現在のご注文は2/3(金)までに発送します 1/30(月)は1/25(水)23時までのご注文を発送予定

スコープ別注

ラインナップ
SCOPE (スコープ)  手ぬぐい
兎に角 / 壽 朱

SCOPE / 手ぬぐい 立花文穂

ナニゲに使いながら
ナニゲに飾っている

これまでもチョイチョイ手ぬぐいを作ってきたのですが、なかなか売れてくれないという結果もあって、どうも長続きせず定番化しないまま、ポツンポツンと作っては終わるを繰り返しています。なので、そこまで力をいれる必要もないのかもしれないんだけれど、どうにも手ぬぐいに興味が向いてしまうのは、僕が装飾人間だからなのです。草食男子ではなく装飾男子、いや、装飾オッサンの忘れられないあの娘、その娘の名は手ぬぐい。シンプル、スッキリ、無機質な空間より、何かしらその人の趣味が現れるように飾り付けられた空間が好みです。そして僕は物を見ていても装飾の面白さにばかり目がいってしまうタイプです。そんな装飾人間にとって、手ぬぐいという日用品は、日々使いながらも日々を飾ってくれる物ですから、どうしても気になる物、忘れられない物となります。だから、僕はいつも台所には使う使わないに関わらず好きな手ぬぐいを掛けていますし、それとは別に日々愛用を続けていますから、色々なところに手ぬぐいがあります。サイズ制限があり、シルクスクリーン作品を作るように完成させられる日用品(だから手捺染ばかり)、それもそんな高額な物ではなく手軽で手頃なのですから、装飾人間にとって手ぬぐいを作らないという選択はやはりないのです。手ぬぐいは装飾的日用品界にて最強なり!だから僕は僕なりに、これから黙々と僕が欲しくなっちゃう手ぬぐいを作り続けてみます。台所を飾りたいなら手ぬぐいを掛けたらいいのに。確か、マリーアントワネットもそんなことをいってました、いや、いってない。自然に使って掛けておいたらよく、自然と使って置いておいたらよく、手ぬぐい全体が見えなくたって、使うと飾る、そのはざまにあるからいいんです。ナニゲに使いながら、ナニゲに飾っている、その塩梅が手ぬぐいの魅力なんだと思います。

SCOPE (スコープ)  手ぬぐい
雪 / 森

手ぬぐいをまた作りたい
それは森と雪から始まっている

立花文穂先生デザインの《森》そして《雪》が心底好きです。本当に素晴らしき作品で、この柄を配した物がどうしても欲しくて、スコープの手ぬぐいが始まり、手ぬぐいができると和食器ができる流れを考えたといっても過言ではなく、いや過言どころかそのまんまであります。だから、森と雪に関しては数年かけて壮大なるアイテム展開をしたいと、そう強く思い続けていまして、その始まりとなりますのが起点の手ぬぐいということになります。そしてこの手ぬぐい森と雪には、他とは少し違った深い風合いがありまして、最高の仕上がりと僕は大満足しています。その風合いの良さには理由があり、少し余計に手間を掛けているのです。今回は手捺染だけでなく、ロール捺染といって、手ぬぐいを両面ムラなく染める技術も併用し、手捺染+ロール捺染を組み合わせた仕様となっております。僕自身、常々バッグやポケットへいれて持ち歩き、自慢気に取りだし、皆に見せてしまっております。いいでしょ、的なヤツです。古物を包む布としても素晴らしい雰囲気ですし、ハンカチ替わりに持ち歩いてもよいです。とにかく森と雪、超いいです!最高です!これは是非持っていて欲しいです!こんな手ぬぐいを作り、スコープにラインナップできて本当に幸せの極みです。

