• カート
KAY BOJESEN Cutlery (カイ・ボイスン カトラリー) /  カトラリー

KAY BOJESEN Cutlery / カトラリー

日本で作られる品質と価格の
バランスがとれたカトラリー

デンマーク王室、各国デンマーク大使館で使われているカイ・ボイスンのカトラリー。その名も《グランプリ》は、日本でもよく知られた北欧デザインのカトラリーだ。1938年にデザインされ、1951年にミラノトリエンナーレでグランプリを受賞。それ以来、グランプリの名前で呼ばれている。ヤコブセンのグランプリチェアが1957年にミラノトリエンナーレでグランプリを受賞、その名となったのは有名な話だが、カイ・ボイスンのカトラリーの方がグランプリ名的には先輩にあたり、グランプリ兄。兄は匙。ちなみにどちらもデンマーク。日本でも広く認知され、支持されているカトラリーだと思うのだけれど、その理由は、使い易さ、デザイン、そして多岐に渡る用途に合わせたバリエーション、加えて、価格の手頃感という所が大きい。やはり、どんな優れたデザインでも品質と価格のバランスを欠いてしまっては多くの人が日々使う道具とはなりにくい。このカイ・ボイスンのカトラリーはスコープも信頼する新潟燕三条のメーカー大泉物産で製造されているから品質も安心だ。スコープ好みのポリッシュも追加され、カイ・ボイスンのカトラリーは魅力を増し、正にいう事なし、だ!

KAY BOJESEN Cutlery (カイ・ボイスン カトラリー) /  カトラリー

用途に分けた多数のアイテム
ついつい使ってしまうのは?

日本国内でも洒落た店で使っているのをよく見かけるし、著名な料理研究家の愛用品と紹介される事も多い。ディナーは使って納得、使い易い。西洋人のデザインしたカトラリーは日本人には少々サイズが大きく感じる。特にスプーン。だけれど、このカトラリーは先が細い形をしているので、他と比べ案外その大きさが気にならない。要は使い良い。結構気になってしまう、スプーン大きさ問題が軽減されていて、スコープ女性陣にも好評だ。また、用途に合わせ、様々なバリエーションが準備されている。日本では使いそうにない一部アイテムについてはスコープでの取扱いは当面行わないけれど、それでも12種類ある。中でも特に気に入って使ってるのはコレ。

コーヒースプーン

サイズが小さい。このサイズと手軽感は他になかなかない。ちょっとしたソースやディップ、小さな前菜を食べるのに添える。案外この使い方が冴えわたって多用中。あと小さく厚みもないから、小さなグラスに立てられるのもいい。いくつあってもいい。

ジャムスプーン


コーヒースプーンで代用しようと思えばできるけれど、ジャムにはこれを使いたい。頭が大きくて何とも愛らしい見た目が一番の魅力で、なんか使いたくなってしまう。そしてジャムを塗りやすい。コーヒースプーンのように何本もいらないが1本あると便利なアイテム。持ってた方がいい。

レードル

この小さ目サイズのレードルっていうのはあるようでない。一般的なレードルはキッチンで使う事を前提にした物が多くサイズも大きい。これは卓上で使うために作られているから別物。テーブルでも役立つけれど、調理の時にも役立ちます。一つあると便利。

スタッフから聞いた話
部分ピアノ、他はカイ。

そのスタッフの憧れのカトラリーはイッタラのPiano Workshop98だった。でもなかなか高くて揃えるには至らない。それで選んだのがカイ・ボイスンのカトラリー。でも、コーヒースプーンだけはPianoで揃えティータイムだけ独立させて優雅にした。凄くイイアイデアだ。一緒に使う事のない一部のアイテムを抜き取って理想化する。でも、カイ・ボイスンのポリッシュもいいんじゃないの?これならPianoじゃなくてもいいと思うんだけど。でも、スタッフが買ったのはマット仕上げのカイ・ボイスン。理由は当時、ポリッシュは未発売だったから。それなら仕方ない。でも、今はある。これから揃える人には良いラインナップ。もともとシルバーで作られていたカトラリーだからポリッシュは映える。

