twitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

SIDE BY SIDE / Extendable trivet


キッチンのサイズに合った
鍋を置く場所、冷ます場所
そんな、とりあえずの場所


使う時には十分なサイズがあって
しまう時には畳んでコンパクトで
使うにも収納にも優れている。
そんな便利な鍋敷きというのは、
実はいっぱいあります。ありますよね。
だから、そこが良くて選びました、
なんて野暮な事はいわないです。

これを使ってみたいなって思ったのは
その機能的なことは当然として
素材のような道具という印象が一番で
(余計な事が一切されていない)
ドイツの障害者工房でつくられている
という背景も少しフックになっています。

だから使うという事については
そんな特別新鮮な事もないと思いつつ
その他の部分で心を動かされ
サンプルを取り寄せ使い始めたわけです。

ですが!これは、「が!」なのです。
実際に使って気づいたのですが!
とても新鮮な使い道がありました。
新たな使い勝手の良さを発見し
完全に手放せなくなっています。
キッチンの必需品NEW、誕生です。

それも、どちらかというと
一般的ではないサイズの
Lサイズ、大きい方が良いです。

このLサイズをコンロ付近のスペースに
調度良いサイズに伸ばし、置いておくと
火にかけた鍋やケトルを置いたり、
冷ましたりする場所として重宝するのです。
もちろん、熱くない道具を置いておいても
何の問題もないですから、熱いも冷たいも
ひっくるめ、「とりあえず置く場所」
とでもいいましょうか。

マジックハンドのような仕組みで、
適度に伸ばして使えば
Lサイズで鍋3つ程度を置くことができます。
ただ、それだけといえば、それだけですが
熱いツールをとりあえず置くことができる
スペースが、キッチンに生まれるというのは、
なんとも便利なものなのでした。

無駄や余計がなくてよい。
キッチンではLと併用ノススメ。


Sサイズのトリベット、
使い心地はどうですか?
どこが他と比べて素晴らしいですか?
と聞かれれば、正直、見たままなので
どこか特に新鮮で、強調して素晴らしい
という事も実はそんなにないのですが
無駄な事、余計な事がされていない道具
というのは、なんとも使っていて
自然でいいな、とは思います。
最近はブランディングという事を
みんなセッセと行うので
道具に必要のないパーツや装飾が
無駄に過剰に施されていたりするから
こういう無駄のない道具は新鮮で良い。
東屋の道具と同じ良い匂いがします。
テーブルで使っていても、
まったく特殊な雰囲気もなく。何事も〇。
ウォールナットをオイルフィニッシュした
素材も品があり、パーツは太くないので
見た目も実際の重量も重くなく何事も
バランスが良いです。
広いキッチンであればLサイズを固定位置
として、Sサイズを補助的に使えば
更にスペース確保で便利です。キッチンでも
テーブルでも大活躍は間違いなし。
新しくはないけれど、これはお薦め。

  • 裏側
  • Lサイズの最長幅
SIDE BY SIDE (サイド バイ サイド)
ヴェンデルシュタイン工房
材質 ウォールナット・オイルフィニッシュ
サイズ 折り畳んだ状態
S: 約W40×D210×T15mm
L: 約W85×D210×T15mm
広げた状態 (鍋がガタつかず置ける最長幅)
S: 約W200×D200×T15mm
L: 約W800×D180×T15mm ※直径22cmの鍋が三つ置けます
生産 Made in Germany
  • 木製品について

SIDE BY SIDE Extendable trivet

  • S
  • S¥2,286(税抜き)
  • L
  • L¥3,715(税抜き)