twitter掲示板メルマガシャチョブロナウ
東屋 (あづまや) /  ジューサー



東屋 / ジューサー


フローラで開眼!
ジューサーはこれにて満足
もう他は考えなくていいね!


東屋さんから「使ってみて。」と
早い時期にサンプルをいただいた
ジューサーだったんだけど、
あまりジューサーを使う癖がないから、
結構な期間使えないでいた。
(東屋さんごめんなさい!)
でも、フローラの撮影合宿(1週間)へ
一緒に持っていったのが
きっかけとなり開眼。

可愛らしいガラスの食器フローラ
僕達に、このジューサを思いっきり!
使わせる機会を作ってくれたわけです。

果物を絞ってジュースを作り、
サラダのドレッシングを作り、
ライムを搾ってカクテルも作ってみよう!
そんな新しい楽しみ、試みすら生み出した。
とにかく食事の時には大活躍。
そして一度使って慣れてしまえば、
どこもでも使い出すもので
今ではなくてはならない道具の一つ。
一切不満足な部分がないから
他を考える、検討する必要もなく、
とにかく満足だから、これがいいと、
スコープは思いっ切り、
おススメさせて頂きます。

東屋の物という事もあり
上下のパーツの組み合わせもばっちりで、
果汁を搾る時に力をかけても不安がない。

そして何より、よく搾れる。
何度も試作を重ねて完成させたという
だけの事あり(かなり苦労された様子)、
果汁を搾りとる山部分は、
それほど力をいれなくても
効率よく綺麗に果汁を搾りきります。
初めて絞った後のレモンを見れば
きっと感動するはず。
もうこれ以上搾れないだろうなって
見た目にわかる状態になっているから。
これはとても気分がよいものです。


使い勝手の良さを追うあまり
作るのに手間が相当かかる。
それもあって、そう大量には作れない。


搾り取った果汁が落ちて溜まる、
下のジャグ部分。見た目も綺麗なので
そのままテーブルへ持っていっても
絵になります。とてもいい感じです。

そして、また注ぎ口の水切れが非常に良い。
こういう物の大半は、大いに垂れる。
日本製でも垂れるし、垂れない物の大半は、
水をはじく塗料をぬって回避している事が
多いわけながら、(それが悪いとはいわない)
東屋の物は、形と細かな仕上げで
それをクリアしているのが
とにかく直球勝負で潔く、素晴らしい。
人気の醤油差しと同じく、です。

ただ、誰もやらない事だけあって
これがまた少々大変なのだそうだ。
これこそ真に職人さんの頑張りで
乗り切っているというわけです。
そんな事もあり月300個作るのが
現状の精一杯ライン。

今ではこんな物作りをしている場所も
そうそうないわけで、それだけの物を、
いいお値段で手に出来るのは
東屋と、東屋と伴に物を作っている
多くの職人さんのおかげです。

マシンメイドで人の手をほぼ使わず
必要な分はいくらでも作れる物ではないから
大量には入って来ない。人気が高まれば
欠品と入荷を繰り返す事になるわけですが
そこは少し、大目に見て頂きたい。


東屋 (あづまや) /  ジューサー

レモンスカッシュ
レスカでも作ってみよう。


レモンと言えば、レスカ。
ジューサーを見たら誰もが思い描く飲み物。
だから、何のひねりもなく、
フローラの撮影も兼ねて、やってみました。
予めレモンの輪切りを蜂蜜で漬けて作った
シロップと、レモン果汁を炭酸で割り、
ミントを飾る。この時、レモン果汁を入れ
過ぎまして、かなり酸っぱい青春フレーバー
となりました。
でも、作る工程が楽しく、雰囲気も良かった。
爽やかな夏のおもてなしドリンクにいいねって
その場にいた皆で楽しく盛り上がれたから
結果オーライ。皆様、果汁の量はお好みで。
経験を積んで完成形の配分を作りましょう。



 

東屋 (あづまや)
猿山 修 (さるやま おさむ)
白岳窯 (しらたけがま)

 


材質 磁器(天草陶石)
寸法 約W92×H81×D65mm / 適量 160ml 満水 240ml / 下部 約200g 上部 約80g
生産 Made in Japan
備考 電子レンジ ○ / 食器洗浄器 ○

東屋 ジューサー

  • ¥3,100(税抜き)
  • 次回 入荷未定です