• カート
SIDE BY SIDE (サイド バイ サイド) /  Shoe Rack

Lady Long

SIDE BY SIDE / Shoe Rack

下駄箱はあるのに
シューラックが必要な性分

最近は下駄箱が備え付けられている物件が多いから、引越先にて下駄箱が新たに必要になるということはないだろうし、既にあるんだから下駄箱を買おうということにもならない。僕自身、チョイチョイ近場で引っ越しを繰り返しているのだけれど、やはりどこにでも下駄箱はある。だから、SIDE BY SIDEのシューラックなんてのは、本来であれば必要ないのです。必要ないのですが、僕のようなタイプは必要になってしまいます。靴を履く、いくつかの靴を普段から履きます。それらを履いたら下駄箱へ仕舞うという事がどうにもできない性分なのです。面倒だからできないというより、脱いだばかりの靴をすぐに密閉された下駄箱に入れたくないというのが僕の感覚としてあるのです。当分は履かない靴であったとしても、ある程度は玄関に置いておき、乾燥させるといいますか、風を通してサッパリさせてから箱にしまい下駄箱へ納めたい。そんな流れで仕舞いたいのです。そうしないと下駄箱の中に臭いや湿気が籠ってしまいそうで気分すらモヤモヤしてきます。非常に面倒な性分なのですが、こればかりは仕方がない。それで結局はSIDE BY SIDEのシューラックが必要となります。これがあれば靴も僕の気分も非常にサッパリするのです。使ってすぐに食器棚に仕舞うのではなく、数日は風通しの良い場所で乾燥させてから仕舞う、伊賀焼との付き合いに近いです。Gastonか?Lady Longか?それば靴の量というより場所によると思います。だって玄関は狭い。更に形状も案外複雑だったりします。スペースがあれば大は小を兼ねるでGastonで良いと思うのだけれど、なかなか幅72cmのシューラックを置くスペースはない。場所に困ればLady Longにて。これであれば幅30cm、奥行きは壁から最小25cmに収まるので占有面積はA4サイズに近い省スペースで置くことができます、これなら置けるという人も多いのではないでしょうか?とはいえ、即下駄箱に収納することが気にならない、そもそも靴が玄関にいくつも出しっぱなしになっていても気にならないのであれば、これは全く不要な物です。

SIDE BY SIDE (サイド バイ サイド) /  Shoe Rack

Gaston

収納できる靴の数

背の低い「Gaston」はカタログ上、男性用の靴なら9足、女性用で12足、子供用で16足収納可能とあります。家族で使うとなれば、これが確実にごちゃまぜになります。4人家族の普段履き(秋冬物)が収まっている日常的な姿は写真の通りです。1台で一人2・3足、プラスαの普段履きが置けます。ザックリ平均したら12足って感じでしょうか。棚に載りきらなかった靴や突っ掛け的に使っている靴は棚の一番下に直置きしていますが、そこもなんだか整理整頓されている領域のように見えるのもシューラックの良い点です。「Lady Long」の場合はマックス7足、直置きいれて8足です。これでもナカナカの収納量です。一人暮らし、二人暮らしであればLady Longで十分だと思います。

SIDE BY SIDE (サイド バイ サイド) /  Shoe Rack

Gaston

晴れた日はそのまま運んで天日干し

SIDE BY SIDEのシューラックを使い続けて便利だと感じてるのが靴を収納したまま外へ運んで天日干しできるということです。壁に立てかけるだけのシンプルな構造ですし、ラック自体も軽量ですから、余程重い靴をミッチリ置かない限り、女性でも持ち上げて移動できます。玄関にある靴が全てシューラックに納まっていれば、それら全てを一度に移動できるのだから、玄関掃除もずいぶん楽になるでしょう。天気のいい週末は、玄関の外にシューラックを持ち出し、A2careを噴霧して天日干し。そのついでに玄関掃除。一気にスッキリするからホント気分よいです。

