twitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

まずは必要な分だけ

印判 茶碗 東屋 外食なる日々、洋食ばかり食べていると体の中に肉と油が詰まり、自分がソーセージになっていくような感覚が芽生える。だから僕はいつでも和食が恋しい。そして神戸にも和食器を持ちこんだ、まずは最低限の品数にて。料理も食器もまずは質素に必要な分だけを。花茶碗と漆椀、そして東屋の木箸。これでとりあえずは困らない。漆碗も木箸も、安物はいくらでもあるだろうけれど、直接口をつけるものだから、価格ではなく素材を大事に選ぶ。木箸は磨きだけで艶を出し妙な塗装はしておらず、漆椀も木地に本漆であるから使い続けるうちに段々と艶が増していく。神戸のマンションは、床が杉、と少し珍しい。無塗装の杉は柔らかいから、床材に使われることはあまり無いらしいが、この床が和の匂いを少しさせている。北欧のもので少しずつ埋まっていく部屋が、どこか特殊な雰囲気にみえる。そして洋食器の中に三つの和食器が加わる。それを見て、僕はこんなもんだろうと、そんな風な事を思った。

text:シャチョウ

  0  入力フォームを隠す