SCOPE (スコープ)  手ぬぐい
さし石 苔 / さし石 桃

手ぬぐいができると
和食器ができる

手ぬぐいができると、そこに図案があるから、その図案を使って和食器を作りたくなる。だから、手ぬぐいができると和食器ができる。そこにルールも決まりもないのだけれど、まずは様々猪口の積み上がった景色を生活に作り出してみたいし、猪口を食卓で頻繁に使えるようになれるといいなぁーとも思うから、猪口を中心としながらその流れは進んでいます。スコープ20周年に作りました上ゲ高台・蛇の目高台1組の猪口《スコープはたち》から始まり、同じくスコープ20周年に作りました《木瓜角皿 ヒラヒラ》、そして《木瓜小皿 赤壽》《猪口 うしうしうし》《猪口 さし石》、2022年の干支物《猪口 一匹大虎》、そして《印判小皿 へのへのもじへ》《猪口 へのへのもじへ》、そして《猪口 森と雪》へと続きます。手ぬぐいから生まれる猪口は、上ゲ高台・蛇の目高台・細の3種が存在しています。干支猪口は上ゲ高台、蛇の目高台のセットで毎年生産することにしましたが、それ以外については、余程その型に合わない図案でない限り、三種作ることを考えています。日本酒を飲むのに丁度よい(薬を飲むのにもよい)上ゲ高台、そば猪口としても小鉢としても使える万能なるフリーカップな蛇の目高台、そして湯呑・酒器として使うにはこれがベストと贔屓されることの多い変わり種の細、好みは分かれるところですが、どうぞ自分の好みの赴くままに積み上げ、自分なりの偏った蓄積を楽しんでください。どれも波佐見で製造され、図案は手仕事により器に写して絵付けされています。それもあって多少の図案の位置や傾き、柄の出方に個体差はありますが、そこもまた手仕事による面白味として感じて貰えましたら、きっと長く付き合える物になってくれますし、それはスコープの考える明るい未来、使い捨てない未来へと繋がっていくと思っています。

SCOPE (スコープ)  手ぬぐい
波風

手ぬぐいの用途

掛けておいて手を拭く。特に小さくて繊細な食器を洗った後に拭きあげる。よく使う食器を出しっぱなしにする時に埃避けとして上にかける。木箸や土ものの器を乾かしておきたい時には、その場所にちょこんと敷く。大事な古物や食器を仕舞う時、手ぬぐいで包んで箱に詰める。ハンカチ替わりに持ち歩く。庭仕事をする時に首から掛ける。弁当を包む。シーパップを付ける時に手ぬぐいを挟んで皮膚を保護する。日焼け対策として持ち歩き、車に乗る時なんかに使う。最初はあまり使わなかったとしても、使い続けていると利用頻度はどんどん増していくのが手ぬぐいです。テレビや雑誌で見かける手ぬぐいの用途ってどこかアクロバットで特殊な方向ばかりだから、見ていると逆に縁遠く感じてしまうのだけれど、手ぬぐいって薄い布、折り畳んでポケットに入る布なのですから、使いどころは日常にいくらでもあるのです。いつでも近くに置き、いつでも持ち歩いてみてください。どんどん使うようになっていきますから。

SCOPE (スコープ)  手ぬぐい
壽 朱

短辺は縫われていません
色落ち色移りに多少注意

両端は始末されていないので端がホツレてきますが、 永遠にほつれて最後は無くなるわけでもなく、徐々に収まりますので気にせず使い続けるのがよいと思います。また両端が切りっぱなしである故、水キレ良く乾きも速いという良い点もあります。ほつれてきた糸をハサミで切って整えている時間も良いものです。生産は京都、京都の染色工場にて手捺染で染めて貰っています。手ぬぐいの染め方は、手捺染と注染、大きくはこの二つにわかれます。違いは調べて貰うとわかりますから検索どうぞ。各々全く染め方が違いまして、各々に良い点があります。手捺染が良いのは、細かな表現ができるところ、これに尽きます。だから僕は手捺染を選んでいます。ただ裏面まで完全に色が抜けきらないので表と裏ができてしまうという点は注染に劣ります。また特殊な加工をしているわけではなく、昔ながらの手法で染めているだけですから、色落ちしますので白い物とわけて洗濯するようにしてください。特に使い始め数回は単独で手洗いするとよいと思います。また濡れたまま放置しますと色移りすることもありますから、多少ご注意くださいませ。

