twitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

東屋 / 伊賀 土瓶

食卓で良い雰囲気。


「土と釉は同じ山のものを使え」
先人の教えの通り、伊賀の職人が
伊賀で取れる土と釉薬を使い
一つ一つ丁寧に手牽きで作り上げた
とっても真面目な東屋の土瓶。

1~2杯(頑張って3杯)を
淹れるのに適した急須より
この土瓶は容量が多く
4杯は淹れる事ができるので
我家では家族のお茶の時間、
特に食事の時に活躍しています。

また、容量的な事だけではなく
日常にある雰囲気が良いのです。
色々な種類の器がならぶ和の食卓。
そこに置いてある、この土瓶の姿は
どこか和んでいて、朗らかで素敵です。
そこが気に入っているから
食事の時は、ついつい選んでしまいます。
あまり細かな事を気にしないで
ザックリとお茶を飲みたい時には
量が入るというのは
手間も減って都合も良いですしね。

「日常」には土瓶がいい。


特別なお客様を迎えた時には
玉露や煎茶を選んで、
茶漉しも細かくカチっとした
上品な急須に小ぶりの器を選び
丁寧にお茶を出したい。
でも、自宅で家族だけのティータイムや
近しい友達を迎えた時は
大きくて、気張った感じのない土瓶を
選んで使うのが心地よいようです。
気軽に楽しむ時は、あまり上品な物より
ザックリしていて気遣いない物を選ぶと
みんながリラックスできるのでナイスです。
土瓶と厚手の湯呑。
でもって玄米茶、ほうじ茶あたり。
それぐらいがよいように思います。

土瓶は本体も大きいから
茶葉の大きなお茶の時に使うと
葉も広がって美味しく淹れる事ができます。
だから、玄米茶やほうじ茶、中国茶なんか
に適しています。
「日常」には土瓶がいいようです。

土瓶ですが直火は不可。


土瓶だから直火もOK?
いえ、この土瓶は直火不可です。
土物は扱いによっては臭いもうつり易く、
目止めもしないといけないから
取扱いが大変そうで手を出しにくい。
そういった声を聞いて
東屋さんと伊賀の職人さんが
使う人の手間が少しでも減るようにと
工夫して、この土瓶を完成させています。
だからといって、シリコンで目止めする!
なんてことはしていないのでご安心を。
細かな伊賀の土を選び、高温焼成し
そこを軽減してくれています。
一般的な土瓶より、細かな土が焼きしまり、
それで匂いはうつりにくく、
色の変化も起きにくいのです。
既に一度目止めもしてくれています。
だから、お茶を淹れる道具として使うだけ
であれば定期的に目止めする必要もないです。
ただ、直火にかけると割れるので
直火はNG。使い手に優しい工夫をしたので
直火には適さなくなりました。

  • 注ぎ口つまみ
  • 内部とツル
  • 付け根
  • サイズ比較
  • 底

 

東屋 (あづまや)
耕房窯 (こうぼうがま)

 

伊賀とは

「手で作るからこそ」

練り上げた土をろくろに落とした後
力強く手のひらで叩き、練り慣らしたら、
いよいよ伊賀シリーズが形になります。
職人さんは「人柄が出るんですよ」と言いながら
次から次へ器や湯のみを形にしていきます。
脇を締めて両手を押し当てながら、
時には優しく撫でる姿が
「地球の土をちょっとだけ使わせてもらっている」
という職人さんの言葉を思い起こさせます。
繰り返し現れる形に主張はありません。
あるのは手で挽くからこそできる指の跡や土の表情。
それが伊賀シリーズの表情でもあります。

「この土を使うと手が痛くなるので、
1日に作れる量は手が使えるだけ」


ザラついた長石を取り除かず作るため
伊賀シリーズの土は職人泣かせの土です。
熟練の職人は
「この土を使うと手が痛くなるので、
1日に作れる量は手が使えるだけ」
と笑いながら教えてくれました。
機械で綺麗に精製された土とは違う
この荒々しさが、1つ1つ食器の表情となり、
また食器になる前の土の姿をはっきりと
残してくれます。

表情を楽しむ

土を採取して実験を繰り返し、
土を知り尽くした職人が、
今度は釉薬の焼成温度を変えて、
いちばん良い表情を調べていきます。
そうやって決まった焼き方も
作る季節、窯の火の回り方、器の焼き場所によって
どれも同じ焼き上がりにはなりません。
「でもそれが面白い。」
と東屋は職人の腕にシリーズを委ねます。
不安定な要素も、個性として受け入れれば
使う人も作る人も「きっと良い表情」になる、
大きな機械では作れない個性が伊賀シリーズにはあります。
その個性は手にした人が育てる事ができます。愛着が抱けます。
それが伊賀シリーズの魅力です。

ロゴ ロゴ
材質 陶器 釉薬:石灰(せっかい) / 黒飴(くろあめ)
サイズ W150×D115×H180mm(ツルを除いた高さ:H110mm) 460ml
※サイズには若干の個体差があります。
生産 Made in Japan
  目止めについて
  ※本品は軽く“目止め”が施されていますが、よりしっかりと目止めを行いたい場合は一旦ツルを外してから目止め処理を行ってください。
  • 本品は軽く“目止め”が施されていますが、よりしっかりと目止めを行いたい場合は、付属の説明書に沿って目止めを行ってください。
  • 表面にヒビのように見える貫入があります。
  • 1つ1つ手作りで製作されているため、サイズや表情に個体差があります。
  • 和食器(陶器)について

東屋 伊賀 土瓶

  • 石灰
  • 石灰¥8,600(税抜き)
  • 黒飴
  • 黒飴¥8,600(税抜き)