twitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

飲み物とグラスの
甘いカンケイ

グラスなんてどれも同じだなんて言ってしまっては、あんまりだ。みんなで集まる楽しいテーブルに似合うグラスもあれば、一人でしっぽりとグラスを傾けるのに、ちょうどいいのもあるんだから。人にもそうであるように、飲み物とグラスにも相性がある。注いでみれば、よくわかる。

海の上で、騒ぐ人たち。

全くそぐわない人間でも、ここに足を踏み入れると、 とたんに気持ちが解放されて、はしゃいでしまう。 海に面した、絶好のロケーションだから、 多かれ少なかれ、そんなところもあるだろう。 しかし、今日のそれは、少し度を越している。 それは、極度の緊張状態を乗り越えた、オシボリユウジが トム・クルーズ張りの名演技をやってのけたから、かもしれないし、 ティーマのロングプラターに、イタリアン3種盛りしてみっか、という、 シャチョウのアイデアが、案外いい感じにまとまったから、かもしれないし、 まだ4月というのに、いい大人が冷たい海に飛び込んで、 プールの後みたいな、心地よいけだるさに襲われているから、かもしれない。 否、そのどれよりも、大きな引き金となったのは、このグラスだ。 パーティー始まりの合図に、チーンと鳴らした音が 高く澄んで、心地よく海に響いたから、 まだ一口も飲んでいないうちから、出来あがってしまった。 カチンと、スイッチが入ったのだった。 京都の丹波で作られるグラスは、職人によって、 一つ一つ丁寧に成形して作られる、揺らぎのあるグラス。 少し無骨な佇まいは、信用できる骨董屋に並んでいるような、 大物ヴィンテージグラスの雰囲気すら漂っている。 適度な重みと厚みで、手にしっくりとなじんで、 いいグラスで酒を飲んでいる、という満足感もある。 一週間続いた合宿の最終日。 『ルネッサーンス』なんて、ベタなギャグが飛び出してしまう程に、 私たちは完全に浮かれているんだけど、どうかここは目をつぶってほしい。 よそ者だなんて、笑わないでほしい。 海にせりだしたこの空間で、湘南の風を浴びた私たちは、 少しばかり、バカになっているのだから。

Floraタンブラーで
ハーブ炭酸水

最近お気に入りのカフェ、水の味が洒落ている。ちょっと変わっているこのフレーバーは何?と、お店を観察すると、ピッチャーにはローズマリーとミント。ふーん、ローズマリーの香りかぁ…。実のところ、料理に入っているローズマリーは香りがきつくて、あまり得意ではないけれど、この使い方はなかなかどうして、悪くない。これからの季節のおもてなしアイデアとして記憶しておく。

タンブラー23cl セビリアオレンジ |iittala

Kartioでフルーツアイスティー

豊橋のオシャレカフェ、Phononで夏になると登場するのが、冷たく凍らせたフルーツがたっぷりはいった、フルーツアイスティー。フルーツの甘みが、紅茶に少しずつ溶け出して、火照った体に染み渡る。撮影にておしぼりユーヂは、続けざまに4杯を一気飲み。役者魂を見せつけた。

Kartioハイボール|iittala

TIMOグラスでモヒート

夏のカクテルといえば、鮮やかな緑が見た目にもさわやかなモヒート。底が分厚いTIMOグラスなら、擂粉木でミントやライムをガンガンぶっつぶしても安心。ラムと強めのソーダを注いで、ギンギラギンにさりげなく冷やして飲みたい。

The Timo Glass|DESIGN HOUSE

RIPPLE beerでアイスティー

前にどこかのバーで飲んだカクテルを真似して、いい感じを目指してみる。うすーくスライスしたレモンと、クラッシュアイスで層を作ったら、今は話しかけないでーというオーラをバンバンに放ちながら、とにかくそーーーっと紅茶を注ぐ。繊細なグラスの力を借りながら、一瞬だけ、がさつを封印、できたかな。

RIPPLE beer|TIME & STYLE

TSUYU wineでちっちゃパフェ

グラスにデザートを入れてしまうこと、一瞬たじろぐけどやってしまった。上品な薄いグラスと容量で、スイーツ摂取の罪悪感がちょっと薄れる気がしたから。完全に気のせいなのはわかっている。スポンジとクリームと、イチゴを乗っけただけだけど、思い切って言ってしまおう。

