twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

5/

23

フレー!(Hurray!)

「ばんざい!」 「めでたしめでたし!」 「フレー!」という言葉は日本語だと「がんばれ!」みたいなニュアンスで 応援するときなどに使われますが、 フィンランド語で「Hurraa!」 英語で「Hurray!」を直訳すると 「ばんざい」「めでたしめでたし」といった感じでしょうか。 2012年、WDC(World Design Capital)のモデル都市に選ばれた フィンランドの首都ヘルシンキ。 このマグは、WDCヘルシンキ2012のオフィシャルパートナーである アラビアから発売された関連商品のひとつです。 底のバックスタンプはムーミンですが、これまでのムーミンマグと かなり印象が違います。 それもそのはず。 実はこのマグの元絵はムーミン童話ではないんです。 トーベ・ヤンソンが描いた絵本『さびしが...続きを読む

5/

22

Daydreaming

うちにはアラビア社のムーミンマグがほぼすべてあります。 カイ・フランクがデザインしたteemaベースのムーミンマグは現在57種。 そのうち普通に買える現行品は21種です。 夏冬限定、店舗限定、数量限定などのイレギュラーなものを除くと、 デザインのパターンは2つ。 まずは、ベースカラーの上にモノクロ原画が数種類乗っているもの。 製作期間は1990-2002ですが、ピンク色の「LOVE」だけが唯一の例外で 1996年から今も作られています。 キャラクターをどんっと全面に押し出し、 把手を右にしたときに正面、左にしたときに後ろ姿が 描かれているのが現在のパターン。 今回紹介する「Daydreaming」は ヘルシンキのアラビアファクトリーで 2005年、「Moomins at Arabia展」が開...続きを読む

5/

21

【5日目】 マンテイガス最終日 試作

防水効果のある毛織物があって (中世から作られているそうな!) その素材は薄くて丈夫だから マントや帽子を作ってるって聞いた時に! とーきーにー! ピピーンと閃きました。 って お客さんからリクエストを貰ってたから なんですけどね(笑) その素材を使ってピクニックシートを つくればいいじゃないですか! って話したらエコラ社長も それは凄くいい!って盛り上がってくれ 早速試作が出来上がって来ちゃいました。 これを持ち帰って使い倒してみて いけそうならディテール詰めて製品化しよう! あとはサイズとかも決めないといけないしね。 ちなみに試作は140cm×180cmとかなり大き目。 で、このボリューム感なら コンパクトでいいんじゃないか? と思うんですよね~。 持ち易いようにブラウンのハンドルも 縫...続きを読む

5/

20

【4日目】 羊飼いのジョゼ

13歳からずっと羊飼いをしてるジョゼが言ってた。 「日本には羊いないのか? もしいないなら連れていってみせてあげたい。」 いつも羊たちと一緒にいる。 この時も家の中でみんなワインを飲んでたんだけど、 ジョゼだけは羊たちの近くにいる事が多かった。 とっても表現がストレート。よく笑う。 エコラの社長とジョゼ。 エコラの社長と羊飼いの間には強い信頼関係があるって実感。 取引っていうより、仲間だよね。 この時もエコラの社長が持ち込んだワインで盛り上がった。 エコラみたいな会社はそう簡単には作れないだろうな。 ジョゼのお母さんとジョゼのお兄さん。 家族3人。ポートフォリオ。 日本に帰ったら額装して送ってあげようと思う。 木の皮を丸めて色々な音を出していた。 羊飼いは色々な音と声を出して羊と話すことがで...続きを読む

5/

19

【3日目/前半】ECOLA 羊の刈取り

羊の毛を刈る現場を見に行ってきました。 冗談でINTO THE WILDなんてタイトルを付けたら 本当にワイルドな流れになってきた。 1年経つと、↑これぐらいの毛の量になるので、 5月頃の晴れて乾燥した日に刈取りされます。 刈取りは1年に1回。オオカミに噛まれたり 病気してたりする羊の毛は刈らない事もあって その場合は2年後に。でも2年すると毛が固く なるから、使えないそうなんだけど。 ちょっとかわいそうにも見えるんだけど、 脚を縛るのは羊が暴れて怪我をしないためだそうです。 とっても重要で、縛らないと死ぬ時もある って言ってました。 実際、刈る側も怪我するかもしれないですしね。 そして、これは超重労働。 薬を注射して羊の毛を簡単に抜く?方法を 採用したくなる気持ちもよくわかる。 僕の力じゃ...続きを読む

5/

19

【3日目/後半】ECOLA 羊の放牧

草をただのんびり食べてる羊の皆々さま。 羊飼いと犬に連れられ、 場所移動しているところ。 団体行動はお得意な模様。 非常にまとまりがあります。 移動した先は色々な花が咲く、 めちゃんこ綺麗なお花畑的場所でありました。 くーるー! 最高に気持ちいい! 本当に気持ちい! 知らない人間からは逃げる羊&ヤギですが、 こいつだけは僕に近づいてきました。 ちょっと変わってます。...続きを読む

5/

18

【2日目】 取材に来て取材されるぅ~の巻

ストライキの影響で飛ばないかも? と聞いていたポルト行便ですが なんの問題もなく予定通りに飛んでくれました。 セーフ!です。良かった。 空港に到着するとエコラのアントニオさんが 待っててくれて一緒にタクシーでマンテイガスへ。 今回は取材なのでスコープチームは総勢4名! スーツケース6個に手荷物4個という超大所帯!! で、アントニオさんとタクシーの運転手さんだから 凄い密度!(笑)窮屈ではありますが 乗れてよかったの気持ちの方が圧倒的に強い。 どうしようもなく乗れなかったら どうなったんであろうか(笑) 帰りのタクシーは同じ車を確実に予約しておかないと。 マンテイガスに大きなタクシーはこれ一台のみって 聞いているので。 マンテイガスヘ140kmで疾走中! でも、丁寧な運転だから気持ち良い。 高...続きを読む

5/

12

【1日目】 なぜかドイツでルービー

フランクフルトで一泊して 翌日の朝一でポルトガルのポルトへ。 空港近く泊なんだけど せっかくフランクフルトに一晩いるので ソーセージ的な夕食を街中へ出て~と思い 電車に乗って中央駅へレッツラGO! はりきって出発したら完全に逆向きでした。 即下車。 すると降りた駅の前には テラス席のあるビールが飲めそうな 素敵な店があるじゃないですか。 ぶらり途中下車じゃないんだけど 中央駅近辺ではなく!あえて! ここで食事したらワイルド!ということで 立ち寄る事に。ワイルド―! 客もどんどん入っていく人気店。 期待がペプシマックスに到達したところで わかったこと。そこはイタリアンでした。 やっぱやめる。 やめて中央駅を目指す。 するとポルトガルのエコラから電話が。 ポルトの空港が今日、明日とストライキで ...続きを読む

1 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42