twitter掲示板メルマガシャチョブロナウ
iittala /  Purnukka ジャー

iittala / Purnukka ジャー

ティーマの保存瓶

フィンランド語で保存瓶を意味するプルヌッカは
ティーマ・カルティオと同じく
カイ・フランクのデザインです。
生産期間は1953年から1975年まで。
とても古い物ですが
今でもフィンランドへ行けば先々で
プルヌッカを棚に積み重ね
飾っている姿をよく目にします。
多くの人がとても大事にしている物なのでしょうね。

生産終了となってから
非常に長い年月が経過しているので
ヴィンテージを手に入れる以外に
入手方法はありませんでしたが
カイ・フランクの生誕100周年となる
2011年、復刻されました。
それもティーマのカラーとリンクする形で。

シェイプや容量は少し修正されていますが
全体的にヴィンテージよりもスッキリし
色・形ともに現在にマッチしていて
オシャレになった印象です。

そして、このプルヌッカ、
ティーマとよく合います。
ティーマにラインナップされていてもおかしくない。
そもそも、これはティーマじゃないのかな?
そう思えるぐらいにマッチしています。

それで、
1970年の古いアラビアのカタログを見てみると
プルヌッカが掲載されていたのはキルタのページ。
キルタはティーマの前身となる食器ですから
プルヌッカはティーマの1アイテムのような
存在だったようです。

実際、同一シリーズではなかったとしても
シェイプも、カラーも、
スタッキング性の良さも兼ね備え
沢山のティーマらしさを持っているので
ユーザーの目からは同一シリーズのようなもの!
ティーマ愛用者にとっては最高の保存瓶です。

もちろん、ティーマを持っていなくても
好みや用途が合えば是非ご検討ください。
そして気に入って貰えたら
食器のティーマもどうぞ。

オリーブ、ラタトゥーユ・生クリーム、
ドライフルーツ・ひじき、梅干し

何もかも毎回食べきってしまえば問題ないんだけど
少しづつ減っていく食べ物も常にいくつかはあります。

食べ物を入れて保存しておく容器が
オシャレになってそのままテーブルで
使う事ができれば便利。
そんな角度から開発された容器が世の中には
沢山あって実際その通りであれば、
便利だから僕も欲しい。
でも、自分の持ってる食器との相性があるから
実はそんなに簡単な話でもないなと思う。

そこに登場してくれたのがイッタラのプルヌッカ。
あったらいいなのティーマ保存瓶のようなもの。
そして実際に使ってみれば、とても使い易い。
ティーマとの相性の良さは伝えるまでもなく
ティーマ以外のイッタラ・アラビア製品との
相性もよく非常に幅広く使えます。

つまみのオリーブやラタトゥイユが残れば
プルヌッカにいれ、冷蔵庫へいれておけば
必要な時にそのままテーブルに出すだけ。
休みの日になんとなく飲んでるワインの
つまみを わざわざ準備する手間が省けます。
残った生クリームが保存してあれば
ちょっとしたオヤツも大幅に
格上げされたように感じます。

そして。
小さくカットされたドライフルーツミックスや
プルーンをヨーグルトに入れて食べると
おいしい。
特にドライフルーツが好きだったわけでは
ないのですが、 海外出張する時は
毎朝そうやってヨーグルトを食べてるから
家でも試してみました。
ドライフルーツミックスも近所のスーパーで
探してみたらすぐに発見できました。
いつもプルヌッカに入ってると思うととっても
お手軽です。
ドライフルーツを気軽にテーブルへ
出すことができるようになります。

夕食の残りのひじきをいれておいて
冷蔵庫で保存し、そのまま朝食に
出してみても雰囲気バッチリ。
梅干しをプルヌッカのブラックへいれると。。。
これまたよい!

カステヘルミ プレート10㎝ クリアとならび
プルヌッカのホワイト、ブラックであれば
和でも洋でもいける。非常に使えます。
本当に相手を選ばないデザインです。

料理を食べる、保存する、そして作る。

料理を食べる、保存する。
それだけではなくて
調理につかう塩や砂糖や唐辛子やだし。
料理を作る時の調味料をいれておく容器としても
大いに活躍してくれます。

自分なりに色分けして
キッチンの脇に積み上げておく。
いつかはそんな風にしてみたいなっていうイメージ
実はありません?

蓋もキチッとしたタイプではなく
陶器製の蓋が上にのっているだけだから
密閉性は高くありませんが
その分、蓋を片手でとることができるという
メリットがあります。
料理を作る時に、これがなかなか便利です。

価格もいいラインになってくれました。
いくつか取り入れて
料理を作る時も、保存する時も、食べる時も
気持ちよく使ってみて下さい。

色の組み合わせを考えるときはブルーに注意。
ブルーはホワイト、ブラックとどうぞ。
あとはそこにパールグレーを追加する
ぐらいで組み合わせるのはOKですが
テラコッタ、ターコイズとの相性は
イマイチです。
そこだけ注意してれば
イイ感じになると思います。

  • 蓋の溝
  • 蓋の裏、ジャーの中
  • ジャー底のロゴ
  • 手と比較
iittala
Kaj Franck (カイ・フランク)
材質 磁器
サイズ

60mm:約φ108×H70mm(ジャーのみφ106×H60mm) 325ml
120mm:約φ108×H130mm(ジャーのみφ106×H120mm) 750ml

ジャー内径:95mm

重量 60mm:約430g (本体300g 蓋130g)
120mm:約655g (本体525g 蓋130g)
生産 Made in Thailand
 
オーブン
(直火不可)
フリーザー 電子レンジ 食器洗浄器
  • 蓋はパッキン無しでジャーに載せるだけの仕様のため密閉性は高くありません。
  • 蓋を載せた際若干のがたつきが見られる場合がございます。
  • 陶器製品について

iittala Purnukka ジャー

  • 60mm ホワイト
  • 60mm ホワイト¥3,000(税抜き)
  • 120mm ホワイト
  • 120mm ホワイト¥3,800(税抜き)

    ※ 以下は販売終了した商品のため、入荷の予定はございません。

  •   Purnukka ジャー 120mm ブルー
  • 120mm ブルー
  •   Purnukka ジャー 120mm パールグレー
  • 120mm パールグレー
  •   Purnukka ジャー 120mm レッド
  • 120mm レッド
  •   Purnukka ジャー 120mm テラコッタ
  • 120mm テラコッタ
  •   Purnukka ジャー 120mm ターコイズブルー
  • 120mm ターコイズブルー
  •   Purnukka ジャー 60mm ブラック
  • 60mm ブラック
  •   Purnukka ジャー 60mm ブルー
  • 60mm ブルー
  •   Purnukka ジャー 60mm パールグレー
  • 60mm パールグレー
  •   Purnukka ジャー 60mm レッド
  • 60mm レッド
  •   Purnukka ジャー 60mm テラコッタ
  • 60mm テラコッタ
  •   Purnukka ジャー 60mm ターコイズブルー
  • 60mm ターコイズブルー