TSUYU wine|TIME & STYLE

Lempiでレスカ

今日は友達を呼んで、ちょっといいワインあけちゃうー??ってな日、昼間っからビール飲んじゃうかー、おいおいおい、っていう日、盛り上がる大人の背中に突き刺さる、冷たい視線が気になったら、脚付きのグラスにレスカを準備。「これで大人と一緒ね~、酔っ払っちゃうかもよ~」なんて言葉で盛り上げれば、後は気兼ねなく飲める。大人だけごめん!なんていう後ろめたい気持ちもすっ飛ぶ。

Lempi|iittala

Bellmanでアイスコーヒー

手なじみがいいからか、口当たりがいいからか、こればかり手にとってしまうのがBellman。グラスはこれが一番だというお洒落な人がたくさんいるのもわかる。そしてこれがいいという人は信用できると思う。そういうものを使っていると、ふと自分の生活も格上げされたような気になっているから、幸せなものだ。いつものコーヒーもちょっとおいしい気がしてしまう、単純な私。

Bellman ¥5,000|Skruf

Aaltoで野菜ジュース

朝一番、母親が、けたたましいジューサー音とともに搾りだす野菜ジュース。目覚まし機能と、健康機能を兼ね備えたこのシステムがかれこれ7年ほど続いている。そのおかげか、あほなのかと思われるほど、病気とは無縁の私なのだけど、たまにキャベツやブロッコリーの芯なんかをブッ込んでくるのは勘弁してほしい。

Aino Aalto |iittala

最初は小さいから使いづらいと思いこんでいたBellmanウィスキー。しかし一度手にしたら、ずっと使ってる。この小ささがいいのだ。ゆらぎのある柔らかいガラスは、手に吸いつくように、ごく自然に、私のそばに居る。

Column

気づけば
いつも居るグラス

最初は小さいから使いづらいと思いこんでいたBellmanウィスキー。しかし一度手にしたら、ずっと使ってる。この小ささがいいのだ。ゆらぎのある柔らかいガラスは、手に吸いつくように、ごく自然に、私のそばに居る。

  • 6:00AM
    朝起きたらまず水を一杯。

  • 8:00AM
    朝食と一緒に、オレンジジュース、たまに野菜ジュース。

  • 10:00AM
    仕事をしながら、アイスコーヒーを一杯。もうひとつには牛乳をいれてスタンバイ。

  • 12:00PM
    昼食。カレーと一緒にアイスティーでクールダウン。

  • 6:00PM
    夕食はワインを。家で飲むならこれくらいがちょうどいい。

  • 8:00PM
    食後の薬を忘れずに。

  • 10:00PM
    寝る前にウィスキーを少しだけ。これでぐっすり眠れそうだ。

東屋のコップで焼酎水割り

東屋の熊田さんと、焼き鳥を食べに行った時、焼酎の水割りに入れていたのが、カボスか、スダチか。この二つが、どうもごっちゃになる。シャチョウはこれをマネしたいのだけど、注文する時に、いつも迷って迷って、『カボスもください』(間違っている方)と言ってしまう。無念。

コップ、ステム|東屋

BARでウイスキー

自分用には宙吹きのカルバドスをひとつ購入。これでとっておきのお酒をちびりとやるのがここ最近の密かな楽しみだ。その一方で、お客様用には型吹きのものを準備。人でなしと思われようと、そうでもしなきゃ財布は空っぽ、パーティーではハラハラしっぱなし、落ち着いてシャンパンも飲めやしない。そしてそれでも十分にお酒は美味しいのだから、万事オーケイ、うまくいく。

型吹き BIT ウィスキー|TIME & STYLE

宙吹き Barウイスキー|東屋

RIPPLE sakeグラスで日本酒

ワインよりも、日本酒がいける口の私、順調におやじ化進行中。クイクイいける猪口もいけないが、一合グラスはグビグビいってしまうからトイレに立つと脚がガクン、更に危険だ。ツユ・リップルのsakeグラスで飲めば、繊細で上品なガラスが理性を守るから、泥酔は回避。私の中のおやじ部分が飛び出してくることもない。乱れちゃいけない時には、このグラス。

