twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

5/

27

【12日目】 オイバ・トイッカの展示会

“Techniques always inspire me; I don’t have any beautiful forms in my head that I realize.” 2012年5月 ヘルシンキのギャラリーにて 久々に開催されたオイバ・トイッカの展示会は バードを生産する ヌータヤルヴィ工場の職人による作品に加え ムラーノ島のスーパーマエストロ(ガラス職人界の神的存在) Pino Signorettoにより形づくられた作品が多数ならびます。 特に、Oiva Toikka , Pino Signoretto 2人の名前が刻まれた作品は これまでのオイバ作品とは違った魅力があり 僕自身が会場を訪れた際には 相当な価格ながらも ほぼ完売状態となっ...続きを読む

5/

25

ストックマン150周年限定

北欧最大のデパート、フィンランドのストックマン。 2012年に創業150周年を迎え、カルティオのライトグリーン復刻、 マリメッコのkestitシリーズ、パラティッシの特別色パープル等、 さまざまな記念アイテムを発売して話題を集めました。 ギフト用のラッピングペーパーには1950年代、トーベ・ヤンソンが ストックマンのために描いたムーミンたちが再登場! 同じ絵をアレンジしたコースター、トレイ、コーヒー缶、紅茶缶なども 「どれもカワイイ!」と大人気で売り切れ続出でした。 そんななか、当初、25000個限定で売り出されたのがこのマグです。 買えるのはストックマンの実店舗と基本的には国内向けの通販のみ。 すぐになくなることはないだろうと思っていたら…… 店頭販売開始を待たずに先行通販分が完売! 店頭...続きを読む

5/

24

ムーミンアドベンチャー (MOOMIN ADVENTURE)

原作小説のモノクロ原画を生かし、冒険物語を表現したシリーズ。 ピンク色の「LOVE」と並んで、毛色の違うこのマグは 「ムーミンアドベンチャー」というラインのもの。 マグ以外に19センチプレート、ボウル大小、ピッチャー、トレイ、 カトラリー、ジャー(蓋付き容器)時計がありましたが、すべて廃盤。 新たに「MOVE」というシリーズに生まれ変わりました。 アドベンチャーのカトラリー以外の全アイテムに共通する 走るムーミンの絵の出典は、コミックス『黄金のしっぽ』 (筑摩書房)。 ムーミンが走っているのには驚きのワケがあります。 しっぽが黄金に光りだし、一躍、有名人になったムーミン。 しっぽの管理をマネージャーに任せることに。 そのマネージャーが連絡を取りたがっていると聞き、 「ハリウッドから手紙がきた...続きを読む

5/

23

フレー!(Hurray!)

「ばんざい!」 「めでたしめでたし!」 「フレー!」という言葉は日本語だと「がんばれ!」みたいなニュアンスで 応援するときなどに使われますが、 フィンランド語で「Hurraa!」 英語で「Hurray!」を直訳すると 「ばんざい」「めでたしめでたし」といった感じでしょうか。 2012年、WDC(World Design Capital)のモデル都市に選ばれた フィンランドの首都ヘルシンキ。 このマグは、WDCヘルシンキ2012のオフィシャルパートナーである アラビアから発売された関連商品のひとつです。 底のバックスタンプはムーミンですが、これまでのムーミンマグと かなり印象が違います。 それもそのはず。 実はこのマグの元絵はムーミン童話ではないんです。 トーベ・ヤンソンが描いた絵本『さびしが...続きを読む

5/

22

Daydreaming

うちにはアラビア社のムーミンマグがほぼすべてあります。 カイ・フランクがデザインしたteemaベースのムーミンマグは現在57種。 そのうち普通に買える現行品は21種です。 夏冬限定、店舗限定、数量限定などのイレギュラーなものを除くと、 デザインのパターンは2つ。 まずは、ベースカラーの上にモノクロ原画が数種類乗っているもの。 製作期間は1990-2002ですが、ピンク色の「LOVE」だけが唯一の例外で 1996年から今も作られています。 キャラクターをどんっと全面に押し出し、 把手を右にしたときに正面、左にしたときに後ろ姿が 描かれているのが現在のパターン。 今回紹介する「Daydreaming」は ヘルシンキのアラビアファクトリーで 2005年、「Moomins at Arabia展」が開...続きを読む

5/

21

【5日目】 マンテイガス最終日 試作

防水効果のある毛織物があって (中世から作られているそうな!) その素材は薄くて丈夫だから マントや帽子を作ってるって聞いた時に! とーきーにー! ピピーンと閃きました。 って お客さんからリクエストを貰ってたから なんですけどね(笑) その素材を使ってピクニックシートを つくればいいじゃないですか! って話したらエコラ社長も それは凄くいい!って盛り上がってくれ 早速試作が出来上がって来ちゃいました。 これを持ち帰って使い倒してみて いけそうならディテール詰めて製品化しよう! あとはサイズとかも決めないといけないしね。 ちなみに試作は140cm×180cmとかなり大き目。 で、このボリューム感なら コンパクトでいいんじゃないか? と思うんですよね~。 持ち易いようにブラウンのハンドルも 縫...続きを読む

5/

20

【4日目】 羊飼いのジョゼ

13歳からずっと羊飼いをしてるジョゼが言ってた。 「日本には羊いないのか? もしいないなら連れていってみせてあげたい。」 いつも羊たちと一緒にいる。 この時も家の中でみんなワインを飲んでたんだけど、 ジョゼだけは羊たちの近くにいる事が多かった。 とっても表現がストレート。よく笑う。 エコラの社長とジョゼ。 エコラの社長と羊飼いの間には強い信頼関係があるって実感。 取引っていうより、仲間だよね。 この時もエコラの社長が持ち込んだワインで盛り上がった。 エコラみたいな会社はそう簡単には作れないだろうな。 ジョゼのお母さんとジョゼのお兄さん。 家族3人。ポートフォリオ。 日本に帰ったら額装して送ってあげようと思う。 木の皮を丸めて色々な音を出していた。 羊飼いは色々な音と声を出して羊と話すことがで...続きを読む

5/

19

【3日目/前半】ECOLA 羊の刈取り

羊の毛を刈る現場を見に行ってきました。 冗談でINTO THE WILDなんてタイトルを付けたら 本当にワイルドな流れになってきた。 1年経つと、↑これぐらいの毛の量になるので、 5月頃の晴れて乾燥した日に刈取りされます。 刈取りは1年に1回。オオカミに噛まれたり 病気してたりする羊の毛は刈らない事もあって その場合は2年後に。でも2年すると毛が固く なるから、使えないそうなんだけど。 ちょっとかわいそうにも見えるんだけど、 脚を縛るのは羊が暴れて怪我をしないためだそうです。 とっても重要で、縛らないと死ぬ時もある って言ってました。 実際、刈る側も怪我するかもしれないですしね。 そして、これは超重労働。 薬を注射して羊の毛を簡単に抜く?方法を 採用したくなる気持ちもよくわかる。 僕の力じゃ...続きを読む

1 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42