• カート
SIDE BY SIDE (サイド バイ サイド) /  Ironing Board Au Pair SIDE BY SIDE (サイド バイ サイド) /  Ironing Board Au Pair

SIDE BY SIDE / Ironing Board Au Pair

立ってアイロンをかける
これはナカナカいい事が多い

スコープで人気の物干し台 Clothes Dryer MamaやPapaと同じ、ドイツのブランドSIDE BY SIDEのアイロン台です。このアイロン台が素晴らしいと思うところは大きく3つあります。1つは当然なのですが、立ってアイロンがけできる点です。立ってアイロンがけするというのは予想以上に便利です。座ってアイロンがけするのと違い、袖や裾が床につく事もそうそうないので余計な皺もできず、綺麗に仕上がります。高さがあることで効率よく綺麗にアイロンがけできるわけです。加えてこれだけ面積がありますとテーブルクロスのような大きな布のアイロンがけも可能です。アイロン台が小さかったり低かったりしますと、テーブルクロスにアイロンをかけようという気持ちにはナカナカなれません。そうしますと生活の楽しみを1つ諦めるといいますか、切り捨てなければいけない。それはどうにも勿体ない。テーブルクロスのような大きな面積を占める物は、それ1枚で部屋の雰囲気を大きく変えてくれます。このアイロン台があれば、テーブルクロスともうまく付き合うことができるというわけです。高さも13cm~90cm程度まで無段階に調整できますから、誰もが使い易い高さに調整できます。コンパクトさとは縁遠いアイロン台ではありますが、一度手にしてしまうと無くては困る大道具のひとつになる方が多いのです。勿論、スコープ的生活では手放せないアイテムの一つとなっています。

SIDE BY SIDE (サイド バイ サイド) /  Ironing Board Au Pair

悪くない生活感

2つ目の魅力は雰囲気がいい!というボンヤリした点なのですが、これが実はかなり大きいです。無塗装のアッシュ無垢材が使われていまして、素朴でよい雰囲気であることは長く愛用していると沁みてくる大きなポイントです。よい材料が使われている、素朴な道具というのは沢山あるようでナカナカないもの、最近は特に少ないんじゃないでしょうか。そして、これだけ大きな物ですから、どこかに立てかけたままになっていたり、出しっぱなしで置いてあったりしても、そこまでイヤな生活感が出ないというのが素晴らしい。生活の道具類が部屋のあちこちに置いてある、出ているのは当然のことなのですから、その雰囲気が悪くない、悪くない生活感というのはいいものです。これは安くて便利な物がドンドン増えていき、それをうまく収納して隠してしまうという方向とは真逆だと思います。雰囲気も含めてよい物だけを厳選して生活に取り入れていくのですから。その方が長い目でみて無駄もないですし、廃棄する物も減るでしょうし、そのまま使っていたら雰囲気が良くなっていくのだからイイ事ばかりだと思います。ただ少し便利ではないかもしれません。自分なりによい物を選ぼうと決めてしまえば、それが部屋に積もっていきましたら、段々とイマイチな物は悪目立ちしますから隠すようになり、選ばなくなり使わなくなり、気づけば自分なりの悪くない生活感を醸す物物ばかりになっていくはずです。そうして悪くない生活感というのが感じられるようになれば、それは一つのいい形なんじゃないでしょうか。ただ、自分がそう感じればよいだけのゴールだから気楽で気軽です。

SIDE BY SIDE (サイド バイ サイド) /  Ironing Board Au Pair

僕は部屋干しばかり
布団を干すにはアイロン台

たまに大き過ぎるという感想をいただきます。でも、逆にこれがないと困ってしまうという人も多くいらっしゃいます。そして僕自身、これが無ければ困ってしまう人の1人です。このアイロン台は、この大きさだからいいのです。3つ目の魅力はこの大きさ故の用途の広さです。独特な大きさと雰囲気の良さが掛け合わさり、生活のなかでアイロンがけするだけでなく、洗濯物を取り込みバサッと置く場所にしたり、服を畳んでとりあえず置く場所にしたり、布団を部屋干しする台として本当に日々活躍してくれます。ただ、家の外に布団を干し、服を干すことができる方には、このアイロン台や物干し台のMamaは大きすぎると思うのかもしれないのですが、家の中にしか衣類を干せない、布団を干せない人にとっては、この大きさだから故の用途が見つかり易く、必須アイテムとなるのだと思います。これぐらいのサイズがなければ、何ともならないですから。この大きなアイロン台、全ての人にマッチしているわけじゃないので、これを取り入れる際はよくよく考えて貰った方いいと思います。

SIDE BY SIDE (サイド バイ サイド) /  Ironing Board Au Pair

快適に使うためのコツ

折り畳み式のアイロン台というと軽量化に意識が向くように思うのですが、このSIDE BY SIDEのアイロン台は、脚だけでなく天板にも木材が使われているので重量感はそれなりにあります。その重さのおかげでアイロンを走らせる天板部分は、端から端まで安定感があるのは素晴らしいです。とはいえ、この大きな天板を支える脚にはそこそこ負担がかかることになります。ご使用の際は、高さ調整をした後に、脚をしっかりと広げ、四つの脚先(ビニールチューブ)がぴったり床にくっつくよう位置を微調整して、脚がしっかりと固定された状態で使用することが快適活用一番のポイントです。二つのX脚の間隔は狭いので、構造的に前後の揺れに弱く、アイロン掛けをする際にも天板が多少前後します。また脚と床との間に僅かでも隙間があれば、上から重みがかかった時にビニールチューブと床との摩擦でギシギシと音を立ててしまいます。けれど、しっかりと脚先が床を捉えていると、前後の揺れもギシギシといった音も最小限に抑える事ができるので、ご使用前には、脚位置の調整をしていただけると、ストレスなくお使いいただけると思います。

  • 昇降レバー
  • 裏面
  • 脚のクロス部分
  • 保護材
  • 天板
SIDE BY SIDE (サイド バイ サイド)
Factor Product
ヴェンデルシュタイン工房
SIDE BY SIDE (サイド バイ サイド) /  Ironing Board Au Pair

商品スペック

材質 アッシュ無垢材 (無加工)
寸法 使用状態:W1347×D425×H130×925mm(天板無段階昇降可) / 約7.3kg
折り畳んだ状態(収納時):W1575×D425×H130mm
生産 Made in Germany
備考 佐川急便での配送となります。
アイロンボード本体に替えカバー1枚付属
  組み立て不要 完成品

購入前に確認ください

SIDE BY SIDE Ironing Board Au Pair

  • ¥34,100(税込)
  • 替えカバー
  • 替えカバー¥1,320(税込)
  • 次回 入荷未定