• カート
string (ストリング) /  pocket

アッシュ/ホワイト

string (ストリング) /  pocket

アッシュ/ホワイト

string / pocket

String Pocket
その付けどころ

キッチンにはアルテックのTable95(半円テーブル)が置いてあり、調理スペースになったり、洗った食器を乾かす場所となることもあれば、そこで食事をすることもある。かなり重宝しているようですが、多目的なテーブル故に物が溜まる。だから、ここにストリングポケットを取り付けたいと撮影スタジオ在住スタッフからリクエストがありましたので、そこにストリングポケットのアッシュホワイトを取り付けました。きっとアルテックのバーチと合うだろうと思い、ホワイトではなくアッシュホワイトを選んでみれば大正解でしたし、テーブルに対してセンターに取り付けて欲しいという意見を無視し、テーブル左端に寄せて取り付けましたら、やはりこれもバランスよかったから僕的にはとても満足いっています。取り付ける高さに関しても、あまり高い位置に取り付けないようにしました。座ったまま手が届く範囲にしてあります。常用しているマグカップやグラス、そして小皿がそこに寄り集まるから、食事する時にも便利だろうと思いまして。String Pocketを取り付けて思いますのは、そんな大げさな収納を置くわけでも取り付けるわけでもないから、部屋が狭くなることなく、ただ物が綺麗にスッキリ納まり、その場所(この場合はテーブルの上)が綺麗に整う。だから言うことのないバージョンアップなんだってことを改めまして。設置した姿を眺めていれば、ここへは全て実用の物ばかり詰め込まなくても、2段はズラリとマグを並べ、コレクションボードのようにするのもイイナとも考えました。細かなポイントなんだけど、ここにティーマプレート12cmや15cm、印判小皿といった小皿群を積み置きましたら、便利な上に見た目にも綺麗でいい雰囲気です。全て机に置いたらゴチャゴチャうるさい物をストリングポケットに収納すると、スッキリ綺麗に見えてしまう。つまり、そのつけどころというのは物がゴチャゴチャ置かれた場所、そこです。キッチンだけに限らず、玄関や洗面所、ランドリースペースにデスク前、そこです。主には狭い場所、そこです。飾り付けながら整えたい場所!そこです。

string (ストリング) /  pocket

ホワイト

string (ストリング) /  pocket

旧ブラック(現行はブラックは木目が見える塗装です)

奥行15cmという
攻めた壁付け収納

スウェーデンの建築家ニルス・ストリニングが1949年にデザインしたストリングという名の壁面収納は、連結することで無限に拡張することができること、そして無駄のない姿とシンプルな仕組みが長らく愛され続ける秘密だと思います。母国スウェーデンに限らず多くの国、多くの場所、多くの家庭で愛用され続けている家具であり、北欧を代表する世界的スタンダードの一つ。海外の友人、知人宅で実際に使われている姿を目の当たりにしてきまして、段々と欲しくなってしまったパターンです。以前、フィンランドの家庭を訪れた際、シンクの上の食器棚を開けましたら、最下段は食器の水切スペースになっていました。ナルホドこれは便利だ!と感心したのですが、それも聞くところによれば、元はニルス・ストリングが考案した仕組みなのだそうです。彼がワイヤースチールを使って組み上げた物が、北欧の生活にかなり浸透しています。そしてそういった物を見ていましたら、実生活から物を生み出してきた人なんだという事がよくよくわかります。さて、ストリングを代表するアイテムのポケットですが、これが原点のようなアイテムに見えますが、実はかなり新しいアイテムです。2005年、現在の生活にマッチしたストリングを作ろうと、ニルスが最晩年にデザインしたアイテムですから。その棚板の奥行は15cm!そんなに狭いと置けない物も多いのではないか?もちろん置けない物もありますが、この奥行きで置ける物も多いのです。大は小を兼ねる発想だと、無駄に大きくなってしまいます。あえてギリギリを狙った物というのは、現在だとナカナカ生まれてきません。作る側も一つの物を作って多くの要望をカバーしようと考えてしまいがちですから。でも無駄な奥行きが部屋を狭くし、圧迫感を生みます。これは使う側にとって、非常にマイナスなことだと僕は思いますから、ストリングポケットの攻めている奥行きは超ベリーグッドなのです。

