現在のご注文は6月20日(木)までに発送します 6/19(水)は6/18(火) 8時頃までのご注文を出荷予定

2024年6月15日
ベース270mmだけの使い方

好きな花屋は遠い。花を買いに行くとなれば少し頑張らないといけないから、行けば必要以上に花を買ってしまう。いつも、そう、たくさん買ってしまう。少なければ、すぐ生けてしまうのに多いと生けるのも大仕事だから、1日ぐらい放置して少しづつ飾っていきたい。だから、とりあえずバサッとひとまとめにしておく場所が必要で、背が高くて口径が広いベース270mmが凄く重宝するというか、無いとアセル!とーーーっても、大事なのです。この使い方をするならベース270mm一択じゃないのかな?って思う。低いベースだと花を切らなければいけないし、細ければ沢山は入らない。背が高くて太っていなければ、この役割を担えない。花を買ってくると毎回使うことになるベース270mm、とりあえず花を生けておく花瓶、とりあえず飾っておく花瓶。そんな裏方仕事ばかりでもなく、立派な花束をバサッと生けても素敵な花瓶。想像以上に使える、背が高くて太ってる花瓶。背が高く太っている価値バンザイ!(シャチョウ)

2024年6月12日
粗挽きカルダモンにチャレンジ

フィンランドのシナモンロールに欠かせないスパイス、粗挽きカルダモン。カルダモンといえば、チャイやカレーに使われるイメージが強いですが、フィンランドではプッラと呼ばれる甘いパンの生地に練りこまれています。日本ではパウダーかホールタイプしか売っていないので、シナモンロールを作る時はフィンランドで買ってきたり、お土産でもらった粗挽きカルダモンを使っていたのですが、先日遂にそのストックが終わってしまいました。このままでは大好物のシナモンロールが作れなく(食べれなく)なってしまう…ということで、重い腰を上げて、ホール状態のカルダモンを買ってきて自分で粗挽きにしてみました。薄緑色の莢と呼ばれる殻部分に切り込みを入れて中にある種子を取り出し、ミルを使って粗挽きにします。(擂鉢&擂粉木でも試してみましたが、カルダモンの種子は固く、潰すのは難しかったです。私は最近使っていなかった手動のコーヒーミルで挽きました)マスコットのホールカルダモン一瓶からできる粗挽きは18g程。普段はチビチビ使っている粗挽きカルダモンがせっかく沢山できたので、バター100gに砂糖100ccと粗挽きカルダモン8gを練りこんだフィリングをパン生地に巻き込みカルダモンロールを作りました。カルダモンたっぷりの焼きたてプッラは香りが本当に最高!ホールから粗挽きにするのは少し時間がかかるけど、フィンランドのプッラ好きの皆さま、ぜひ予定がない休日にでも試してみてください。(スコープ 松尾)

2024年6月11日
発売は6月中のどこか

2023年9月に発売したエメラルドパールブックエンド。入荷した100個が瞬く間に売切れてしまったものの、とても重量があり(約4.6kg)作業が大変なため、頻繁には入荷できないアイテムです。その大変さを忘れた頃に~なんてシャチョウは言っていましたが、本当に忘れた頃にやってきました。今回入荷したのは、スペクトロライトブルーという名がつけられた黒御影石。昨年販売したエメラルドパールの仲間ですが、輝き方が異なります。エメラルドパールはキラキラしている部分に色味はなく、シルバーのような貝殻のような輝きでしたが、スペクトロライトブルーは、光が当たると石の中に含まれるラブラドライトが、まるで発光しているかのようなブルーに輝きます。光の当たる角度によって全体が黒く静かに見える時もあれば、強烈に青く輝く部分が見える時もあるのです。なので、個別撮影が本当に難しい。いつもの撮影方法だとブルーの輝きが写らない個体が殆どだったので、一つずつ青く輝く部分を探し出し、ピックアップする方法をとることにしました。それに加えて、一つずつがかなりの重量ということもあり、撮影時間は通常の倍。101個全て入荷済、プルーフさんの刻印作業も完了していますが、発売は6月中のどこか、撮影が終わり次第という感じになりそうです。(スコープ松尾)

2024年6月6日
愛のメモリ~(2022年5月13日)

愛のメモリ~⁡スコープ的に思い出深い、愛強めの過去のポストをそのままもう一度流してみる、再放送的な試み。& その続き。

⁡・・・・愛・・・・

スコープのハウスタオル発売から11年。ということは、買い替えを繰り返しながら、丸10年は使い続けてるってことになりますが、ブルー、ベージュグレーをそれぞれ使ってみてやはりお風呂場で使うタオルは結局南極ブルーが好きです。⁡爽やかに晴れたサニースカイ真っ青な青空フライトスカイ一番濃い空のスコープスカイ⁡3色のブルーグラデーションは干して風に揺られている景色も取り込んで積まれている景色もどこをとっても気持ちがいい!⁡そして買い足し買い足し、タオルが新しく追加されると、洗濯回数を重ねて色褪せてきたタオルも混ざってきます。写真の右下4枚は全てスコープスカイのはずですが、同色で更に絶妙なグラデーションが生まれていて面白いです。⁡一番右下が最近買ったばかりの3回水洗い後のフカフカスカイ。その2枚上が大分使いまくったガシガシスカイ。柔軟剤なし&天日干しが相俟ってなかなかの貫禄ですが吸収力は最高レベル。⁡タオルは絶対フカフカ派の娘と、ガシガシであればガシガシであるほど価値が増すガシ派の私で、いい感じで回転してます。

・・・・愛・・・・

そして あれから2年、ガシガシタオルは去年の夏、全部ニューに入れ替えました。⁡今治の製造メーカー、吉井タオルの社長さん曰く、「タオルの寿命は半年」それは流石に吉井社長の野望が過ぎる?という気がしますが、結局のところ、寿命を決めるのはユーザーである私たち。⁡使用頻度や洗濯機のタイプで何年使えるか変わってきますが、カビによる臭いの発生がなければ、破れるまでタオルとしての役割は果たせると思っています。ミミがスレ~の、色がハゲ~の、変わってゆく見た目や風合いをどこまで良しとするか。⁡ちなみに私がそろそろ取り替えたくなるタイミングは週2サイクルで使って5年くらい。その後ガッツで+5年粘れる。⁡最終的に使い古したタオルは、動物病院や動物愛護団体に寄付すると喜ばれるので、今回は近くの動物愛護センターに持っていきました。ブルーグラデーションのタオル束を渡すと、職員さんから「まぁ、こんな綺麗なタオルを!?」と言っていただき、ボロになっても、ハウスタオルはハウスタオル、有終の美を飾ってくれました。⁡やり切った感で大満足。ありがとう、ハウスタオル。⁡ちなみに、タオルの寄付は必要とされていない事もあるので、寄付先の施設に電話やメールで前もって確認してみてくださいね。(スコープ 酒井)

