twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

ジントニックと柑橘の関係

ジントニックと柑橘の関係オイバ・トイッカに何を飲む?と聞けば、必ずジントニックというから、僕も気づけばジントニックばかり飲むようになっていた。
前に四国へ行った際、ホテルで食前にジントニックをオーダーすると、スダチをいれたジントニックはどうですか?と薦めるものだから、言われるがまま、それにした。すると、なにを血迷ったか、スダチを3個もカットし、全てグラスへ入れているではないか。流石にそれはやり過ぎだろう、そう思い一口飲んでみると、実はそれがとても美味かった。その味を引きずり、翌日も同じ物をオーダーしてみると、流石に店員も昨日はやり過ぎたと思ったのか、スダチのストックが少なかったのか、半分にカットしたスダチが1つだけ入っていた。もちろんマズイわけではないのだが、実に想像通りの味であり、その日の僕には少しばかり残念な味となった。
それ以来、ジントニックの柑橘は多めでいいと理解していて、使うジンやトニックウォーターにもよるけれど、ちょっと苦みが強いと思う組み合わせの時には、少し炭酸を加え、レモンを4分の1ぐらい絞っている。最近はクラフトジンも流行っているようで、店頭でも洒落たジンが様々売られている。そういった新しいジンを試すという楽しみもあるものだから、今やジントニックは僕の定番アルコールの頂点に登りつめてしまった。
ちなみに僕の好みだから参考にはならないと思うけれど、トニックウォーターには本物志向なフィーバーツリー・プレミアム・トニックウォーターを使いたくなる。これは確かに美味しいのだけれど、ナカナカ味が強いので、普段飲む、昼間から飲む、食べる前に飲む、サッパリ気分で飲むならば、シュウェップスのトニックウォーターぐらいがいいようにも思えてきている。

text:シャチョウ

  0  入力フォームを隠す