SIDE BY SIDE (サイド バイ サイド) /  Shoe Rack

Lady Long

スリッパ用にも
その他収納にも

靴を置けるのですからスリッパだって置けますのは当然です。スリッパラックに良いのでは?と閃いた人がいらっしゃいましたら是非どうぞ。初代スコープアパートメントでは写真の通り、玄関にLady Longを置いてスリッパラックとして使っていました。まだまだこれからなのですが、このシューラック、つまりはアッシュ材を使った無塗装の棚ということになりますから、もっと新しい収納としての使い道があるんじゃないか?とそんなことを考え出しています。それは例えばお風呂場近くのタオル置きのようにして使うだとか、そういったことです。まだ具体的に試してみたわけではないのですが、タイミングを見て試してみたいことの1つですから、そのうちにでも。

SIDE BY SIDE (サイド バイ サイド) /  Shoe Rack

靴べら

靴べらのオマケ付き

シューラックにはどちらのサイズにも靴べらが付属しています。ヘアライン仕上げのアルミに革紐、極シンプルだから下駄箱の上にポンと置いておく、S字フックで引っ掛けておくなりすれば、とても便利に使えます。小さいから邪魔にもならないです。地味なアイテムながら使ってみたらなかなかに使いやすく、普段から持ち歩くまでになってしまいましたので、単品販売まで開始してしまいました。リュックのポケットにはいつもシューラックのオマケ靴ベラを入れて持ち歩いています。

SIDE BY SIDE (サイド バイ サイド)
Christian Hoisl
Anneke Bieger
ヴェンデルシュタイン工房

Q&Aのログ

Shoe Rackは無垢材ですが、オイルを塗った方がよいですか?

Shoe Rack Gaston / Lady Longは無塗装のまま使って頂いて全く問題ありません。実際に、そのまま使ってる人は多いですし、段々と日に焼けて色も濃くなっていきますから良い雰囲気に育ちます。ただ、無塗装ですから汚れはつき易いです。できる限り綺麗な状態を保ちたい、汚れないように使いたいとお思いでしたら家具用のオイルを塗るとよいです。そして定期的にオイルを塗りメンテナンスを行ってください。ラッカーやウレタン塗装とは違いますから、汚れが付かないという訳ではないのですが、それなりに保護はされます。実際オイルフィニッシュされたお客様からは、≪シューラックが使い勝手がいいのは言わずもがななのですが、今後買われる方、リボス自然塗料 カルデット クリア 50mlも同時購入お勧めします!≫との事ですので。ただ、オイルを塗ることによって材の色が変わりますので、見た目も変化します。その色目の好みというのもありますから、全体に塗る前に目立たない場所に少しだけ塗って試してみると良いでしょう。ちなみにオイルフィニッシュは最初にしないといけないなんてルールもありません。無塗装のまま使い、どうしても汚れが気になるようになったらオイルフィニッシュするという、途中での選択もありです。その場合はペーパーを軽くかけて汚れを落とし、その後にオイルフィニッシュをするとよいです。ペーパーで取り除けない汚れもオイルフィニッシュする事で色は濃くなりますから目立たなくはなります。

商品スペック

材質 本体:アッシュ無垢材(無加工)
靴べら:アルミ+革
寸法 Gaston:W720×D220(壁からD250)×H660mm / 約2.1kg(サイズ詳細)
Lady Long:W300×D230(壁からD250)×H1160mm / 約2.7kg(サイズ詳細)
靴べら:W42×T14×L157mm
生産 本体:Made in Germany
靴べら:Made in China
  組み立て必要 5~15分
組み立て式ですが、作業は簡単。アルファベットのスタンプのある面と文字の上下をあわせて組んでいくと自然に組み上がります。これを付属の六角レンチとネジで固定します。棚と脚は相欠接ぎの構造なのでしっかりした作りです。

SIDE BY SIDE Shoe Rack

  • Gastonゴム
  • Gaston¥29,700(税込)
  • あと 1個

  • Lady Longゴム
  • Lady Long¥33,000(税込)
  • 2021年入荷予定