twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

その鉄フライパンは焦げないのかい?


朝食の撮影で使った
木屋のフライパン
目玉焼きのフチがカリカリになる!
と、スタッフ成戸が大絶賛。

いやいや、
鉄は焦げるんだって。
ウチの鉄フライパンなんて、
一人前のチャーハンが、
なぜか半チャーハンになって
出来上がるマジックフライパン。
えー、えー、半分はフライパンに
持っていかれてるって話ですわ。

だから使い始めてすぐの段階で、
目玉焼きが美味しく焼けるし、
そんなに焦げないよ~!と、
嬉しそうに話していた成戸を
薄ら目で斜め後ろから見ていたのです。
信じるべきはテフロン加工。
ティファールなんだって。

と、ここまで反鉄フライパンを
アピールした私ですが、
「つかってみ!」と、
身長が向井理似のシャチョウから
手渡されたため、せっかくなので、
自宅に持ち帰り、使ってみた。

目玉焼きのフチカリカリヤーン!
餃子の焼き目カリカリヤーン!

再び、鉄派に転向!
さっきまでの思想、軽く捨てました。
木屋のだったらいけるかも。

テフロンフライパンみたいに
全く焦げつかないわけではないけど、
テフロンでは強火で焼いたって出来ない
《美味しい焦げ》ができる。
今のところ、半チャン現象もない。

調理後のお手入れを怠らなければ、
これは扱いやすい鉄フライパンに
なりそうだなって思ったりしている。

text:スコープ 酒井

  0  入力フォームを隠す