twitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

イブの夜なべ

xmasクリスマス前になると、包み上手な人を羨ましいと思う。もし僕が包み上手であるならば、こんなことをしてみたい。
綺麗な包装紙、展示会のポスター、写真入りチラシや、雑誌の誌面。そんな綺麗な紙をとっておいたとしても、使い道がないからと、年末には捨ててしまうのだから、捨てる前に色々な物を包んで机に山積みにしたいと思うのだ。
家の中を見回し、使わなくなったけれど、昔よく皆で遊んだゲームだとか、誰かがお土産に買ってきた人形や、懐かしい味のするお菓子。何年も前の年末に見て大笑いしたDVD、夏休みに読み更けた漫画。知らない間に忘れていた物を掘り起こし、今年貯めこんだ紙で、思い出と一緒に包んでしまえ。それをクリスマスの朝にでも、皆で一斉に開けるのだ。きっと楽しい朝になると思うのだけれど、どうだろう。
懐かしのバンドをYouTubeで見たり、子供の頃読んでた漫画を、なにかのキッカケにダウンロードして読み、面白いと思うような事と似ているのだけれど、そんな事を今書くのは少しロマンチックではない。そして、その思い出深いけれど、長い間忘れていた物に混ぜて、家への新しいクリスマスプレゼントも忍ばせておこう。するとそれらは全てがつながって見えるだろうから、家族も素直に受け入れてくれるはずなのだ。
つまり何がいいたいかというと、これはロマンチックに演出された、一年の買い物を公にし総清算する壮大な計画なのだ。
今まで買ったはいいけれど、家の人にどうしても言えなくて、クローゼットに貯め込んでいる、スコープという店から届いた品々を開放するための秘策なのだ。バードも、ポムポムも、加えてミ二ファミコンもいける。「みんなのこれからの良い思い出になると思って。」そんなセリフを皆様が家族の前で言い、大成功!そんな脚本を書きまして、これを僕からスコープユーザーの皆様へのクリスマスプレゼントと致します。
メリークリスマス!

text:シャチョウ

  0  入力フォームを隠す