twitter掲示板メルマガシャチョブロナウ
東屋 (あづまや) /  俎板(まないた)

東屋 / 俎板(まないた)


この頃のヒノキは
目が詰まっていて凄くきれい。
徳川吉宗の時代に
植えられたヒノキもあるんですよ。

そんな言葉を聞くと心がときめいて
目の前にある一枚の俎板が
今まで以上に素敵な物にみえてきます。

樹齢200年以上の木材を使った
一枚板の俎板。

作られた江戸の世界をテレビを通して
みる事はあっても、
遥か昔のチョンマゲなお江戸の時代を
直接肌で感じるような機会はそうそうない。

でも、その頃に植えられた木が、
長い年月を経て成長を続け
今やっと成長をとめ、
日用品となり僕達の手元に届いている感覚。
その何百年という、
とても長い時間がつながっている感覚を
味わうと細かな事はどうでもよくなって、
一緒に時を過ごしてみたい、
使ってみたいという強い願望と、
その木に相応しい正しい姿勢で
使ってやらなければ、
と思う二つの気持ちがむくむくと
膨らんできます。

実際に、
今こうして僕たちがこんな綺麗な
ヒノキの俎板を使う事ができるのも、
木曽ヒノキが古来より
良質な材として尊重され、
江戸時代には尾張藩により
厳しく伐採が禁じられ、
明治維新後は国有林となり、
手厚く保護され続けてきたからこそ。
そんな昔からずっと大事に育てられてきた
木曽ヒノキを使った俎板を、
今の僕たちが使う事ができるのは、
昔の沢山の先輩方のお陰ですよね。
大切に末長く使っていきましょう。

江戸時代から続く伝統技法を守り
木肌にあわせて
鉋で仕上げられています。

ヒノキには芳香樹脂成分が含まれているので、
腐りにくく、カビの繁殖も抑えられます。
表面は丁寧に鉋で仕上げられています。
とはいっても塗装などは一切されていない
無塗装の一枚板。
使用に際し細かな心配ごとがある人も
いるかもしれません。
でも木曽の職人さんの合言葉となっている
『木の肌と人の肌は同じ』
という言葉の通り、
やたらと気を遣っても
別人のようにならない代わり、
数日手入れを怠ったからといって
急に醜くもならない。
でも、毎日のちょっとした手入の違いで、
10年、20年後の様子にじわじわと
差が出くる物ですからそ
んなに大袈裟に構えなくても、大丈夫。
なるべく合成洗剤は避け粗塩を使って
洗い木目を垂直にして立てて乾かす。
そんな事を守りながら、
いつもより少しだけ大事に使っていけば、
心地よい包丁の当たる音を
末長く聞かせ続けてくれるはずです。

柾目と板目そして一枚板

木目が細かく並行に並んでいる
柾目材は包丁の刃当たりが均一で
水切れもよく減りにくい。
俎板は柾目が一番と
いわれるぐらいの適材ですが、
なかなかこんな材は手に入りません。

小さなサイズに関しては
今のところ材の調達ができているので、
柾目一枚板となっていますが、
大に関してはこのサイズの材が
伊勢神宮の柱など建材として
多く使われる為、調達も困難で、
無理に作ると非常に高価となる為、
板目が採用されています。

接ぎ材ではなく一枚板で、
日本3大美林に数えられる
木曽ひのきの天然木、
小に関しては柾目であり、
表面は鉋を使った刃物仕上げ。
こんな俎板に出会う機会なんて
そうそうないでしょう。

柾目と板目の図

削り直し致します。

厚み30mmの木曽ひのき一枚板の俎板。
この厚みであれば、
水の吸収と乾燥を繰り返しても
反ったりする事はそうそうありません。
ただ、こんな厚みのある1枚板は非常に
貴重な材である事も事実です。
少々の劣化で処分しないで、
削りなおしてお使い下さい。
表面、側面ともに削るので
一回り小さくなりますが、
新品同様になります。
削り直しの方法は以下の通りです。

  • 元払いにてお使いのまな板を
    以下までご送付ください。
    399-5301
    長野県木曽郡南木曽町読書3671
    株式会社 山一
    TEL: 0264-57-2058
  • 乾燥室に7~10日程度入れ乾燥させ、
    両面を鉋仕上げし、
    さらに周囲4面を削ります。
  • 検品後、お客様へご返送致します。

お手元に届きましたら、
添付の郵便振込用紙にてお近くの郵便局から
振り込みをお願い致します。手数料はかかりません。

削り直し、返送料、消費税をいれて
代金は1600円となります。
まな板の内部にこぼれた刃がくい込んでいる場合は
削り直しできません。

  • ロゴ
  • サイズ
東屋 (あづまや)
山一 (やまいち)
東屋 (あづまや) /  俎板(まないた)
材質 木曽ヒノキ無垢材
サイズ 大 W420×D230×H30mm
小 W360×D180×H30mm
重量 大 1100g
小 810g
生産 Made in Japan
備考 ご使用前に湿らせることで匂いを吸い込みにくくなります。
また使用後は粉状のクレンザーか粗塩で水洗いし、木目が垂直になるように置いて風通しの良いところで乾燥させてください。
  • ヒノキのヤニ
  • 木口面(短辺)は使用していると木の性質上ヒビが入ります。使用には問題ございません。
  • 直射日光による過度な乾燥や長時間水に浸けたりしないで下さい。割れの原因となります。
  • ご使用後は粉状のクレンザーか粗塩で水洗いしてください。合成洗剤や漂白剤は木の持つ天然の殺菌の働きを弱めてしまい、黒ずみ、カビ等の発生をしやすくしてしまいます。
  • 木製品について

東屋 俎板(まないた)

  • 小
  • ¥6,500(税抜き)
  • 大
  • ¥11,000(税抜き)