2024年5月29日
キャニスター130mmと好相性

一日の中で何度も何度も手にする最重要キッチンツールのハサミ。手に取りやすくて戻しやすい、そんな状態が理想なので、サッと取り出せる目立つ場所に収納されていて欲しい。加えてそれが自分好みの風景に整っていたらサイコー。そのサイコーの域に達し、すっかり満足しているのが、OTCハサミ21cm × キッチンツールキャニスター130mmの組み合わせ。ハサミの持ち手がちょうど出る感じで収まる130mmは口が窄まっているのでハサミの安定も保たれます。私はキャニスターブラックと、Cheetah ブラック(生産終了)の組み合わせが気に入っていますが、スタッフ松尾はキャニスターグレーと、Helle ブルーの組み合わせで愛用しているとのこと。それも明るくて可愛らしい。なお、ハサミなど、先がステンレスのツールをキャニスターに入れる場合、シリコンシートかキッチンペーパーで緩衝させると、底面が衝撃から守られると同時に、音も和らぎ使い良いです。(スコープ 酒井)

2024年5月22日
デスクワークのお供

調べ物や写真データの整理で長時間パソコン作業をする時は、飲み物とお菓子を準備してデスクに持って行きます。クッキーやチョコレートなどを沢山持って行くと無限に食べてしまうので、小さなプレートに食べても良い分だけ乗せるというのがマイルール。今まで、ちょっとしたお菓子を乗せる小皿にはティーマの15cmプレートを選ぶことが多かったのですが、ヘレA6プレートに変えてみたら何だかいつもより机の上がスッキリしました。ティーマ15cmとヘレA6は似た使用感ですが、長方形のヘレは円形のプレートに比べて横幅が小さので、作業中いつの間にやら散らかってしまうデスクの上にあってもあまり邪魔にならないし、デスクの端にビシッと合う感じも気持ちが良いです。(スコープ 松尾)

2024年5月21日
私たちの虎の巻

茶箱研修を始めてすぐ各パートの師匠方から「はい、虎の巻だよ!」と言って手渡されたのは手書きの指南書。茶箱作りの手順や無駄が出ないトタンの取り方・張る和紙の枚数など、長年茶箱作りをされてきた方法や秘訣を惜しげなく、丁寧に図解してくださっていました。研修中、私たちはその虎の巻に教わったことを書き足し、更に自分たちでも作業工程や道具の使い方だけでなく、休憩中に土屋さんが話してくださった茶箱秘話まで、忘れないようノートに書き留めていました。気付いたら、各自のノートには写真や動画だけでは得られない情報がびっしり。『私たちの虎の巻』が出来上がっていました。先日からようやく始めることが出来た茶箱の試作製作。土屋さんから頂いてきた材ではなく自分たちで購入した材での試作もいよいよ始まります。製作時、手元には常に土屋さんたちからいただいた虎の巻と、私たちの虎の巻。土屋さんたちが傍にいない今、この虎の巻が心強い存在となっています。まだまだ課題の多いスコープ茶箱工房での茶箱製作。教わったことをひとつひとつ確認しながら試行錯誤を重ねています。(茶箱製造 トタン担当スコープ家具班 錦見)

2024年5月17日
試作品、耐熱のガラスボウル

試作品、耐熱のガラスボウル。デザインはインゲヤード・ローマン。制作は東屋、製造は小泉硝子製作所。すごーくナイス、マンモスうれP。インゲヤードの希望で少し修正されますがゴールは近いです。夏に発売できたらなぁ。スコープのキッチンツール充実計画、順調に進行中。(シャチョウ)

2024年5月15日
+ツンドラでワンプレート朝食

ヘレのA5プレートにティーマのカップを乗せて、昔のアラビアにあったTVセットみたいにする使い方が気に入っています。最近は、ティーカップをツンドラのタンブラー160mlに変更し、ヨーグルトを盛り付け、その横にサンドウィッチを添えてワンプレート化するのが朝食の定番セットです。A5と近い使用感のティーマ17cmプレートにツンドラをセットすると少し窮屈な感じがしますが、長方形のヘレだと収まりが良く見た目もスッキリ。ちなみにツンドラに入れたヨーグルト、普段ならベリーソースは上からかけるけど、そういえばフィンランドのカリンカというヨーグルトは下がソース、上がヨーグルトだったなと思い出し、試してみました。2層になったヨーグルトの上から更にグラノーラを散らしたら、ケーキのような見た目になって可愛かったので、しばらくはこの順番の盛り付けにハマりそうです。(スコープ 松尾)

2024年5月9日
珍しポイント発見

2024年ムーミン夏マグの名前は、ベリーシーズン。ムーミン一家が森でベリーを摘んで、ジャムを作っているイラストが描かれています。サマーマグの過去柄を見返してみると、圧倒的に海や湖でのシーンが多く、フィンランドの夏の風物詩でもあるベリーがテーマになっているのは意外と初めて。ピンクベースなので、2022年の『フィッシング』2021年の『トゥギャザー』2019年の『イブニングスイム』あたりと一緒に使うとナイス。ティーマパウダーとも相性が良いです。そして、マグのイラストを改めて見ていて気が付いたのですが、取手右下にあるベリーの入ったカゴが背景から飛び出している!このパターンは数あるムーミンマグの中でも珍しいのでは?!と少し興奮してしまいました。(スコープ 松尾)

2024年5月8日
組合せてセンタープレート化

GWの長期休暇中にフィンランドの揚げパン、ムンッキを作るのは春の恒例行事。毎年作るものは同じですが、今年はどの食器に盛り付けようかな~なんて考えるのも楽しみの一つだったりします。今回は、ムンッキと同じくメーデーの風物詩であるティッパレイパという揚げ菓子にも挑戦してみたので、ヘレのA4プレートに合い盛りし、クッキーやフルーツをA5とA6に盛り付けて組み合わせたら、テーブルの上が一気に賑やかでハッピーな雰囲気になりました。端が揃うように数種類を並べると大きなセンタープレートみたいになるので、存在感も抜群です。(スコープ 松尾)

2024年4月17日
テーブルクロスからカーテンに

数か月に一度、無性に部屋の模様替えをしたくなる時があります。先日ふと寝室のカーテンを替えたくなり、家にある布を引っ張り出してきて色々と試してみたところ、元はテーブルクロスとして使っていたPOTATOのブルーグレーが良い感じにハマったので、2mをもう一枚買い足しました。カット辺にロックミシンがかけてあるので、そのままカーテンクリップに挟んで吊るすだけで設置完了。以前吊るしていた淡い色味のカーテンがある風景から、ガラッと変わって気分も一新されました。POTATOの生地はカーテンにするには少し薄いかな?と思っていたのですが、元々使っていた布と2枚重ねにしてカーテンクリップで挟んだら丁度良い暗さになったので、薄地なのがちょっと気になる…という方にはオススメの作戦です。(スコープ 松尾)

