twitter掲示板メルマガシャチョブロナウ
TIME & STYLE (タイムアンドスタイル) /  TSUBAKI 椀

 

TIME & STYLE / TSUBAKI 椀


日本の生活における三種の神器
唯一スコープになかったもの。


スコープ好みの和洋入り乱れた
混ぜこぜのテーブルセット。
クラウスの印判六寸皿が登場し、
そのお気に入り具合は最高潮に。
コンテンポラリージャパンな
セットアップを突き進んでいるけど、
そこにはいつも足りない物が。

一時はオリジナルで作ろうと
躍起になっていたけれど
完全に諦めてしまった、汁椀です。

日々の食卓は和食だけではないけれど
飯碗、汁椀、箸は三種の神器。
そのうちの一角、汁椀がないのだから
テーブルにいつも大きな穴がポカンと
開いているようなもので、
それがようやく埋まってくれました。

スコープも洋に傾倒気味ですから、
洋に歩み寄った汁椀をオリジナルでと
四苦八苦していた時期があります。
でも、完全に諦めました。
それには理由があって
洋なフォルムにすると使いにくく、
北欧っぽい雰囲気にしようと思うと
明るい白木のお椀にしたくなるの
ですが、すると漆は使えない。
ウレタン塗装になってしまうのです。
僕らの考える方向で、漆器を作る事は
不可能という事でした。

今や、漆器も色々です。
知って手にするのはいいけれど
漆器と思っていたけれど名ばかりで
実は樹脂製品って事も多々あります。
本体が合成樹脂で表面はウレタン塗装、
本体は天然木だけど表面はウレタン塗装、
本体は合成樹脂だけど表面は本漆とか、
製品名に漆って漢字は使われていても、
樹脂製品なんです。なんだかメインは。
スコープ的生活では、いくら安くても、
そういうのはいらないなぁ。
毎日、口をつけるものだし。

それもあって、
取扱いする物を見つけられずにいましたが、
この漆椀と出会い、取扱いを即決しました。
スコープ的食卓に必要なワン(椀)ピース。
信頼する人が作る、正統派の漆器です。
絶対やりたい!と興奮気味に飛びついた
その光景は、皆さんの想像通り。
鼻息が荒くなるヤツです。


 

女性な丸椀、男性な平椀
どちらでもない、端反椀


手にすると驚くほど滑らかで、軽い。
特に丸椀はサイズも小さめなので
本当に木椀?と疑うほどです。(すいません)
控え目なサイズ感で、やわらかな口当たりは
優しく、派手さはないけれど、古臭さもない。

形は丸椀と平椀と端反椀の3種類。
丸椀は3つの中で一番小さいサイズだから
女の人の手にもすっぽりと収まります。
平椀は一番浅いですが口径が広いので
どちらかというと男性が使うと似合います。
また、つみれやしんじょの様に、大きな具の
入るお椀には、これくらいが使いよいです。

端反椀は口径も高さも中間サイズで
一番オールマイティな存在。
そして名前のごとく少しだけ反り返った
端の加工が美しく、品があります。

そう、漆器といっても、特に扱いが
難しいわけではありませんよ。
やわらかい素材なので、優しく洗い、
きれいに拭いて仕舞いましょう。

この漆椀は天然漆を使用しているので、
使い続けていくと経年変化し艶が増し
手放せない物へと育ちます。
長年使用して、剥げや変色、傷や欠けが
発生した場合でも、しっかりした木地に
丁寧な下地が施された漆器は直すことができます。
お直しにつきましては、タイム&スタイルさんへ
お気軽にご相談下さい。

焼き物は金継ぎ、漆椀は漆を塗り修繕する。
昔に立ち返る、そんな物との向きあい方が、
自分の生活を見直すきっかけにもなりそう。
そうして美しいものと向きあい、
日々姿勢を正し暮らしていくことは、
こうした日用品が、日を重ねて使い込まれ、
少しづつ色合いを増していく様子と、
少し似ているように感じます。



