twitter掲示板メルマガシャチョブロナウ
東屋 (あづまや) /  染付蕎麦猪口
東屋 (あづまや) /  染付蕎麦猪口

東屋 / 染付蕎麦猪口

綺麗な大きさ

好きな言葉は「大は小を兼ねる」。
という程ではありませんが
僕は体が大きいからか、小振りな物より
少し大きなサイズの物を好む傾向があります。
初めて東屋の蕎麦猪口をみた時の印象は
僕には少し小さいかな?でした。

でも、これは、この蕎麦猪口は、
このサイズでいいのだ。
使ってすぐにそうわかりました。

僕が小さく感じることもなく
気持ちよく使えているのですから
ほとんどの方が小さく感じる事なく
気持ちよく使って頂けるに違いありません。

蕎麦猪口として使っての感想ですが
大きすぎず、小さすぎず。
非常に丁度良いサイズ。
丁度良いといいますか
蕎麦猪口として綺麗な大きさです。

用途を広げるために大きくすると
蕎麦猪口とししては少し雰囲気が変わります。
蕎麦猪口だったら、このサイズが良いです。
僕はそう思います。



手書き、印判、蛇の目高台

高台は古い蕎麦猪口によくみられる
蛇の目高台。絵付けは全て手仕事です。
輪線の透明感のある太く綺麗な藍のラインは
手書きで、他の柄は印判で絵付けされてます。

量産しているといっても、均質で均一な物を
何千何万と作り出す現在の量産とは異なり
手仕事が占める割合が高いので作ることができる
数量の桁が1つ2つ違います。手で絵付けした
それぞれの模様には小さな個別の味わいがあり
使い捨て感覚を正してくれる、ちょっとした力を
感じます。

そして手仕事だからと、特別高価にするのではなく
誰もが普通に使っていた物だからこそ
今でも誰もが手軽に手にする事ができる
そんな価格を多くの方の努力で実現させています。
そこが凄い。この値段は買いやすいです。

作る手法・姿勢もよく、質もよく
生活の中にある物の価値も高い。
でも価格はお手頃である。

今、このバランスで物を作るのは非常に難しい。
だから、染付蕎麦猪口は希少な名日用品であるのは
間違いないのです。拍手です。

僕が大分前に読んだ本に
確かこんな事が書いてありました。

「 白と藍の美しい染付の器
  人の顔がそれぞれ異なるように
  一つとして同じものはないのです。」

今作られている食器に
この言葉を添える事ができる器って
どれほどあるんだろう?

もちろん東屋の染付蕎麦猪口は
その流れにある器です。


鳥と木

瓔珞

輪線

あられ


実は小鉢としての方がよく使ってる、
という事実。

ちょっとつまみたいものを入れテーブルに出す。
実は断トツでこの使い方が多い。
いわゆる小鉢ですね。

とり皿、とり鉢でもいいんだけど
もずくみたいな酢の物とか、塩辛とか
水気があるものは蕎麦猪口がチリバツ。

大皿や鍋を皆でつつくような食事の時、
向付はそれぞれに用意してあると
丁寧なもてなし感がアップして
席に着いたとき気持ちいいから
小鉢はけっこう外せないアイテムだったりする。
小振りなサイズも上品で、テーブルに
並んだバランスも気に入ってます。


食事以外でも
湯呑みのようにお茶を飲む事もあるし
ぐい飲みとして、日本酒を飲むのにも使う。
キッチンでも
合わせ調味料を作っておいたり
余ったたれやソースの類を入れておいたり。

つまりは、日々なんやかやで使ってる
という事です。

猪口という食器自体、
「雑器」と呼ばれ、料理や酒器など
いろんな用途に使われていたのが
元だったと聞きます。

それを意識する訳でもなく、
自然と自身もそう使っているのだから
日々の生活に沿って生まれた器なのだなあと
実感を持ってそう思うのです。


  • サイズ比較

 

東屋 (あづまや)


  • 別注
  • 別注
  • 別注
  • 別注

材質 磁器
サイズ 約φ76xH56mm 140ml
重量 約105g
生産 Made in Japan
 
電子レンジ 食器洗浄器
 

東屋 染付蕎麦猪口

  • 輪線
  • 輪線¥1,334(税抜き)
  • 6月下旬 入荷予定
  • あられ
  • あられ¥1,334(税抜き)
  • 6月下旬 入荷予定
  • 雨
  • ¥1,334(税抜き)
  • 6月下旬 入荷予定
  • 瓔珞
  • 瓔珞¥1,334(税抜き)
  • 6月下旬 入荷予定
  • 鳥と木
  • 鳥と木¥1,334(税抜き)
  • 6月下旬 入荷予定
  • 染付け部分の表情。
  • 染付け部分の表情。
  • 輪線以外は印判という旧来の方法で作られているため印刷のにじみ、欠け、ズレ等が見られる場合があります。それも商品が持つ味としてお楽しみいただけましたら幸いです。
  • 輪線柄のみ手書きとなります。色の濃淡や柄に個体差が見られます。
  • 陶器製品について