2024年4月12日
茶箱の試作を始めました

未だ未完の茶箱工房ではありますがとうとう茶箱の試作を始めました。茶箱工房を作り始めた頃にシャチョウと決めたことは『とりあえず、と簡単な選択をして完成を焦らないこと』とにかく掃除をして片付け、必要なもの・ことを一つづつ進めて、茶箱が作れるよう準備をしてきました。木と仲良くなる練習をするために自分たちで工房の壁を杉板で打ち、部屋に必要な扉や収納などは丁度このタイミングでお役御免となり閉じることになった以前の出荷場や撮影場所から外して持ってきています。土屋製函所から譲り受けた機械や道具類も加わって、新しい場所とは思えないほど愛着の深いものが詰まった空間が少しづつ出来上がってきています。時間はかかりましたが、とうとう試作を作れるところまで漕ぎつけました!茶箱も工房もまだまだ修正が必要なところだらけなのですが、亀の歩みで一歩づつ前進。スコープ製茶箱をご披露出来るその日までどうぞこれからも温かく見守っていただけたら嬉しいです。(茶箱製造 打場担当 スコープ家具班 熊澤)

2024年4月9日
廃番2代目スニフ

自宅の食器棚にじわりじわりと増え続けているアラビアのムーミンマグ。魅力的な限定品も多く、定番は本当に気に入ったものだけにするぞ!と心に決め、厳選して集めています。そして最近、気になっていたスニフマグが生産終了と聞き、慌てて購入しました。スニフってムーミン物語の準レギュラー的な立ち位置なのかなと思っていたのですが、改めて過去のシーズンマグや限定マグをチェックしてみたら、全然見つからない。もしかして結構なサブキャラ…?モランやロッドユールなどマイナーマグを集めている身としては、なんだか益々愛着が湧いてきています。(スコープ 松尾)

2024年4月3日
ミニブーケを買ったので

先日、近所の花屋さんの前を通りかかった時に目に入り、可愛くて思わず購入したミニブーケ。既に短くカットされていたので、そのままアアルトベース95mmに生けてみたらピッタリでした。アアルトベースの現ラインナップの中で一番小さな95mmは、少量の花をちょこっと生けたい時や、大きな花瓶に飾ってしばらく楽しんだ後、水きりして茎が短くなった花を移動させて生ける時に便利でよく使っています。アルテックの小さな円卓、90Cテーブルに出しておいても邪魔にならないコンパクトさもお気に入りです。(スコープ 松尾)

2024年3月26日
ティーマ17cmにエミリアミニカップ

クロテッドクリームとジャムをたっぷり付けた焼きたてスコーンが食べたいなあと思うこと数週間。やっと材料が揃ったので、週末のおやつに作りました。ロダスの使いきりサイズのクロテッドクリーム、ジャム、スコーンひとつをワンプレートにギュッとまとめて乗せるのは、数年前のロンドン旅行中に立ち寄ったCaffè Neroというチェーン店で出てきて、ずっと記憶に残っていたスタイル。実際のところ苺ジャムはボンヌママンの小瓶だったけれど、エミリアのミニカップがぴったりだったので代用しました。このミニカップはエミリアプレート19cmとの組み合わせが鉄板ですが、ティーマプレート17cmに乗せてコンパクトに収めるのもなかなか可愛いです。

2024年3月25日
最初のひとつに選ぶなら「中」、馴染みの茶筒と同じ使い心地

大中小のサイズがある東屋の茶筒、最初に買うならどれかな?と選んで手にしたのが「中」。贈答用によく使われている一般的な茶筒の径の「中」。実家で使っていた茶筒がまさにお茶ギフトの再利用だったので、サイズ的に馴染みが深かったのです。ということなので、私の「中」には実家と変わらず馴染みの煎茶が入っています。この繋ぎ目のない茶筒、蓋がスッと開いてスッとはまる感覚が気持ちいい~!のですが、スッと体験は蓋を開けた後にもう一度、中蓋の開け閉めでもやってきます。私はこの少しずっしり重たい中蓋を開け閉めする瞬間が大好きなのです。中蓋には両タイプに共通して真鍮のツマミが付いていて、銅にも銅錫めっきにも良いアクセントになっているのです。見惚れてしまう程のツマミだというのに、これ普段は隠れているなんて本当に奥ゆかしい。私の「中」には実家と変わらず馴染みの煎茶が入っていますが、スタッフ大原が愛用の「中」にはマリアージュフレールの香り付きルイボスティーが入っているそう。詰め替え用100gが丁度ぴったりだというので早速買う気で調べたら、実店舗のみ販売のフレーバーとな。大原いちいち洒落とる~。(スコープ 酒井)

2024年3月22日
ミニカップを置いてワンプレート化

プレートの上にカップを置いてワンプレート化する、そんな使い方をエミリアでよくやっています。プレートはフラット面が広いから上にカップを置き易いし、ミニカップが思った以上に活躍してくれます。Emiliaプレート19cmはミニカップ1個、Emiliaプレート24cmはミニカップ2個ぐらいがナイスバランス。フライドポテト用のケチャップにはミニカップが凄くつけ易くナイス。マスタードも一緒に添えたくなればミニカップ2個とプレート24cmが良いでしょう。Emiliaみたいにミニカップが人気になることって少ないのですが過去に凄い人気アイテムがあったことを思い出しました。Origoミニカップ!懐かしいですよね。(シャチョウ)

2024年3月18日
21世紀のTVセット

エミリアのビンテージには、TVセットという少し変わったアイテムがあって、このアイテムが長らく僕の興味を惹き続けてます。他シリーズにも存在するTVセット、フィンランドの誰かがテレビを見るときのセットがあったらいいのに!って考えたと思うだけでも楽しくなります。で、現行エミリアを使い、僕なりにTVセット化してみました。最近、韓国ドラマを見まくっているから、TVセットが欲しい気持ちはわかるのです。Emilia プレート24cm&Teemaティーカップ、このバランスは見事にTVセット!エミリアはモノクロだから、上に置くカップの色は選ばないとは思うんだけど、エミリアは渋い雰囲気なので、ビンテージブラウンやブラックもしくは無難にホワイトを合わせるのがナイスだと思っています。(シャチョウ)

2024年3月14日
リビングの間接照明として

前々から欲しい物リストに入っていたアルテックのA910ウォールライトを最近ついに購入し、リビングに設置しました。リビングの照明は長らくテーブルの上に吊り下げたペンダントライトとムーベのSTANDにアームライトをつけたものの2台体制にしていたのですが、模様替えでSTANDを別の部屋に移動してしまったので、新たな照明を探していたのです。A910は壁に固定する必要があるから少しハードルが高いのかなと思って、使っているスタッフ数名に聞いて周ってみたところ、壁付けするのは勇気がいるけど買ってよかった。最高ですよ!と皆が口を揃えていうので、その言葉に背中を押されて購入に至りました。設置場所のシュミレーションや壁の下地確認などの前準備はしっかりとする必要がありますが、壁に取り付け、スイッチをONにし点灯したら、そんなことすっかり忘れるくらい良い。電気を付けている時も消している時も雰囲気抜群です。商品ページを見ている時は気が付かなかったけれど、実際に使ってみたら下方向に出る光の筋がとても綺麗で、特に気に入っています。(スコープ松尾)

