twitter掲示板メルマガシャチョブロナウ
iittala  / Teema シリアルボウル15cm


 

iittala / Teema シリアルボウル15cm

スコープ的スターターセット
ティーマ3種の神器とはこのこと
シンプルな所から始めてみるのも
これまた鍛錬なり。


Teemaプレート23cmマグカップ
それに加え、このシリアルボウル。
一人暮らしを始めるのなら、
どんな食器を揃えればいいでしょう?
と尋ねられたら、迷わず挙げる3つのティーマ。
若い時代に、この3つがあれば大体は事足りる。
これをスターターセットとして揃えれば
それぞれ、いつの日、いつの時代にも
必要なく使い道が無いという事はないだろう。

朝ごはん、23cmにはパンと目玉焼き、
マグにコーヒー、シリアルにはヨーグルト、
サラダでもいいし、野菜入りのスープでもいい。
そんなシンプルな食習慣は、Teemaを使った
爽やかで明るい風景にとてもマッチしている。
あれこれと、必要なものを積み上げることは
簡単だけど、しばらくすると、よく使うものは
ほんの一部で、必要なかった物が沢山ある事に
ふと気づきます。自分の興味や好みが定まらない
うちは、こうしたシンプルな物を、最低限揃え、
その範囲内で生活を組み立てるのも賢い選択。

そんな生活の先に、数が必要になれば
買い足しできるのも、ロングセラーならでは。
好みの色が出たり、料理の腕が上がったり、
新しい家族が増えたりと、そんな時には、
もうひとつふたつ、食器棚に迎える事ができます。
もしくはその頃、自分の趣味嗜好が変化していて
他のものに興味がわき、別の物を揃えるかもしれ
ません。ただ、そんな時にも不必要にならない、
併用できるシンプルな食器が、最初に手にする物
であると良いな、と新生活を遥か昔に経験した今、
実体験を基に、そう思います。

1981年、Teemaが発表されて以来、
多くのアイテムは、サイズの見直しが行われ、
人気が無ければ廃番になり、また再生産され、
度々マイナーチェンジが実施されています。
それはともすると、カイ・フランクも予想して
いなかった結果になっているのかもしれない
けれど、シリアルとマグは形もサイズも変更なく、
同じデザインで生産され続けています。
つまり、変更の必要のない鉄板中の鉄板アイテム
ということ。長い間人々に愛されているシリーズ
の中の、鉄板というのはなんとも心強い。
確かに、何を入れても丁度いいサイズ感は
これより多くても、少なくても具合が悪い。
無駄なく美しくスタッキングされている
その重なった姿がこの食器の絶妙な加減を
表している、そんな風にも見えてきます。


 

iittala
Kaj Franck (カイ・フランク)

 


NEW COLOR LIGHT BLUE
材質 磁器
寸法 約φ150×H55mm / 約330g
生産 ホワイト ・ ライトブルー : Made in Thailand
他 : Made in Finland
備考
オーブン
(直火不可)
フリーザー 電子レンジ 食器洗浄器

Teema シリアルボウル15cm

    シリアルボウル15cm

    •  セラドングリーンは廃番予定です。
  • Teema シリアルボウル15cm ホワイト ホワイト
    Teema シリアルボウル15cm ライトブルー ライトブルー
    Teema シリアルボウル15cm セラドングリーン セラドングリーン
  • ¥2,200(税抜き)

    シリアルボウル15cm

  • Teema シリアルボウル15cm パールグレー パールグレー
    Teema シリアルボウル15cm ターコイズブルー ターコイズブルー
  • ¥2,800(税抜き)