string (ストリング)
Nils Strinning (ニルス・ストリニング)
string (ストリング) /  pocket

String Pocket
オーガナイズ キャンペーン
2020年10月1日~31日

String PocketとString Pocket metalの全アイテムにオーガナイザー3pcsをセットしました特別セット、でもセット価格はオーガナイザー3pcs(7,040円)分お得になっているので、String Pocketの単品を買うのと同じ価格という、ナカナカ太っ腹な《String Pocket オーガナイズ キャンペーン》開催中です。イベント期間中はString Pocketの単品販売はございませんが、単品と同価格ですからお得なセットでどうぞ。セットされているオーガナイザー3pcsの色はPocketブラックステインドアッシュ、ウォールナット/ブラックはブラック、その他はグレーと色は決まっています。またセットされたオーガナイザー3サイズのうちLサイズに関しては、Strigng Pocketに引っ掛けられないサイズですから、小物入れとして使って下さいませ。

String Pocket + オーガナイザー3pcs

通常セット価格:24,640円 → キャンペーン価格:17,600円

String Pocket metal+オーガナイザー3pcs

通常セット価格:29,040円 → キャンペーン価格:22,000円

さて、取り付けできるだろうか?
オーダー前の壁チェックは必須科目です

壁の材質が木であれば直接ネジ止めしてOK。ピンを刺してみて白く付くようなら石膏ボードなのでアンカー併用でネジ止めすればOK。コンクリートへの取り付けは特殊な道具が必要なので自身で勉強するか、工務店に依頼しましょう。ただ、土壁や薄いべニヤの壁だと強度が出ないから付かない。だから購入前に壁がどんな素材か?取り付ける事ができるのかどうか?そこを確認した上で購入しましょう!まずは壁チェック。これ必須科目です。

  • STEP1

    取付ける壁の種類を調べる

    壁チェック方法
  • STEP2

    注文時に壁の種類を入力

    連絡事項の欄に入力ください。記入例:「石膏ボード壁」
    入力がなかった場合は出荷を一旦保留しますので、壁の種類を調べてスコープへご連絡ください。石こうボード壁の場合は、アンカーを一緒にお届けします。

Q&Aのログ

棚一段にどれくらい物をいれても大丈夫ですか?

図書コーナーとして使っているスコープのpocket、文庫本を詰めた重さは棚一段に約8kg。このくらいなら大丈夫。使用中、サイドパネルがグラついてきたらネジを締めなおすと良いです。

商品スペック

材質 サイドパネル : スチール(粉体塗装)
棚板(ホワイト/グレー) : MDF(ラッカー塗装)
棚板(上記以外の木柄) : チップボード突板仕上げ(ラッカー塗装)
オーガナイザー : ABS樹脂
寸法 W605×D150×H515mm / 約4.5kg
棚板1枚 : W580×D150×T19mm
棚板間隔 : 棚間隔は最小3cm、一段上げるごとに5cm刻みで広げる事ができます
オーガナイザー : 写真左からW198×D80×H80mm / W90×D70×H120mm / W120×D75×H80mm
生産 Made in Sweden
  組み立て必要 30~60分

取付けガイドダウンロード

string pocket

    pocket+オーガナイザー3pcs

  •   pocket ウォールナット/ブラック ウォールナット/ブラック

    特別セットは完売しました

      pocket ホワイト ホワイト

    特別セットは完売しました

      pocket グレー グレー

    特別セットは完売しました

      pocket ブラックステインドアッシュ ブラックステインドアッシュ

    特別セットは完売しました

      pocket オーク/ホワイト オーク/ホワイト

    特別セットは完売しました

      pocket アッシュ/ホワイト アッシュ/ホワイト

    特別セットは完売しました

  • ¥17,600(税込)

    ※ 以下は販売終了した商品のため、入荷の予定はございません。

  •   pocket スコープミックス1
  • スコープミックス1
  •   pocket オイルドスモークドオーク<br>/ダークブラウン
  • オイルドスモークドオーク
    /ダークブラウン
  •   pocket オイルドチーク/ブラウン
  • オイルドチーク/ブラウン
  •   pocket ウォールナット/ホワイト
  • ウォールナット/ホワイト
  •   pocket スコープミックス2
  • スコープミックス2