2024年3月6日
マリアンネクリーム

スコープ本店で買い物をすると貰えるオーエムケー。現在のラインナップでフィンランド好きとして推したいファッツェルのペパーミントキャンディが登場しています。フィンランドではマリアンネという名前で親しまれているチョコレートフィリングを薄いペパーミントキャンディでコーティングしているお菓子です。ペパーミントと聞くとなんだかフリスクみたいにスーっとするイメージかもしれませんが、マリアンネのミントはそこまで強くないので、ミント好きではない方もこの機会にぜひお試しあれ。そのまま食べるのも勿論とても美味しいのですが、キャンディを砕いて生クリームに混ぜ合わせマリアンネクリームにアレンジするのもお勧めです。ほんのりチョコレート風味でその後にミントがふわっと香る爽やかな味になります。そもそもフィンランドでは、マリアンネクラッシュという砕かれ済みの商品が売られていて、以前食べた時にすごく美味しかったことを思い出し、自作してみました。今回は200mlの生クリームにグラニュー糖少々、砕いたキャンディを8粒入れています。試食をしてもらったスタッフは丁度いい分量だったと感想をくれたのですが、チョコミント好きスタッフのワッキーさんは物足りない!と言っていたので、チョコミント愛好家の方はマリアンネ増し増しで調整してみて下さい。(スコープ 松尾)

2024年2月29日
ケーキリフターの置き場

ケーキや焼き菓子をケーキリフターで取り分ける前や後、今まではお菓子を乗せた大皿の隅に置いていたのですが、小さめのプレートを別で用意してそこを定位置にするとテーブルがとても上品になる事に気が付いて、最近は小皿とケーキリフターをセットで出すことが増えました。ケーキリフター置き場としては見た目のバランス、安定感共にエミリアのプレート10.5cmが最高。この組合せが一番お気に入りです。似たサイズ感のプレートでも色々試してみたので、松尾的感想メモも添えてみます。Runoプレート11.5cm:見た目のバランス〇安定感◎見た目も安定感もグッド!Runoがメインのテーブルだったら断然こっち。Kastehelmiプレート10cm:見た目のバランス◎安定感△バランスはパーフェクトだけど、プレートの底が平らなのでケーキリフターが動きやすいのが難点。Teemaプレート12cm:見た目のバランス△安定感〇ケーキリフター置きには少し大きいかなという印象。リムが高めなのでリフターがお皿の底には付かないです。ケーキリフターとエミリアの小皿、両方お持ちの方は是非試してみて下さい。(スコープ 松尾)

2024年2月28日
台湾エンタメ食堂

楽しい社内イベントを考えるエンタメ班主催、昨年6月のカレーエンタメ以来のランチ会@食堂が開かれました。今回のテーマは台湾。ウーピーフリッツさん(@whoopiefrites)とタイペイシャオツーさん(@taipei_shaotsu)にお越しいただき、魯肉飯プレートとデザートに豆花を作っていただきました。前回と同様、お皿とカトラリーは各自持参し昼休みに食堂に集合。エンタメ班からの社内連絡でティーマディーププレート21cmやオーバルプレート25cm位のサイズがお勧めと聞いていたので、この2種をチョイスして持ってきているスタッフが多かったのですが、花絵皿や懐かしのオマなどなど皆のご自慢プレートを見ることができて楽しかったです。魯肉飯も付け合わせのお野菜も豆花もとっても美味しくて、台湾に行きたい熱が高まるねとみんなで盛り上がりました。スコープエンタメ食堂、第三弾が開催されたらまたレポートします!(スコープ 松尾)

2024年2月22日
コード調整器でコードの長さを調整してミタ

2020年1月からスタートし、ご好評いただいております照明のコードカットサービス。バッチリな長さにできるので見た目も大変美しいのですが、一度切ったら長くすることは出来ないため、模様替えや引っ越しの予定がある場合コード長を決めるのが難しいという方も多いと思います。とはいえ、途中で結んだり、コードリールを使うと見た目的にすっきりしない。これについてシャチョウも長らく悩んでいたらしく、先日、良いモノ見つけた!と言って紹介してくれたのが、「cacco コード調整シーリングカバー」。正確にいうと、この商品に付属している「コード調整器、コードストッパー、シリコン製ゴムバンド」この3つを使うと、照明に付属しているシーリングカップの中に余分なコードをコンパクトに収めることが出来ます。スコープで取扱いのあるペンダントライト全てで試してみましたが、AMA500A201A333に付いている台形のカップにはMAX80cm程まで綺麗に収めることができました。上の写真は、AMA500のコードを80cm巻いた状態。短くて5cm位から巻き取れるので微調整もしやすいです。A330、A440、BEEHIVE、BILBERRY、waftはシーリングカップが小さめなので、カップ内に収めたコード調整器が引掛けシーリングに干渉し、天井との間に少し隙間が空いてしまいます。商品付属の説明書や販売店さんのページで使い方も掲載して下さっているので、気になる方はチェックしてみてください。(スコープ松尾)

2024年2月15日
新色カルーナとパイングリーン

イッタラの2024年アニュアルカラーであるカルーナとパイングリーンがカルティオのラインナップにも加わりました。最近、淡い色の追加が続いていたカルティオにとっては久々の渋カラー。新色カルーナとパイングリーンの相性はとても良く、この2色を一緒に使うとかなり良い雰囲気です。そこに更に加えるならなんだろうと色々試してみたら、シーブルーとのトリオが最もしっくりきました。そして、カルーナのカルティオを見ていて気になったのが、2016年にスコープが別注したカルティオパープルとの色味の違い。かなり近い色なのではという予想でしたが、並べてみたら似ているようで意外と違いました。左側がカルーナ、右側がパープル。カルーナの方がより深い、やや赤味のある紫です。グリーン系も気になったので、現行色、廃番色を引っ張り出してきて比べてみました。左から、パイングリーン、フォレストグリーン、モスグリーン、オリーブです。パイングリーンはこの中では少し青味があります。(スコープ 松尾)

2024年2月5日
小さめケーキを4つ

お菓子作りで忙しいクリスマスを終えほっとしたのも束の間、気がついたらもう2月。この時期にも作らなきゃ(食べなきゃ)いけないフィンランドのお菓子が沢山あります。そのうちの一つ、フィンランド国歌を作詞したルーネベリに因んだお菓子ルーネベリタルトは、彼の誕生日である2月5日頃に登場します。つまり今日!クリスマスに大量に作ったジンジャーブレッドの残りを細かく砕いて混ぜ込み焼いた生地にラズベリージャムをのせ、その周りをぐるっとアイシングでトッピング。しっとり美味しい小さめのケーキです。焼きあがった4つのケーキは、エミリア19cmプレートにのせてみたら丁度よく収まりました。カヌレやマフィンなど小さな焼き菓子をいくつか盛り付けたい時、19cmプレートは小振りなセンターピースとして活躍してくれそうです。(スコープ 松尾)