 

ちゃんと作ると大変な漆器
ゆっくりと末永く
広がっていくといいなと願う。


石川県の山中で伝統的な漆職人の手で
丁寧に作られている漆椀。
単に漆椀といっても、その外見からは
想像つかない程、多くの工程が必要です。
乾燥させた生の木材を粗挽きし、
おおまかに削り出した状態の木地を、
熟練の木地師が、数種類の鉋と轆轤を
使い木地を作ります。

次に塗師のもとに運ばれ、
砥石や珪藻土を混ぜた漆を木地に塗り、
乾いたら研ぐという作業を何度も重ねます。
更に熱い料理にも耐えうるように、
底の部分に麻の布を貼る『布着せ』を行い、
最後には温度や埃などに十分注意しながら、
仕上げの上塗りを重ねます。
工程はざっと150以上もあり、
想像以上に大変な手間なのですが、
細かな工程を丁寧に、惜しまず行う事で
丈夫で、美しい漆器が完成します。

端反椀はこの3つの中でも
特に形を造る木地挽きの作業が難しいそうです。
口の木地が薄く、繊細なので加工が難しく、
職人さんの中でも特に熟練した腕を持つ人に
お願いしているって聞きました。

こうして手間をかけて作られる物だから、
無尽蔵にはでき上がりません。
頑張って作ってくれても、限界があります。
継続して取り扱いを続けますので
漆の味がゆっくりとにじみ出てくるように、
その魅力がゆっくり広がっていくといいなと
そう思ってます。




TIME & STYLE (タイムアンドスタイル)



漆について

ポチ

上塗りの際に木地のちりや気泡が入ってできる、小さなふくらみがあります。
無いものをくださいというリクエストには、不公平になりますのでお答えできません。
どうぞご勘弁ください。





色味について

真塗
朱塗
溜塗


真塗・・・鉄を混ぜて発色させています。
朱塗・・・染料を混ぜて発色させています。
溜塗・・・朱の下塗りの上に、茶褐色の透き漆で上塗りをします。

漆の元々の色は茶褐色ですが、時間が経つと透明感が増し色味が薄くなって行きます。
何年もかけ変わってゆくので、毎日目にしていると気づかないくらいかもしれませんが
天然の漆ならではの変化を楽しんでいただけたらうれしいです。

朱塗は染料の赤色が際立つようになり、
溜め塗りは上塗りの透き漆の層から下塗りの朱漆の面がより透けて
明るく赤みが増し、奥深い色合いになります。
真塗はほとんど変化しませんが、やはり透明感は増し、
わずかに茶色っぽくなってきます。

 

 

材質木地 : 栃材縦木挽
下地 : 布着本堅地
上塗 : 本漆
サイズ丸椀 Φ104×H75mm 容量:370ml
真塗 約55g / 朱塗 約65g

平椀 Φ116×H67mm 容量:360ml
溜塗 約75g / 真塗 約70g

端反椀 Φ108×H70mm 容量:340ml溜塗 約75g / 朱塗 約75g

※実容量は3型共に200ml前後。
重量は±5g程度個体差あり
生産Made in Japan
 
電子レンジ食器洗浄器
××
  漆器の取り扱いについて

TIME & STYLE TSUBAKI 椀

  • 丸椀 真塗
  • 丸椀 真塗¥6,800(税抜き)
  • 丸椀 朱塗
  • 丸椀 朱塗¥6,800(税抜き)
  • 平椀 真塗
  • 平椀 真塗¥7,000(税抜き)
  • 平椀 溜塗
  • 平椀 溜塗¥7,000(税抜き)
  • 端反椀 溜塗
  • 端反椀 溜塗¥7,000(税抜き)
  • 端反椀 朱塗
  • 端反椀 朱塗¥7,000(税抜き)