼と名付けたけれど、鉢としたい人がいる。
でも現代に生きていると、丼を鉢と呼ぶのは固すぎて
少しばかり遠う物にも思えてくるものだから、
鉢、丼、鉢、やはり丼。試しに鉢と呼んでみると、
使い方と、物との間に溝があるようにも感じるから
丼の方が僕にはしっくりくる。丼でいいじゃない。
つまり、ここには丼としたい人がいる。

結局の所、丼は鉢を経由し最終的に丼鉢となった。
それなら両者いいじゃないってね。
正式名称は「丼鉢 薫」、ドンブリバチカヲル。
薫はデザイナーさんのお名前です。

使い始めの頃は丼の方にアクセントをおいて呼び
徐々に丼より、鉢の方を強く発していこうか。
丼から鉢へ、今は丼鉢。冒頭、名前の話ですみません。

東屋の薬缶も丼鉢も、渡邊かをるさんのデザインで、
どちらも優しいラインがイイネ!と惹かれています。
もっともっとこんな優しい物が出てきたらと良いの
ですが、既に渡邊かをるさんは亡くなられているので、
新しい物は出てこない。かといって他にそんな物を
デザインできる人もいない。現在あるデザインを
大事にし、生産と使用を続けていかなければいけない。
そんな物の一つが、この丼鉢 薫です。

丼鉢 薫
丼鉢 薫
丼
丼 渡邊かをる
どんぶり

やはり手挽きはイイね!
手挽きの丼鉢サイコウ!

この丼鉢は東屋のとり皿、とり鉢と同じく
波佐見の光春窯で手挽きにて作られていまして、
愛用していると、型成型の量産品とは違った
手挽きの良さ、お品というのをジワジワ感じます。
多くの物を手にして使っていると目も肥えてきて、
家具なら無垢だよねというようなことと似ていて
器は手挽きがいいよね、とそんな事となってくる。
それも当然で、手間暇かかった物には、
その分だけ価値が乗っかっていますから。

そしてこの丼鉢は、思ったほどに重くもなく、
明るく日常使いに向いた雰囲気をしている。
逆三角形の丼と違い、寸胴な安定型で、
手取りもよく、小振りな割に量も入る。
かつ丼のようなご飯のコースだけでなく
うどん、そばといった麺のコースにも使え、
この両刀に向いたサイズ感が一つの魅力。
吉野家の丼を少しばかり大きくしたぐらいで、
家庭で広く使うに重宝するサイズをしています。

試しに近所のうどん屋さんで、
カツ丼と天ぷらきしめんを盛ってもらいました。
ちょっと小振りだから入らないかもなぁ~
と言われていましたが、カツ丼は勿論OKで
海老を小さく揚げたそうですが、天ぷらきしめんも
普段の量が普通に入ったそうです。つまりは
そういう事、飯も麺も普通に両方いけます。

ただ、手挽きの器ゆえ、人気だからと生産数を
大幅に増やす事もできず、月100個程度の生産と
いわれています。入荷と欠品を繰り返し、なかなか
欲しいと思った時に、サッと手にできる状況になら
ないのかもしれないですが、お待ち頂ければ随時
入ってきますので、どうぞ気長にお付き合い下さい。

 

東屋 (あづまや)
輪線:猿山 修 (さるやま おさむ)
形:渡邊 かをる (わたなべ かをる)
光春窯(こうしゅんがま)

 


丼鉢 薫

近所のうどん屋「新市川中川店」のカウンターに置いてみた

丼鉢 薫

近所のうどん屋「新市川中川店」のカツ丼を盛りつけてみた

丼鉢 薫

近所のうどん屋「新市川中川店」の天ぷらきしめんを盛りつけてみた

材質 磁器(天草陶石、柞灰、呉須)
寸法 約Φ150xH89 mm / 約410g / 845ml
生産 Made in Japan
備考 電子レンジ ○ / 食器洗浄器 ○

東屋 丼鉢 薫

  • ¥6,000(税抜き)
  • 6月中旬 入荷予定