2024年1月28日
リノリウム無着色と黄色族

先日、スツール60イエローラッカーパイミオ90周年サンイエローの色味比較の写真をアップしたのですが、このイエロー2種とさらにリノリウム無着色とで悩む〜とコメントをいただきましたので、少し間が空いてしまいましたが、これら3脚を集めて撮影をしてみました。左上から時計回りで、リノリウム無着色、イエローラッカー、そしてパイミオ90周年サンイエローです。並べてみてまず最初に思ったのが、え、めちゃくちゃ可愛い…。リノリウム無着色は黄色という感じではないのですが、黄色族と遠い色味なわけでもなく、この3種の絶妙な色差がたまりません。また、イエローラッカーとサンイエローの座面の質感の違いは近づかないとわからないのですが、(詳しくはこちらのブログで)リノリウム無着色の天板に見られる特有の風合いは遠くからでも結構わかります。(スコープ 松尾)

2024年1月26日
布団乾燥機の収納場所

スタッフ熊澤に激推しされて、この冬から布団乾燥機の布団温め機能を使い始めました。今までずっと湯たんぽを愛用していたけれど、布団乾燥機を使うとその何倍も暖かく感動!病みつきになっています。ただ、我が家の布団乾燥機は学生時代に母から譲り受けた年代もの。最近ベッドサイドで使っている90Dテーブルの下にすっぽり収まるくらいコンパクトなのは良いんだけど、蓋部分のオレンジ色が寝室で浮いていてちょっとなあと思っていました。そんな時、なんとも本当にジャストなタイミングで本店掲示板に「90Dの下にメノーMが2つ入ります」という書き込みが!もしかしたら家の布団乾燥機収納もこれで解決するのでは?と思い早速試してみました。まさにシンデレラフィット。布団乾燥機の存在感も良い具合に隠せるし、テーブル下から引っ張り出し易いという嬉しい特典付き。何かちょっと違うと思っていた寝室の一角が、一気に好きな風景になったのでした。(スコープ松尾)

2024年1月23日
可愛らしい愛称はクッキー

久々にスツール60リノリウムに追加した新色。新色といっても、新色ではない、色がついていないリノリウムです。この新色を『無着色』と表すのが、どうも盛り上がりに欠ける気がして他の色のようなかっこいい名前がつけられないものか、販売前にとっても悩みました。結局は、色名をつけてしまうと、色がついてないリノリウムという説明が分かりづらくなってしまうこともあって、そのままストレートに『Stool 60 リノリウム無着色』という商品名になったのですがArtekから面白いエピソードを入手しました。リノリウムのメーカーForboでは、この無着色リノリウムの色がクッキーの生地に似ていることからCookieという愛称で呼ばれているんだとか。なにそのかわいいエピソード。それを聞いて以来、私の中でこの色の価値が爆上がり、うちにもひとつお迎えしたいとずらりクッキーが並んだ個体画像を毎日眺めています。ノベルティが切り替わったらいよいよゲッツするつもり。ということで、いつ以来だろう、久々にクッキーを作ってみました。無着色リノリウムをイメージしてはちみつたっぷりのハニークッキーにしました。(スコープ成戸)

2024年1月22日
サンイエローとイエローラッカーの色味の違い

先日、本店の掲示板で「パイミオサナトリウムアニバーサリーのサンイエローとラッカーのイエローはどのくらい色味が違いますか?」と質問をいただきました。確かにその違いは気になる!ということで、さっそく実際に比較をしてみたのが上の写真。左奥がサンイエロー、手前がイエローラッカーです。サンイエローはややオレンジ味があり、イエローラッカーはザ・黄色という感じの色味。また、パイミオアニバーサリーは塗料が厚めなのか座面の木目はほとんど分からず、つるっとした質感なのに対し、通常のラッカーやオールラッカーは薄っすらと木目が見えるのも違いのひとつです。(スコープ松尾)

2023年12月25日
チキンとM-1のクリスマス

クリスマスイブのディナーはヤハリ、チキンです。クリスマスっぽいご飯を準備して、敗者復活戦からM-1グランプリを見続けるという、日本ならではのクリスマスイブを楽しく過ごし、翌朝出社しての話題はM-1の決勝についてでした。それはそれで楽しい1日!そしてRunoフロストベリーの雰囲気はナイスだなぁと改めて思うのでした。クリスマスだけでなく冬に映える食器、お正月に使っても良い雰囲気の食器があるのは助かります。今年のRunoフロストベリー収穫祭は12月26日17時までだから間もなく終了です。来年の冬にもNEWアイテムを加えながら、ルノを続けていきたいと思っていますので、来年はどんなフロストベリーが収穫できるか?どうぞ1年お楽しみに。(シャチョウ)

2023年12月8日
濃ゆいミルクティーをたっぷり

エミリア9種類のアイテムの中で、個人的に一番愛用しているのがカップ0.4L。朝食のスープに加え今はまっているのが、これで濃ゆいミルクティーをたっぷりいただくこと。カップにティーバッグ1個お湯を注ぎ1分間抽出したあと冷たい牛乳を注いでレンジで1分半、更に1分待てば完成です。TEAPONDのミルクティーバッグは鍋で煮ださなくても気軽に濃厚なミルクティーが味わえるのがおすすめ。牛乳を鍋で温めていると、よく吹きこぼしてしまう私、これなら安心ですし、 洗いものも少なくて助かります。普段紅茶はお砂糖なしで飲むことが多いのですが、これは少し甘くして飲むのがおいしい。お気に入りのお菓子を準備して、週末は家でダラダラまったりするのが楽しみです。(スコープ成戸)

2023年12月7日
クリスマス風味のチーズケーキ

Runoシーズンに入ってからバタバタな日々が続いていて、お菓子を作ってゆっくりティータイムする時間がなかなか取れていなかったのですが、インスタグラムのハッシュタグ#ルノ日記の投稿を見ていたらムクムクと何か作りたい欲が…。折角なのでちょっとクリスマス風味を感じるお菓子が良いし、先日登場したばかりのRunoピッチャーも使いたい。11月に沢山作ったジンジャーブレッドを使ったケーキとかないかしら?と調べていたら、ジンジャーブレッドチーズケーキなるものを発見。更に色々なレシピを見ていたらグロギ(ホットスパイスワイン)のソース添えという魅力的なデザートがあったので、これだ!と思い試してみることにしました。ベイクドチーズケーキのボトムを砕いたジンジャーブレッドで作り、ノンアルコールのグロギに片栗粉でトロミを付けたソースをRunoのピッチャーにスタンバイさせれば、一気にフィンランドのクリスマス感漂うティータイムが完成。フィンランド人シェフ、アンットが教えてくれたグロギの材料はどれもスーパーで手軽に手に入るので、フィンランドのクリスマスを味わってみたい方にはとってもお勧めです。(スコープ 松尾)