TSUYU sake,RIPPLE sake|TIME & STYLE

YAEで缶ビール

春になれば花見で酒が飲め、夏になれば暑いから酒が飲める。ここ数年のクラフトビールブームで、随分といろんなビールが手軽に飲めるようになったけど、最高な状態で賞味するためにはグラスも重要。YAEグラスを手にすれば、準備は万端。さあ、ビールよ、かかってきなさい。

YAE ビアグラス|TIME & STYLE

渋カラーが好み

クオリティの問題で、永らく取り扱いを保留していたカルティオが、復活することになった。アールトグラスと並んで、イッタラを、いや北欧を代表するカルティオはさすがの安定感、何と言ってもそのカラーバリエーションが魅力。

Kartioタンブラー|iittala

Topics

夏のおもてなし
グラス

TSUYU wine

TIME&STYLEで、出してもらったアイスティー。それがとても上品で、すぐに真似したくなり、思わずこのグラスは売ってますか?と聞いてしまった。薄くて繊細なグラスに口をつけると、自然と背筋もピンと伸びる。

TSUYU wine|TIME & STYLE

Aino Aalto
タンブラー

台所で麦茶をつくる時の、香ばしい匂いをかぐと、夏が来たなぁと思う。クラシックジャグの麦茶とアールトタンブラーをお盆の上にセットして、事務所の真ん中に置いておけば、好きな時に飲めていいか。今年の夏はそうしよう。

Aino Aalto タンブラー|iittala

OWN

濃く出した鮮やかな緑茶。きりっと冷やして出すなら、このサイズが丁度いい。最近は随分お茶もおいしく淹れられるようになってきたから、夏のおもてなしは冷茶。これなら自信がある。東屋の茶托も準備しておけばもう大丈夫。突然の来客に焦ることもない。

Own オールドファッション|graf

Topics

ワイングラスに
迷ったら

Cabernetワイン

まだ外が明るいうちから、小さなテーブルを囲んで飲んで、食べて、しゃべる。ギュッと詰まったテーブルに、たくさんのグラスが積っていく姿は賑やかで、スペインやイタリアのバルのような雰囲気と似ている。行ったことはないけれど。

Cabernet |Holmegaard

RAISIN

最近は、和食でもワインというのが、珍しくない。しかしこまごましたものがあふれる和のテーブルに、大きなワイングラスを置くとどうもバランスが悪い。スコープ好みの和食器は、小さくてエッジが効いたものが多いから余計にそうなる。そういう時はレザン。小ぶりで繊細な手吹きガラスは和食器との相性が完璧だ。

RAISIN glass|TIME & STYLE

AYE

普段、家でワインを飲むときは、ステムの長いグラスではなくて、扱いやすいのを選ぶけど、とはいえ、あまりに手を抜きすぎて、ざっくりしたグラスで飲むのはなんとも味気ない。その点、AYEなら、ステムは短くても手抜き感はゼロ。これを手にすると、少しいいワインを買って、家に帰りたくなる。

AYE ワイングラス|TIME & STYLE

Spring

特徴的な形のグラスというのは、男性好みなのかな、という印象を個人的に抱いていたけれど、聞くところによると、このグラスは案外女性に人気らしい。確かに、ワインが入った様は、きのこみたいで変わっていて、独特な空気感を作るから、癖になる気持ちもわかる気もする。木型でひとつずつ手作りされるグラスが、この値段で手に入るというのも、じわじわ続く人気の理由だろう。

Spring|ARCHITECTMADE

スコープのラインナップを見ると、昔よりもピッチャーの種類がずいぶん増えた。というのも、みんなが集まるテーブルに、ピッチャーが欠かせない物になってきたからだ。各々がいろいろな物を飲み食いするテーブルで、水が入ったピッチャーが常備されているのは、気が効いていると思うし、背の高いものが登場することで、全体のバランスもよく見える。更に、そこにレモンやミントを浮かべて、ほんの少しの演出を加えるだけで効果は絶大。料理の腕も上がったような気になる。

Topics

ピッチャーは
どう選ぶ?

