twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

キャンドルホルダーに垂れたロウを取る方法


長時間キャンドルを灯したあと、
思い切り吹き消して、あっ!
移動させようとして、あっ!
飛び散ったり、垂れてしまったロウを
スプーンでゴリゴリやる前に、
キズの付かないお手入れ法を試してみてください。


① 60℃のお湯を注ぐ
キャンドルのロウが溶け出すのが、約60℃。沸騰したお湯を同量の水で割ると、だいたい60℃になるのでそれでOK!寒い時期や、繊細なキャンドルホルダーは2段階(ぬるま湯→60℃)で温めると安心。

② 手早く剥がして捨てる
ロウが浮きはじめたら、割り箸などでつついて剥がし、手早く引き上げる。シンクの詰まりの原因になるので、ロウは流さずに捨てます。
③ 磨きながら拭く
キッチンペーパーでざっと拭いたら、乾いた布で仕上げ拭き。MQクロス(テックスがおすすめ)を使うとピカピカ。




お湯実験をしたところ、
溶けたロウが広い面積にこびりつき、
大変な事に・・・!
ランタンは冷凍法がオススメ。
① 30分ほど、冷凍庫に入れる
ランタンが入るスペースがある時がチャンス。レザーハンドルは取り外すのが難しいのでつけたまま入れるが吉。

② 指で簡単に剥がれます
ロウは冷凍すると縮む性質があります。ランタンとの隙間ができて、指でもパカッと簡単に剥がれます。
③ 室温に戻ってから拭く
マウスブローで薄く作られているので、力が加わると割れやすい。室温に戻ってから、優しく拭きましょう。


  0  入力フォームを隠す