2023年12月5日
ピッチャーとお惣菜の実験

Runoピッチャー0.4Lはソースボートとも呼ばれますが、ソースやドレッシングに使うばかりでなく洋の片口、つまりボウルのように考えれば幅広く使えます。ハンドルもあるから持ったり渡したりも簡単、慣れてきて頻繁に使うようになると、北欧っぽさが日々に滲みます。で、どれぐらい入るのか?DEAN&DELUCAでお惣菜を買い、いい具合になる分量を盛り付ける実験をしました。ピッチャー0.4Lに入れるならお惣菜をどれぐらい買えばよいのか?そこを掴めれば凄く買い易いと思います。全ての料理を作らなくても、ピッチャーやボウルに盛り付けたお惣菜を添えることで食卓を豪華にもできますから。で、イイ感じに盛り付けて内容量を計った結果発表!柿と人参のラペ200g、きのこと焼き栗のアヒージョ235g、洋梨とモッツァレラのサラダ250gでした。目安は200g、重そうな料理は250g、軽そうな料理は200gまでって感じでした。ケールのサラダのような軽い総菜は150gぐらいしか入らないので、プレートに盛り付けた方が良いです。(シャチョウ)

2023年11月24日
Slowpeをカーテンにする

Slowpeは両端縫ってあるので、カーテンとして使えるのではないか?特にSlowpe Basket リネンはカーテンに使えば素敵だろうとイメージわきましたので試しましたら、想像以上の威力でした。凄く良かった、素晴らしかった。長さ210cmを選びましたが微妙に短かったので、230cmにして上を少し折り返して調整するぐらいの方が良かったかも?と思いつつ、眺めていたらこれでいいような気もしてきたので、このままでいい、つまり気に入っています。前々から好きな布を部屋に吊って飾りたいと思い続けてきたのですが、このドレープのない布をカーテンに使うというのが僕の考える布を飾るに一番マッチしているように思います。ドレープがないのでカーテンらしくなく、大きな布を部屋に飾っているみたいで、本当に素晴らしい雰囲気になります。取り付けも簡単、替えるのも簡単、そして洗濯して脱水したら、そのままカーテンレールに取り付けるだけで綺麗に真直ぐ乾いてくれます。アイロン不要。これは無敵といえます。ちょっと興奮の瞬間でした。ようやくスコープ布企画に明るい希望の灯りが見えてきたように思います。(シャチョウ)

2023年11月21日
手ぬぐいを別の向きで入れてみる

お問い合わせがあり、僕自身も試してみたくなりましたので手ぬぐいの匣に違う方向で手ぬぐいを収めてみました。僕は手ぬぐいを積み重ねていって、一番上の手ぬぐいの柄が綺麗に見えていることが重要だと思っているので、こう入れたことはなかった(多分)のですけれど、全ての手ぬぐいの側面が見えれば選び易くなるのは便利です。手ぬぐいの匣は、深さと奥行きの内寸がほぼ同じだから、どちらの向きでも手ぬぐいを収めることができます。ただ、この写真みたいな収め方をした場合、出し入れを考えると13枚が限界です。それ以上詰め込むと出し入れが難しいです。10~12枚ぐらいが使い易いと思います。(シャチョウ)

2023年11月21日
クリスマスの準備

毎年この時期にピパルカック(ジンジャーブレッド)を焼くのは、かれこれ10年近く続けている恒例行事。シナモン、カルダモン、ジンジャーが入った生地を焼き上げると部屋の中が一気にクリスマスの香りになるので、私はこれをクリスマスの準備の一番最初に持ってきています。型抜きの作業も楽しいけど一番好きなのはやっぱりデコレーションです。今年は、アラザンや色付のアイシングなんかも準備して派手派手ピパルカックにしてみました。こういう時に役立つのが小皿や小さいボウル。何でも良いと言えばいいんだけど、気に入ったものを使えば気分も更にアゲ↑フィンランドの料理番組でイッタラやアラビアの食器が調理皿として普通に登場するシーンを見て以来、食事の時以外もガンガン使っています。(スコープ 松尾)

2023年11月20日
うどん鉢と水餃子

餃子と言えば焼餃子ばかり、水餃子を家で食べることは滅多にありません。何故かと言えば食べる時に滑るから食べにくいし、タレにつけようとした時にボチャンと落ちてタレが飛んで汚れるのも凄くイヤなのです。そんな水餃子に明るい未来が訪れた!と思った瞬間がこの写真、水餃子とうどん鉢小の出会いです。一人分の水餃子とタレをうどん鉢へ。手に持てるから凄く食べ易いし、多少ボチャンしても深さがあるので周りは汚れにくいし、なにより水餃子を盛り付けた雰囲気が素晴らしい!凄く美味しそうに見えるんです。よく考えれば焼餃子より水餃子の方が調理は楽だし、キッチンも汚れないからイイことが多い。急に水餃子のブーム到来、2023年の冬です。加えて、うどん鉢小と湯豆腐の写真もどうぞ。いい雰囲気ってだけの報告、それだけ。上に乗ってるのは明太子です。(シャチョウ)

2023年11月10日
《恋のてっぽうだま》が復活してる!

チョコレートを自分で買うこともなく、そんなチョコレートの甘い思い出なんて何一つないんだけれど、ひとつ大好物があります。東京出張の度に通っている銀座のバーで出てきたのが出会いでして、それがとっても美味しかったんです。聞けば、『恋のてっぽうだま』という名古屋発祥サティーのチョコレートでした。その弾丸形のチョコレートは見事に僕の大きなハートを撃ち抜いてしまったのです。でも、2020年3月に生産終了となり長らく買えなかったのですが、ブログで復活キボンヌ!とメッセージをぼんやり伝え続けてきましたら(僕の発信はまったく関係なく、何も影響していないのですけれども)2023年7月に見事復活!販売再開され、今はネットでも購入できるようになりました。これで誰でもどこでも恋のてっぽうだまに撃ち抜いて貰えますよ。バーが出合いでもあるので、僕はお酒のお伴にどうぞって思ってます。「恋のてっぽうだま」は楽天でも買えます。(シャチョウ)

2023年11月8日
東屋6アイテムの現状と今後を解説

東屋の木製6アイテム、これまでの製造先では生産できなくなってしまったようです。現在、別会社での再生産を進めているそうですが、各々アイテムにより状況が異なりますし、対象アイテムがスコープ的生活の中心にある物を多く含みますので、現状と今後について現段階でわかる範囲の情報をアイテムごとにまとめておきます。以下ご参照くださいませ。m(_ _)m

バターケース

再生産の目途は全く立っていないので在庫限りで販売終了となる可能性が高いです。ただ、最終在庫は全てスコープで仕入れましたから、当面は販売を継続できます。個別販売なので一気に全在庫を販売することはできませんから、販売準備が整い次第、順次アップしていくことになります。販売終了が近づきましたらトップページのインフォメーションやメルマガでアナウンスするようにしますが、狙っている人は早めに入手しておいてください。現在庫が終了しましたら一旦は販売終了とします。