SCOPE (スコープ)  手ぬぐい
緩衝誌に包まれた兎に角

2022年12月20日
手ぬぐい「兎に角」
初回1,000枚は緩衝誌で包む

2022年12月年の瀬に、シャチョウがヒラメキました。「兎に角、立花さんのカレンダー緩衝誌で包むの良くない?干支ものだからお年賀で配る人も多いだろうし、単品で購入するとメール便になるから緩衝誌入らないじゃん?よーしラッピングすっぞ!1,000枚!誰かぁ~~~!」緩衝誌片手に出荷場を練り歩くシャチョウ、みんな持ち場で手一杯の年の瀬、反応なし。そんな中「私やります!ひとりで1,000枚やれます!」と、立花さんの激烈ファンであるスタッフ高田が、我が包むなり!と、手を挙げたのです。高田の男気!立花愛が強い!できるだけ折り目は少なく、粘着テープを使わない形を模索し、この形に辿り着いたということ。立花さんならきっと、キッチリ美しく整えて包んで欲しくないはずだから~、という想像で、高度なラッピング技術を持ちながら敢えてラフに?高田のパッション!でお包みいたします。(スコープ酒井)

SCOPE (スコープ)  手ぬぐい
兎に角 / 壽 朱

2022年12月22日
兎に角、壽

帰省する時にはお酒を買って帰ります。また、前に持って帰りました手ぬぐいは実家で活躍し続けています。一般的な手ぬぐいとは少し違うスコープの手ぬぐい、世代を超えてイイと思ってくれてるみたい。それで今年はこんなことをしてみます。日本酒(4合瓶)を手ぬぐいで包んで御年賀とする!です。二本買ってきたので、どの手ぬぐいで包もうか?組合せを考えて干支柄《兎に角》そして《壽 朱》を選びました。二つ並べると紅白となって年末年始にバッチリ、2つの柄名を並べましたら《兎に角、壽》なんだかイイ一年になりそうです。お酒のパッケージが目出度い特別バージョンになっていても呑み終わってしまえば空き瓶は廃棄されるから、パッケージの目出度いも消えてなくなってしまいます。でも、目出度い手ぬぐいで包みましたら、お正月が終わっても手ぬぐいはずっと使われ続けて、つまりはずっと《兎に角、壽》が日々に続くという算段でして、これ最高アイデアだと思っています。捨てないお年賀包装、まさにス的なる御年賀、包んだ酒瓶が二本並んで兎の耳みたい、大満足の極み。(シャチョウ)

ブランド
SCOPE (スコープ)

商品スペック

材質
コットン100%
寸法
約340×900mm
生産
Made in Japan
備考
洗濯水温:40℃以下 / ドライクリーニング:○ / タンブル乾燥:× / アイロン:高温 / 漂白:×
送料無料

2月1日17時まで特別価格
手ぬぐい 立花文穂

  • 023 立花文穂 兎に角
    〈1000枚は緩衝誌に包んでお届け〉

    1,500(税込)

    1,200(税込)

  • 017 チェックチェック

    1,500(税込)

    1,200(税込)

  • 016 モモとロク

    1,500(税込)

    1,200(税込)

  • 015 波風

    1,500(税込)

    1,200(税込)

  • 014 雪

    1,500(税込)

    1,200(税込)

  • 013 森

    1,500(税込)

    1,200(税込)

  • 011 一匹大虎

    1,500(税込)

    1,200(税込)

  • 008 へのへのもじへ

    1,500(税込)

    1,200(税込)

  • 007 さし石 苔

    1,500(税込)

    1,200(税込)

  • 006 さし石 桃

    1,500(税込)

    1,200(税込)

  • 005 うし うし うし

    1,500(税込)

    1,200(税込)

  • 004 壽 白

    1,500(税込)

    1,200(税込)

  • 003 壽 朱

    1,500(税込)

    1,200(税込)

2月1日17時まで全種特別価格
手ぬぐい