twitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

Arabia / Paratiisi マグ350ml

寸胴の大きなマグカップ
スタバのトール、
コメダのたっぷり?

パラティッシが誕生から40周年を迎え
その記念に登場したのが、この少し大き目な
マグカップ。容量は350mlですから
スタバのトール、コメダのたっぷり
といった所でしょうか?
もちろんカイピアイネンはすでに故人と
なられているのでマグのフォルムの監修は
ヘイッキ・オルヴォラが担当しています。

大きなマグ、何がいいか?と言えば
それは、やはり、たくさん入るから
おかわり回数が減り、なにかしながらの
「ながら飲み」に非常に良いわけです。
さてお茶を飲みながら何をする?
案外それって仕事だったり、趣味だったり
自分にとっては大切に心地よく過ごしたい
時間、気分を上げていきたい時間だったり
するので、大き目のお気に入りマグを
手にしたいところ。
毎日何回も使うものだから、お気に入りを
使う方がいいと思うんです。
日々のにおいが変わりますから。
職場マグやキッチンで使うマグとか
いいのに替えるのおススメです!

だから、
これじゃないとダメってわけではないです。
これが絶対おすすめってわけでもないです。
ただ、お気に入りでたっぷりマグが
おススメという事です。

パラティッシが好き、カイピアイネンが好き
アラビアが好き、植物柄が好き、限定レア好き。

色々な接点があるので良いご縁になる方も
多いのでは。パープルは特に綺麗で
気分も盛り上がるからいいですよね。

このフォルムとサイズ感で
安っぽさが無いというのは
なんとも素晴らしいです。



  • 裏面ロゴ

 

Arabia (アラビア)
Heikki Orvola (ヘイッキ・オルヴォラ)
Birger Kaipiainen (ビルガー・カイピアイネン)

 


 

アラビアを代表する食器
パラティッシ、1969年から続く
フィンランドデザインの名品

多くの世界的な賞を受賞し
1960年のミラノ・トリエンナーレで
フィンランドのインスタレーションにおける
「ビーズ・バード」を出品しグランプリ受賞。
『フィンランド陶芸界のプリンス』と称され
フィンランドデザインを世界に知らしめた
アーティスト ビルガー・カイピアイネン。
非常に多くのアートピースを残していますが、
彼がデザインしたプロダクトというのは
実は非常に少なく、現在も生産されているのは
この1969年発表のパラティッシのみです。
発表当初のカラー、そして数年だけ生産され、
その後は再生産と廃盤を繰り返すブラック。
2012年にフィンランドのストックマン限定で
販売されたパープルの3色が存在します。
元々ブラック人気が高かったところに、
ブラックとの相性が非常に良いパープル登場。
とても綺麗な配色は、北欧アイテムとの相性も良く
フィンランドのインテリアやデザインに興味のある
人たちの間で広まりブラックを超える人気色に
なっているとフィンランド人の友人数名から
聞きました。一番素直な配色で、とても綺麗な色
だから、使いやすく、テーブルも華やぎ良いです。
まさにパラティッシ(楽園)に相応しい配色
パープルの登場でパラティッシの人気は更に高まる
のではないでしょうか。ただパープルとブラックは
レギュラーアイテムではなく、不定期生産なので
欲しいと思っている人は、買えるうちに買うの
考え方が良いでしょう。
煽るわけではないのですけれど。

材質 磁器
サイズ 約φ87 W120×H88mm 350ml
重量 約310g
生産 Made in Finland
 
オーブン
(直火不可)
フリーザー 電子レンジ 食器洗浄器
  • 黒点があります。(写真はブラック)
  • 柄のラインの途切れ
  • 小さな黒点やへこみが見られる場合がございます。
  • 商品により柄の濃淡が見られる場合や柄のラインがわずかに途切れている場合がございます。
  • 裏面の高台部分に目立たない程度のへこみが見られる場合がございます。
  • 陶器製品について

Paratiisi マグ350ml

    ※ 以下は販売終了した商品のため、入荷の予定はございません。

  • Paratiisi マグ350ml ブラック
  • ブラック
  • Paratiisi マグ350ml カラー
  • カラー
  • Paratiisi マグ350ml パープル
  • パープル