折敷

新たな生産先も見つかり、再生産計画は順調に進んでいるようなので、2024年中には再入荷できる可能性が高いです。ただ、そもそも材料が高騰していることもあり、2023年10月現在の価格で販売することは不可能、それなりに価格は上がると聞いています。現価格の入荷分は全数個別追加済です。完売が近づきましたらトップページのインフォやメルマガでアナウンスするようにしますが、終わりがけのオーダー集中は毎度激しくなりますから少しお早めに。

TANKER1

再生産の予定は立っていないそうです。次回生産は完全に未定、スコープにある在庫は全てアップ完了していますから、現在販売している個体が完売しましたら一旦は販売終了となります。

箸箱

新たな生産先も見つかり、再生産計画は順調に進んでいるようです。ただ、スコープにも東屋にも十分に在庫はありますので箸箱の仲間のような箱、カトラリー箱、ソムリエナイフ箱といった新製品を追加することを優先し、追々箸箱も再生産するという流れになります。ですから箸箱は問題なく販売が続きます。しかしながら、再生産時はかなり価格が上がるそうなので、今の少しお手頃にすら感じてしまう価格で買えるうちに買っておいた方が絶対にイイ!と僕は思います。

衣桁 楢

衣桁 檜(ひのき)ではなく、衣桁 楢(なら)だけ生産先が変わります。こちらも新たな生産先は既に見つかり、再生産計画も順調に進んでいるそうです。ただ、価格はかなり跳ね上りそうなので、現在の価格で買いたい方はスコープの在庫が尽きる前にどうぞ。既に入荷予定数は全て入荷していますので、販売終了しましたら新しい生産先による衣桁 楢の入荷待ちとなります。高価な物でもあるのでそこまで在庫が沢山あるわけじゃないです。

木箸 黒檀〈販売終了〉

スコープの生活において非常に重要なアイテムとなっているので、優先して再生産して欲しいアイテムではありますが、再生産の目途は全く立っていないようです。既に全数入荷し、完売しています。

2023年11月7日
ティーカップでパイシチュー

寸胴型で大きめサイズ、取っ手がついているのも便利で、スープに使うことも多いティーカップ。オーブン調理もOKですから、アツアツのスープを作るのもいいな~なんて考えていたら、パイシチューのレシピを発見。生まれて初めてパイシートを購入し、チャレンジしてみました。色々と調べていくとパイが膨らまないこともあるそうで、うまくできるか心配でしたが、中身のシチューを常温まで冷ますこと、パイシートは直前までしっかり冷やして使うこと、オーブンを予熱すること、この3つを守ったらちゃんと膨らみ一安心。途中でオーブン窓からのぞいたら、びっくりするくらい膨らんでいて、爆発するんじゃないかと逆にヒヤヒヤしちゃいました。無事焼き上がったパイシチュー、メインプレートと共に並ぶとテーブルがぐっと華やかに。サクサクのパイにスプーンを入れる瞬間はやはり盛り上がります。パイに対する苦手意識もなくなり、意外と簡単にできることが解ったので、中のシチューを変えたりして、この冬は繰り返し作ってみたいと思います。今回ティーカップの受け皿にはティーマプレート15cmホワイトを使いました。最初はルノのプレート16.5cmを組み合わせたのですが、紅茶のイメージが強いので、料理に合った雰囲気を出したくてティーマを組み合わせてみたらしっくりきました。コンパクト加減もちょうど良かったですし、熱い器をテーブルに直接置くことにもならないし、食べる時にも食べ易かった。かっちりしたテーブルに、ティーカップスープを配置する時にも応用できそうです。またオーブンで使用する際は、アラビアシールを外すこともお忘れなく~。(スコープ成戸)

2023年11月5日
高山なおみの料理

20年前に手に取り、それ以来ずっとこの中の料理を作り続けている『高山なおみの料理』。こんなおしゃれな料理本があるんだ!初めて手に取った時の驚きと興奮は今でもしっかり覚えています。その頃はまだ、あまり馴染みのなかったパクチーを使ったアジア系の料理、チーズを使った料理、粉をねって作る料理、どれも新鮮で、美味しくて、料理を作ることへの興味がわいたのもこの本がきっかけ。のちに、この本のアートディレクション・デザインを手がけたのが、立花文穂さんだったと知った時は驚きました。そして今では立花さんと一緒にお仕事させていただき、一緒に飲みに行き、色んなお話を聞かせてもらえる、嬉しいキセキが起きています。今日は昼から一杯やりたくてずっと作り続けている、この本の特にお気に入りレシピ「えびの春巻き」をつくりました。高山さんが別に紹介していた「鶏ひき肉の春巻き」も加え2種類を立花さんの木瓜角皿雪に。スイートチリソースは立花さんの猪口上ゲ高台に。好きな料理を好きな器に盛る、知らない間に好きなことが仕事になっていて、今の私ができている。不思議なものです。この本から教わったことは思っている以上に大きそうダ、そんなことを考える週末飲みです。(スコープ成戸)

2023年11月3日
せかほし本日深夜再放送!

世界はほしいモノにあふれてる5周年記念アンコール「みんなの推し旅」6本の1つスタッフ推し枠に ”お気に入りをGET!北欧食器 フィンランド ” つまり僕の回が選ばれまして本日深夜に再放送されます。11月4日(土) 午前2:14~午前2:40どうか見てくださいませ。m(_ _)m また本日11月3日からせかほし5周年記念イベントとしてせかほしの番組セットが東京・丸ビルのイベントスペースに出張するイベントも開催中です。詳しくは「せかほしミュージアム」で検索してみてください。スコープのアイテムも展示されているはず!鳥たちもいるはず!そして、せかほし明日はイベント会場から生放送!祝5周年!とっておきの旅SP11月4日(土)午後3時55分~4時20分およそ120本の放送からJUJUさん、鈴木亮平さんの「とっておきの旅」が発表されなんと生放送直後にその回を2本連続で再放送するそうですから楽しみですねー。でも、僕の回はその13時間41分前に放送されたばかりだから、続けて再放送されるはない!ないよねー。つまり選ばれる可能性が限りなく透明に近く、ほぼ無いような気もしないでもないんだけど、億が一にかけて見ます。いや見よう!見届けよう。(シャチョウ)

2023年10月24日
ジャーニーはハロウィンマグ

ハロウィン間近だから、世界はハロウィンなモノにあふれてる。そして、2023年10月25日発売のフィンエアー100周年記念のスぺシャルなムーミンマグJourneyを眺めていたら、その独特な配色からハロウィンマグのように見え始めたので、ムーミンマグJourneyのハロウィン化にトライしてみました。それなりに雰囲気でてるような気もするのですが、あまり経験ないことだからどーなんだろ。使ったお菓子は「フクレ / おばけのフロランタン」&「31アイスクリーム / 魔女のトリック」、別にこれでなくてもハロウィンのお菓子と併せれば大体マッチするんじゃないのだろうか。ムーミンのハロウィンマグとして毎年この時期に使うのイイかもです。このマグ、見る角度で絵の雰囲気が全然違ってくるのですが、今の僕にはどの角度もハロウィンっぽく見えてしまっています。(シャチョウ)