KAY BOJESEN Cutlery (カイ・ボイスン カトラリー) /  カトラリー

コーヒースプーン

2021年7月28日
ハーゲンダッツ専用

シャチョウが特に気に入っているアイテムとして、コーヒースプーン、ジャムスプーン、レードルの3本を紹介しているのですが、実は私も、カイ・ボイスン総選挙があれば推したいと思う一本がコーヒースプーンです。まず、スプーンとしてはあまり見かけない小さなサイズ、これがとても愛らしく、見た目だけでやられました。コーヒースプーンなのにコーヒーに合わせたことはまだ一度もありませんが、ハーゲンダッツを食する時に必ずこれを使うので、うちでは「ハーゲンダッツのアレ取って」で通用するほど専用化しています。大きなスプーンで掬うと、勢いよく食べ終わってしまう高級アイスも小さなスプーンなら手数が増えて長く楽しめる的な!?そんなもったいぶった発想から手に取ったコーヒースプーンですが、使ってみたら、カップの大きさとスプーンのバランスが美しくて、当初のセコい発想を忘れてしまうくらいの上品さなのです。華奢に見える細い柄も意外と丈夫で、冷凍庫から出したてのアイスでも、ユリゲラーのように曲がった事はまだ一度もありません。このコーヒースプーン、過去に2本、恐らく排水溝のネットと共にグッバイしてしまいました。涙。小さいので流れてしまいがち、、、三度目が起きないよう、使ったらシンクの中には入れないようによくよく気を付けています。(スコープ酒井)

KAY BOJESEN Cutlery (カイ・ボイスン カトラリー)
Kay Bojesen (カイ・ボイスン)

商品スペック

材質 ステンレス
寸法 コーヒースプーン: 約114×21mm / 約11g
ティースプーン: 約130×26mm / 約22g
ケーキフォーク: 約148×22mm / 約23g
ラテスプーン: 約181×30mm / 約25g
スープスプーン: 約155×47mm / 約33g
ディナースプーン: 約197×42mm / 約59g
ディナーフォーク: 約192×28mm / 約46g
ディナーナイフ: 約200×22mm / 約67g
ジャムスプーン: 約134×38mm / 約24g
ソースレードル: 約186×62mm / 約67g
サービススプーン: 約235×63mm / 約86g
サービスフォーク: 約235×63mm / 約81
生産 Made in Japan

購入前に確認ください

KAY BOJESEN Cutlery カトラリー

  • カトラリー

    コーヒースプーン

  •   カトラリー ポリッシュ ポリッシュ
      カトラリー マット マット
  • ¥968(税込)
  • カトラリー

    ティースプーン

  •   カトラリー ポリッシュ ポリッシュ
      カトラリー マット マット
  • ¥990(税込)
  • カトラリー

    ケーキフォーク

  •   カトラリー ポリッシュ ポリッシュ
      カトラリー マット マット
  • ¥1,100(税込)
  • カトラリー

    ラテスプーン

  •   カトラリー ポリッシュ ポリッシュ
      カトラリー マット マット
  • ¥1,320(税込)
  • カトラリー

    スープスプーン

  •   カトラリー ポリッシュ ポリッシュ
      カトラリー マット マット
  • ¥1,485(税込)
  • カトラリー

    ディナースプーン

  •   カトラリー ポリッシュ ポリッシュ
      カトラリー マット マット
  • ¥1,760(税込)
  • カトラリー

    ディナーフォーク

  •   カトラリー ポリッシュ ポリッシュ
      カトラリー マット マット
  • ¥1,760(税込)
  • カトラリー

    ディナーナイフ

  •   カトラリー ポリッシュ ポリッシュ
      カトラリー マット マット
  • ¥2,090(税込)
  • カトラリー

    ジャムスプーン

  •   カトラリー ポリッシュ ポリッシュ
      カトラリー マット マット
  • ¥1,320(税込)
  • カトラリー

    ソースレードル

  •   カトラリー ポリッシュ ポリッシュ
      カトラリー マット マット
  • ¥3,850(税込)
  • カトラリー

    サービススプーン

  •   カトラリー ポリッシュ ポリッシュ
      カトラリー マット マット
  • ¥3,080(税込)
  • カトラリー

    サービスフォーク

  •   カトラリー ポリッシュ ポリッシュ
      カトラリー マット マット
  • ¥3,080(税込)