現在のご注文は10/5(水)までに出荷します 9/30(金)は9/29(木)13時半までのご注文を出荷予定
PROOF OF GUILD  マスクホルダー
ブラック×真鍮
PROOF OF GUILD  マスクホルダー
ブラック×真鍮

PROOF OF GUILD / マスクホルダー

マスクホルダーは便利
というのは使ってみるとわかる

数年前までは想像していませんでしたが、コロナウイルスが広がり始めてからというもの、外出時にマスクを身に着けることが必須となり、少しずつそんな生活にも慣れてきました。そして色んなところでマスク関連の商品を目にし始めた頃、ある日の打合せでプルーフオブギルドの竹内さんから、良かったら使ってみてください、と手渡されたのがこのマスクホルダーでした。シンプルな黒いコードの端に真鍮製の金具がついていて、プルーフさんらしさがありながら、これがマスクホルダーなの?というさりげなさ。最初は正直、使うかな~なんて思っていました(竹内さんごめんなさい)。ところが、一度使ってみたら、これがとても便利なことに気づきます。マスク装着時のモヤリといえばそれを外した時。うがいする時や食事をする時などに、外したマスクをどこに置くかって問題です。その辺にペッと置くのはなんだか気分がよろしくないし、ハンカチに包んでバッグにというのが難しい時もある。膝の上に置いておいたら、立ち上がった時に落っことして踏んづけていたり、ポケットに入れておいたらぐちゃぐちゃになっていたり。ところがこのマスクホルダーをつけたら、こうした問題は一気に解決し、想像以上に快適だった。マスクホルダーって便利ダネ、とここでやっと気づくわけです。かといって、どんなマスクホルダーでも良いわけではなくこれがよかった。どこがいいといえば大げさでなく上品なところです。真鍮の小さな金具が効いている。コードも細く黒いので悪目立ちせず、どんな格好にも合わせやすくきちんと見える。そして首から垂れている姿もだらしなく見えない(と思っている)。そういった見た目のバランスが絶妙でした。そしていつの間にかこのマスクホルダーはマスクとセットで、私の生活になくてはならない物になりました。小さな金具一つ作り上げるセンスと技術は、ジュエリーデザイナーならでは。使えば使う程だんだんと染みてくるのも、ジュエリーと通じるものがあるようです。

PROOF OF GUILD  マスクホルダー
ブラック×真鍮

シンプルなその仕組み

仕組みはいたってシンプル。両端をマスクの紐にくぐらせて、金具の溝にコードを埋め込むように押し込みます。この時コードを少し伸ばしながらやるとスムーズです。金具の溝にコードがはまれば、そこを動かして長さ調節が可能。そもそも真鍮という素材は抗菌作用があるようなので、こうしたものに使うのは理にかなっているのですが、今回はさらにこの金具をマスクの紐にループ状に取り付けることで、直接肌に触れない様に仕立てた、とのこと。たとえ金属アレルギーが無くても、肌に直接金属が触れるのは結構気を使う部分ですから、こういうところも安心です。黒いコード部分はショックコードと呼ばれる紐で、水や汚れにも強く、アウトドア製品にもよく使われる素材なのだとか。金具にはめ込む部分が多少擦れたり毛羽立ったりすることはありますが、そこまで目立つことはないと思います。使用する際の注意点といえば真鍮部分のお手入れくらいでしょうか。真鍮の金具部分を濡れたまま放置したり、湿気の多い場所に置きっぱなしにしたりすると緑青(錆)が出る場合があるので、柔らかい布で定期的に拭いて手入れします。スコープには、真鍮アイテムが沢山あるので、基本的なお手入れは皆さんご存じかと思いますが、これも同様の考え方でよさそうです。コード部分が汚れた場合も、さっと洗ってすぐ乾かすなど、濡れた状態をなるべく避けるよう心がければ、永く使えるんじゃないかと思います。使用を重ねる度に真鍮部分が少しずつツヤを増していく様子はいい雰囲気です。この変化は普段使っているとあんまり気が付かないのですが、1年程使用したものを新品のものと比べてみたら、その違いがはっきり判りました。

PROOF OF GUILD  マスクホルダー
ブラック×真鍮

マスクのカスタマイズ

日々身に着けるマスクですから、つけている間いかにキブンよく、心地良く過ごせるか、というのは追究し甲斐があります。私がマスクホルダーを使いはじめて完成した、個人的にベストと思う組み合わせが、3Dマスク+アロマシール+マスクホルダーの3点セット。3Dマスクは口周りの空間が空いているので呼吸がしやすく、汗をかいたり、冷気でマスク中が水滴だらけになったりしても、メイク崩れが最小限に食い止められる、気がする。あくまで個人的な感想ではありますが。それに加え、マスクにはアロマシール。たまに自分の息を吸い続けていると、急に息苦しさを感じることがあるので、ユーカリの香りでリフレッシュします。スーッとして気持ちいい。3Dマスクはシールが貼り易く剥がれにくいのもいいです。皆さんにもそれぞれのマスク道があると思いますが、自分なりのキブンいいポイントを探しながら、これからもこの時代を生き抜いていきましょう!という覚悟。そしてマスクを外した時のモヤリに共感してくださった方は、マスクホルダーを導入してみてください。特にシンプルなものがお好みの方ならこのマスクホルダーをお薦めします。なかなか調子いいですから。(スコープ成戸)

PROOF OF GUILD  マスクホルダー
ホワイトイエロー×シルバー
PROOF OF GUILD  マスクホルダー
ホワイトイエロー×シルバー

2022年8月4日
ベージュのようなホワイトイエロー

ブラック1色だったマスクホルダーに、爽やかな季節にぴったりの新色が追加されました。落ち着いたブラックも気に入っていますが、明るい色が顔周りに来るとこれまた新鮮。服装に合わせて選べるようになるのも嬉しいです。遠目にはベージュのように見えますが、コード部分をよく見ると白地に黄色いドットが入っていることがわかります。プルーフオブギルドの竹内さんによると、白単色で作ったらなんだかのぺっとした感じになってしまい、どうしたものか試行錯誤の末、同系色の色味を二色使いすることを思いついたのだとか。確かに白ベースに細かな黄色が入ることで立体的な表情が生まれ、角度や光によって見え方が変わるのが面白い。こうした工夫がプルーフオブギルド独特の雰囲気を生むんだな、と感じます。今回、この新色をスコープ用に作ってもらう際、金具部分はシルバーコーティングしてもらいました。真鍮は経年変化を楽しめるのが醍醐味でもありますが、なるべく最初の状態を維持したいという方も多いはず。そんな方にはお手入れなどに特に気を使わなくてもピカピカの状態が続く、こちらの仕様がおすすめです。普段身に着けるアクセサリーが、ゴールドよりシルバーが多いという方もこちらの方がしっくりきそうですね。個人的には金具部分がシルバーになることで、より涼やかな印象になるような気がします。(スコープ成戸)

ブランド
PROOF OF GUILD
デザイン
PROOF OF GUILD

商品スペック

材質
ブラック×真鍮:真鍮、ショックコード(ゴム製)
ホワイトイエロー×シルバー:真鍮(代用ロジウムコーティング)、ショックコード(ゴム製)
寸法
約700mm / 8g
生産
Made in Japan

説明書ダウンロード:マスクホルダー