2023年10月7日
ムーミンマグ&ソーサー

古いカタログにティーママグプレート15cmを組み合わせ、マグ&ソーサーとして使っている写真を見たことがあり、それから僕はマグ&ソーサーあり!判定なのです。むしろ積極的に取り入れていこう!と思っているぐらい。で、2023年ムーミン冬マグは、その使い方がとてもよく似合うのです。ティーマプレート15cmのホワイトとパウダーを合わせれば、見る角度によりホワイトばかりに見えたりパウダーのようなピンクばかりに見えたりするのが面白い!一個のマグで2度美味しい感あります。サイズ感もコメダ珈琲のたっぷりみたいでよかった。手持ちにあれば是非やってみてください。お気に入りのマグコレクションが更に活躍するようになると思いますから。マグ&ソーサー万歳。(シャチョウ)

2023年10月3日
リフター2本使い

ティータイムの時に激愛用中のケーキリフター。最近、ケーキを2つ焼く機会が何度かあり、その度にもう1本あったらなあと思っていたので、遂に2本目を買ってしまいました。周りのスタッフからはあまり共感を得られなかったけれど、フィンランドではケーキが複数個出てくることもよくあるし、ケーキリフター2本持ちは案外珍しい事ではないんじゃ?と思い、フィンランドの友人に聞いてみたら、「確かに持ってる人もいるかも。そういえば私も2本持ってるし、母は3本持ってた。」という回答。なんと3本持ちの人もいるようです。もちろん3本持ちの人なんてそうそういるわけではないと思いますが、今まで自分が撮った写真を見返してみたらリフター所持率はやっぱり高い。家族が多い人でも一人暮らしでも、ケーキの横にはケーキリフターが添えてあります。でも、そのことについて尋ねると、確かにそんな気がする、という返事が返ってくることが多いです。きっとケーキリフターはフィンランド人にとって特別な物でもなんでもなくて、日本でいう菜箸的な存在なんじゃないかなと思っています。(スコープ 松尾)

2023年10月1日
パラティッシに似合うチョコ

久々にデパ地下パトロールしていたら、パラティッシパープルにぴったりなチョコレートを発見。早速確保し、のせてみましたの図。ヴィタメールで見つけたチョコレート3種はうっすらパープルがかったパンジーのようなミルティーユ、赤いツブツブのフランボワーズ、確か黒い実もあったよな、と選んだトリュフ・フォンダン。実際の柄と答え合わせしてみると、赤いツブツブはなかった。なんだか勝手に想像が膨らんでしまっていたようですがなんとなくはまっていると思う。どうでしょう。三つとも美味しかったけど、個人的ベストはミルティーユ。ブルーベリーとミルクチョコの甘〜いハーモニーが至福でした。いつも決まったお店で決まったものばかりを買ってしまいがちですが、たまには少し、その周りにも目を向けてみると、新しい発見があって楽しいですね。これだからデパ地下チェックはやめられない。(スコープ成戸)

2023年9月28日
ピッチャー0.4Lにチョコレートソース

バニラアイスにチョコレートソースとナッツをかけて食べることにハマっていたこの夏。何か他にも良いトッピングはないかしらと調べていたら「簡単なJäätelöbaariでパーティーを盛り上げよう」という気になる記事を見つけました。どうやら、色々なトッピングを用意してアイスクリームを好きにデコレーションし食べることを Jäätelöbaari(ヤーテロ=アイスクリーム、バーリ=バー)と言うらしい。マシュマロやポップコーン、クッキー、トッピング用の砂糖菓子などアイスクリームに合いそうなものを買ってきて、ウルティマツーレやティーマの小さな器に。パラティッシのピッチャー0.4Lには生クリームと牛乳を温め板チョコを溶かして作ったソースを入れました。ティーマのシリアルボウルにたっぷりのアイスクリームを盛り付け、温かいチョコレートソースをかけて食べるのは、スンヌンタイピッチャー0.4Lの動画でマイスオミハンナさんがやっていたのを真似てみました。自分的にヒットしたのが、マシュマロ&ポップコーン&チョコレートソースの組合せ。ポップコーンの塩気がアイスとかなりマッチするというのが今回の新発見です。(スコープ 松尾)

2023年9月27日
ハミールチーズバーガー

この夏、ヘルシンキ市内に点在するトラム停留所で目にした「HALLOUMI」と書かれたヘスバーガーの看板。HALLOUMI?ハロウミ?とは?と思っていたら、キプロス生まれのハルーミというチーズらしい。滞在中、本当にあちこちで何度もこのハルーミチーズバーガーの看板を見かけるので段々と気になってきて、結局食べに行ってみることにしました。タッチパネルで注文し、出てきたハンバーガーは写真で見るより随分と厚みがなかったけど、ハルーミチーズの塩気とむぎゅっとした食感が癖になる感じ。ハンバーガー用のバンズに塩抜きして焼いたハルーミチーズ、トマト、レタス、玉ねぎのマリネ、パプリカマヨネーズのソースを挟むのがヘスバーガーオリジナルのようですが、検索していて見つけた鶏ひき肉のパティ&ヨーグルトソース追加が美味しそうだったので、少々アレンジ。以前ハンバーガーを作った時にティーマ17cmプレートに盛り付けたら、ポテトが溢れそうになってしまったので、その経験を活かし今回は23cmをチョイス。ばっちりすべてを受け止めてくれました。そしてヘスバーガーのメニューを改めて見ていて気になり、作ってみたフライドポテトにつける用のチリマヨネーズは、ツンドラのタンブラー160mlに。チリマヨネーズ、思った以上に美味しくて現地で挑戦しなかった事を悔やむレベル。マヨネーズとスウィートチリソースを混ぜるだけなので、是非お試しあれ。(スコープ 松尾)

2023年9月24日
ジャー蓋付サイズ比較

アラビア150周年にて発売されましたParatiisiジャー0.43L、これがSunnuntaiジャー0.25LRunoジャー0.25Lとどれぐらいサイズが違うのか?という質問が多いので、具体的に検証してみました。まず上の写真は見た目の比較です。見た目に一回り大きく、そこまで強烈に大きさの違いがあるわけではありません。また商品名の数値は満水容量ですから、実際に使うことを考えたマックスを計測しました。Paratiisiジャー0.43Lは330ml、Sunnuntaiジャー0.25Lは220ml、これぐらいまでが現実的です。で、この容量に近い食器を探してみるとTeemaシリアルボウルTeemaマグが近かったです。シリアルボウルに水330ml、マグに220mlを注いでみた写真がコチラです。この写真を見るとイメージし易いと思うのですが、容量差からくる用途の違いは結構あると思うんです。小さい方の0.25Lは、ジャム・砂糖・オリーブ・チョコ・ソース・ディップ等を入れるには良いのですが料理となると少し小さい。でも、大きい方の0.43Lはシリアルボウル的な容量ですから、料理用の保存容器として活用することもできます。以上、週末の実験レポートでした。サイズ感はつかめましたか?(シャチョウ)


1 / 9