twitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

鍋はもちろん、普段の食事にも何かと使いやすいのだ。

とり皿 海鼠

とり皿

とり皿

とり皿

とり皿 柞灰

とり鉢 柞灰

手に持った皿:取り皿

とり皿 海鼠

とり皿 柞灰

とり鉢 海鼠

とり鉢 海鼠

東屋 / 光春 とり皿・とり鉢

浅と深


鍋に使う「とんすい」が欲しくて
このとり皿、とり鉢を
東屋さんに作って貰いました。

「とんすい」の小さな取っ手?
については悩みましたが無しに。

より幅広く使えるように
「とんすい」というより
鍋に使い易いサイズの
取り皿と取り鉢を作った。
そんな感じです。

製作は波佐見の光春窯さん。
一点一点ろくろで手挽きしています。
釉薬も一緒に使って映えるように
対象的な海鼠釉と柞灰を選びました。

サイズは2種類あって
浅いのと深いのとあります。

小皿、小鉢として使うのなら
料理で選べば良いのですが
鍋に使うとなると好みなので
オススメが難しい。

使い始める前は
僕は浅い方(とり皿)がいいと思っていて
妻は深い方(とり鉢)でないと小さすぎる
と思っていたのですが
実際に鍋に使ってみると
僕は深い方(とり鉢)が丁度よく
妻は断然浅い方(とり皿)が使い易かった
なんて事も。

どちらが良いとは
正直言えないので、わからなかったら
取り鉢一つ、取り皿一つ
色を変えて買ってみてください。
それで使ってみて欲しいです。

後で好きな方を増やせばいいですし
使える場はいくらでもあるので
1個だけあっても全然困りません。
これは本当にいい器ですから。

寄せ鍋、しゃぶしゃぶ、すき焼き
どれも美味しくなる。なるなぁ。

朝と夜

とり皿の方は朝。
漬物や佃煮やしらす、明太子などに
とても合うから
朝の食卓で出会う事が多い。

とり鉢の方は煮物、酢の物、和え物
お酒のつまみに使われる事が多いから
昼や夜に。そんな気がする。

朝はとり皿を使い
夜はとり鉢を使う。

でも、昼のぎょうざで両方使う。
とり皿にタレを、とり鉢にスープを。
悪くないんですよ。いい感じです。
お皿はAvecブルーで。
このパーフェクトじゃない雰囲気が
いいんじゃないかと思うのです。

  • プレートの柄
東屋 (あづまや)
光春窯(こうしゅんがま)
材質 陶器 (海鼠釉/柞灰)
寸法 とり皿 : 約φ122×H38mm
とり鉢 : 約φ122×H53mm
生産 Made in Japan
備考 電子レンジ ○ / 食器洗浄器 ○

東屋 光春 とり皿・とり鉢

  • とり皿 海鼠
  • とり皿 海鼠¥1,900(税抜き)
  • とり皿 柞灰
  • とり皿 柞灰¥1,900(税抜き)
  • とり鉢 海鼠
  • とり鉢 海鼠¥2,200(税抜き)
  • とり鉢 柞灰
  • とり鉢 柞灰¥2,200(税抜き)