twitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

Aino Aalto tumbler

Aino Aalto tumbler

Aino Aalto tumbler


 

iittala / Aino Aalto タンブラー

使いやすさが一目で伝わるグラス

1932年の発売からすでに80年以上、
イッタラの超ロングセラーとなるアイノ・アールト。
カルティオも大好きなグラスですが
こちらはデザイン通でなければ見過ごされそう。
その点アイノ・アールトグラスは
誰にでもその使いやすさがわかる
デザインが好きです。

「厚みがあって丈夫そう。」
「安定感のある形。」
「結露していても持ちやすそうな側面。」
そういったことが一目で伝わります。

このわかりやすさが、
時代に左右されないアイノ・アールトの
人気の高さにつながっているんでしょうね。
色の人気はやっぱりクリアがダントツ。
カラーにあれこれ悩んでしまったら
ここは第一印象で!
結局我が家は買い足すうちに新色以外
揃っちゃって、たまに廃番カラーを使うのが
ひそかな楽しみになっています。

ちなみに、
1930年代初期の物は今とデザインが異なり
まるでビバンダムのようにボコボコしていて
もっとエッジが立っていました。 →昔々はこんな形
このタイプは希少なので、なかなか出会えませんが
もしヴィンテージに触れる機会があったら
ぜひ探してみてください。

 

Aino Aalto Highball

Aino Aalto Highball

Aino Aalto Highball

Aino Aalto Highball

Pitcher



大きすぎないハイボール

ハイボールはタンブラーに対し
そのまま上に2段増やしたデザイン。
タンブラーとの見た目の印象が
ほとんど変わらないところが
気に入っている部分なのですが
長年使ってハイボールの良さに
気づいたのはこのサイズ感。

世の一般的なハイボールって
どれも男性向けなサイズに思えるんですが
アイノ・アールトのハイボールは
容量330mlと控えめで、女性が手にしても
大きすぎない絶妙なサイズなんです。

どんなグラスでもタンブラーが標準サイズで
グラスとしてのベストなバランスを持っていますが
アイスコーヒーを入れたりカクテルや
ノンアルのソーダ割りなんかを飲もうと思ったら
正直もう少し容量が欲しいなって時がある。

そんな状況もカバーしたい時は
迷わずアイノ・アールトのハイボール、おすすめです。



iittala
Aino Aalto (アイノ・アールト)

 

材質 無鉛ガラス
寸法 タンブラー : 約φ75xH90mm / 220ml
ハイボール : 約φ82xH113mm / 330ml
ピッチャー : 約φ138mm W200×H170mm / 1200ml / 約950g
生産 Made in Finland
備考
食器洗浄器

Aino Aalto タンブラー

  • タンブラー クリア
  • タンブラー クリア¥1,200(税抜き)
  • タンブラー グレー
  • タンブラー グレー¥1,200(税抜き)
  • ハイボール クリア
  • ハイボール クリア¥1,500(税抜き)
  • ハイボール グレー
  • ハイボール グレー¥1,500(税抜き)
  • ピッチャー クリア
  • ピッチャー クリア¥20,000(税抜き)
    Aino Aalto タンブラー タンブラー クリア
  • 2016-10-11
  • iittala / (B) Aino Aalto タンブラー クリア
  • 目立つシワやヨレ・混入、軽いゆらつきがみられます。
  • ¥1,200(税抜き)
  • ¥840(税抜き)

    ※ 以下は販売終了した商品のため、入荷の予定はございません。

  • Aino Aalto タンブラー タンブラー レイン
  • タンブラー レイン