twitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

東屋 / 伊賀 丸湯呑

まずは形から


今の自分の生活を振りかえってみると
珈琲や紅茶に比べて
日本茶を飲む機会がとっても少ない。

急須も持ってて
家に日本茶もあるんだけれど
あまり飲もうって流れにならない。

でも
テレビで長寿な街は日本茶を飲んでる率が高い
なんて番組をみると、やはり日本茶が一番だ!
飲むようにしよう。なんて気分だけは盛り上がり
飲み始めてはみるものの
数日後には普段の生活に戻っていて
新たなチャレンジは日に日に薄くなっていく。

それで
生活にうまく組み込めない理由は
お気に入りの湯呑がないからじゃないのか?
と突如思いついてしまったので
そのまま勢いにのり、僕好みの湯呑を
東屋さんに作って貰う事にしました。

どうせ作るのなら
「10年後にも買ってよかったって
 思える物を作りたい。」
って考えがガッチリある東屋さんです。

細かな希望をいえば
ずっと生活を供にするわけなので
味わいのある表情がよい手挽きがベスト。
形は少し小ぶりというか
お寿司屋さんの湯呑みのような大きな物ではなく
手取り感のよいサイズ。
そして丸みのある優しい形がいい。
贅沢をいうなら、手描きの絵もあれば最高です。

と、そんな僕の希望を全て聞いてくれて
それを調整し綺麗にまとめ
完成させてくれたのが、この丸湯呑。

価格も僕の希望通り。
非常にバランスよく
全てが大満足な仕上がりです。

実際に家に持ち帰り、使い始め
既に半年以上が経過しています。
そして家でお茶を飲む頻度はどうなったか?
といえば、まだ飲まない日も正直ありますが
頻度はかなり上がってきています。
和菓子をお土産にもらった時や
たまには朝食後にも珈琲ではなく
日本茶を選ぶ日もあります。
そして、なにより
和食の御飯の時に温かいお茶を一緒に
飲むようになりました。

そう。そうなのです。
湯呑を我家へ連れてきて良かった
って一番強く感じたのはソコ!!
和食の御飯の時。

食事の時、温かいお茶を飲む。
気付けば外食の時だけの習慣になっていて
生活から消えている人も多そうなポイント。
でも、普段の生活に復活させてみると
素晴らしく心地よいです。

使っている物、持っている物で
その場の空気は大きく変わるから
お気に入りの物があるからこそ
生活に新しい流れをとり込んだり
忘れていた生活の形を取り戻すことができる。
まずは形からっていうのも悪くないですよね。

丸湯飲み

スコープでは宮島と一緒に使うことも多い

宮島(しゃもじ)を水に浸すのに、
「丸湯飲みを使えばいいんですよ。」と聞いてから、
スコープの和食テーブルには宮島と、丸湯飲みを
一緒に使うことが多くなった。
和の道具同士、相性もよく、雰囲気を
壊すこともないこの使い方。
僕たちはすごく気に入っていて、
本来の湯飲みとしての使い方より、
この使い方で登場することの方が
多いような気がしています。

東屋 (あづまや)
耕房窯 (こうぼうがま)

伊賀とは


練り上げた土をろくろに落とした後
力強く手のひらで叩き、練り慣らしたら、
いよいよ伊賀シリーズが形になります。

職人さんは「人柄が出るんですよ」と言いながら
次から次へ器や湯のみを形にしていきます。
脇を締めて両手を押し当てながら、
時には優しく撫でる姿が
「地球の土をちょっとだけ使わせてもらっている」
という職人さんの言葉を思い起こさせます。
繰り返し現れる形に主張はありません。
あるのは手で挽くからこそできる指の跡や土の表情。
それが伊賀シリーズの表情でもあります。


ザラついた長石を取り除かず作るため
伊賀シリーズの土は職人泣かせの土です。

熟練の職人は
「この土を使うと手が痛くなるので、
1日に作れる量は手が使えるだけ」
と笑いながら教えてくれました。

機械で綺麗に精製された土とは違うこの荒々しさが、
1つ1つ食器の表情となり、また食器になる前の
土の姿をはっきりと残してくれます。

  • ロゴ
  • ロゴ


土を採取して実験を繰り返し、
土を知り尽くした職人が、
今度は釉薬の焼成温度を変えて、
いちばん良い表情を調べていきます。

そうやって決まった焼き方も
作る季節、窯の火の回り方、器の焼き場所によって
どれも同じ焼き上がりにはなりません。

「でもそれが面白い。」
と東屋は職人の腕にシリーズを委ねます。
不安定な要素も、個性として受け入れれば
使う人も作る人も「きっと良い表情」になる、
東屋のこだわりはそういうことなのかも知れません。


大きな機械では作れない個性が
伊賀シリーズにはあります。
その個性は手にした人が育てる事ができます。
愛着が抱けます。
それが伊賀シリーズの魅力です。

大きな機械では作れない個性が伊賀シリーズにはあります。
その個性は手にした人が育てる事ができます。愛着が抱けます。
それが伊賀シリーズの魅力です。

材質
釉薬 黒飴(くろあめ) / 志野(しの) / 石灰(せっかい)
松灰(まつばい)

絵付きのものは石灰(せっかい)がベースになります

サイズ 約φ75xH75mm 200ml(満水時)

個体差があるためサイズは目安です。

生産 Made in Japan
  目止めについて

東屋 伊賀 丸湯呑

  • 石灰高台の様子。高台付近にある刻印は位置やデザインが写真と異なったり見えずらい場合があります。
  • 石灰¥2,667(税抜き)
  • 黒飴高台の様子。高台付近にある刻印は位置やデザインが写真と異なったり見えずらい場合があります。
  • 黒飴¥2,667(税抜き)
  • 志野高台の様子。高台付近にある刻印は位置やデザインが写真と異なったり見えずらい場合があります。
  • 志野¥2,667(税抜き)
  • 松灰高台の様子。高台付近にある刻印は位置やデザインが写真と異なったり見えずらい場合があります。
  • 松灰¥3,048(税抜き)
  • 呉須鉄太十草高台の様子。高台付近にある刻印は位置やデザインが写真と異なったり見えずらい場合があります。
  • 呉須鉄太十草¥3,048(税抜き)
  • 淡太十草高台の様子。高台付近にある刻印は位置やデザインが写真と異なったり見えずらい場合があります。
  • 淡太十草¥3,048(税抜き)
  • 蓮華紋掻落高台の様子。高台付近にある刻印は位置やデザインが写真と異なったり見えずらい場合があります。
  • 蓮華紋掻落¥3,048(税抜き)
  • 呉須鉄十草高台の様子。高台付近にある刻印は位置やデザインが写真と異なったり見えずらい場合があります。
  • 呉須鉄十草¥3,048(税抜き)
  • 呉須鉄皮鯨高台の様子。高台付近にある刻印は位置やデザインが写真と異なったり見えずらい場合があります。
  • 呉須鉄皮鯨¥3,048(税抜き)
  • 薄皮鯨高台の様子。高台付近にある刻印は位置やデザインが写真と異なったり見えずらい場合があります。
  • 薄皮鯨¥3,048(税抜き)
  • 貫入に染み込む水
  • 混入物、欠け、穴
  • 和食器(陶器)について