スコープのラインナップを見ると、昔よりもピッチャーの種類がずいぶん増えた。というのも、みんなが集まるテーブルに、ピッチャーが欠かせない物になってきたからだ。各々がいろいろな物を飲み食いするテーブルで、水が入ったピッチャーが常備されているのは、気が効いていると思うし、背の高いものが登場することで、全体のバランスもよく見える。更に、そこにレモンやミントを浮かべて、ほんの少しの演出を加えるだけで効果は絶大。料理の腕も上がったような気になる。

IA Hand Sheard Jug

420ml

IA ジャグ40cl|Skruf

Kartio
Pitcher

950ml

Kartio ピッチャー|iittala

Aino Aalto
Pitcher

1200ml

Aino Aalto ピッチャー|iittala

IA Hand Sheard Jug

1300ml

IAジャグ100cl |Skruf

Bellman
Jug

1400ml

Bellman ジャグ100cl|Skruf

Bar
Pitcher

1400ml

Bar ピッチャー |東屋

Topics

グラスと一緒に
使うとGOOD

グラスの
お供アイテム

  • 01

    東屋 お盆

    スコープのテーブルで、必ずと言っていいほど登場する東屋のお盆。TANKERは、物を運ぶ役割で大活躍だけど、こちらはグラスや飲み物の置き場所という感覚の方が近い気がする。特にBARシリーズや、Bellmanなど、揺らぎがあるグラスとの相性は抜群で、ここにグラスを置くと、ハッとするような輝きを見せてくれる。ここはセットで使うことを強くお勧めする。

    |東屋

    0402

    茶托

    いつもは汲み出し湯呑の相方だけど、夏場はOWNグラスとシーズンコラボ。意外にぴったりな組み合わせは、私たちも驚いたナイスなポイント。手に取りやすく、使いやすい銅の茶托。

    汲み出し湯呑み、茶托|東屋

    0703

    擂粉木
    五寸鉢用

    モヒート作りで、ミントやライムをつぶす時に使うペストル。これで丹念に潰すと、美味しいモヒートが賞味できる。うちにはペストルがないので、擂粉木を使用。滑らかな山椒の木は当たりが優しいから、香り高く柔らかいモヒートができる、気がする。TIMOでモヒートなら、擂粉木は5寸サイズがベスト。

    擂鉢・擂粉木|東屋

  • 0204

    Proof of guild
    カトラリー

    リキュールやシロップを混ぜる時はマドラーサイズのロング。クリームやベリーをすくう時はスプーンサイズのミディアム。 フルーツを添える時はピックサイズのショート。これがあると、ドリンクが飲みやすく、食べやすい。メインじゃないカトラリー群はメイン以上の働き。

    [ 販売準備中 ]

    05

    ペーパー
    ナプキン

    水滴でびっしょり汗をかくグラスの横に一枚。レモンを搾ったあと、飾りのオレンジの皮、口に入ってしまったミント、ピックの置き場にも一枚。撮影中にも大人気で、ペーパーナプキン持ってきて~という声がしばしばこだまする。ちなみにスコープではsienaのブラックが最多出場で人気高し。

    ペーパーナプキン|Artek

    0806

    カイボイスン
    レードル

    シロップやジュースをグラスに注ぐ時、ついつい手に取るのがこのミニレードル。片口がついているから、口がせまいグラスにも注ぎやすい。分量も少なくなくちょうどいい。

    カトラリー|KAY BOJESEN Cutlery

  • 0307

    レモンジューサー

    さわやかなドリンクに欠かせないレモンは、搾りたてが断然おいしい。これでレモンをギュッと搾って、サイダーで割れば、おいしいレモンスカッシュがすぐに飲める。とんがり部分でびっくりするくらい綺麗に果肉が搾れるのが気持いいし、受けの部分で、材料と混ぜたりするのにも便利。品薄状態が続いていてすみません。

    ジューサー|東屋

    0608

    Savonia
    ロングスプーン

    ソーダにアイスを浮かべたり、アイスティーにフルーツを入れたり、ドリンクにスプーンが必要な時はこれ。ハイボールサイズにちょうどいい長さです。

    Savonia|HACKMAN

    09

    Sarpaneva Steel
    コースター4P

    コースターというよりは、果物のへたや、使い終わったスプーンの置き場所として使うことが多い、サルパネヴァの一番小さいお皿。4枚セット。

    Sarpaneva Steel|iittala