現在のご注文は2/3(金)までに発送します 1/30(月)は1/25(水)23時までのご注文を発送予定
HACKMAN (ハックマン)  サボニア カトラリー
コーヒースプーン
HACKMAN (ハックマン)  サボニア カトラリー
オードブルフォーク

HACKMAN / サボニア カトラリー

小さなカトラリーだけでも

フィンランドを訪れたことがあればわかるかも?一般家庭やカジュアルなレストラン、カフェで使われているカトラリーってSavoniaが多いんです。だから、僕はSavoniaにフィンランドの日常を感じてしまいます。そしてRunoフロストベリーには冬、静かなフィンランドの冬を感じます。だから冬になればRunoフロストベリーとSavoniaを一緒に使いたくなるのです。ただ、カトラリーを色々なシリーズで揃えるのは無駄になりますから、既に愛用シリーズがあるのでしたら、コーヒースプーンとオードブルフォークといった小さなカトラリーだけを取り入れてみるのもアリです。ティータイムに使えば気軽ですし、普段と違った雰囲気にもなりますから。テーブルセットされた食卓であっても小さなカトラリーでしたら、他シリーズと混ざりましてもおかしなことにはならないと思います。そしてRunoのエスプレッソカッププレート11.5cmと一緒に使ってみて欲しい小さなカトラリーでもあります。

HACKMAN (ハックマン)  サボニア カトラリー

フィンランド
日常日用のカトラリー

ハックマンのカトラリーSavonia(サボニア)。2021年7月現在、日本にはあまり入ってきていないようですが、スコープでは黙々と取り扱いを続けています。フィンランドを訪れればティーマカルティオアイノ・アアルトと並び、目にしない日はないってぐらいに見かけるカトラリーでして、旅行をすれば日々使う事となりますフィンランド日常日用の道具です。それこそ高級レストラン、高級ホテルといった所にある物ではなく、大衆食堂や家庭にある物、ティーマを中心としたフィンランドの日用食器とよく合います。また食事の時だけではなく、調理の時にもさっと手を伸ばしてしまうように、何にでも使ってOKという雰囲気が物に備わっています。それは何故だろうと考えますと、物に立派さだとか高級感がないからだと思うのです。そして一枚の板が凹凸してできているカトラリーだからとても軽く、その軽さが手軽さにつながります。そして軽いからか使い心地が柔らかく、食器と当たりましても傷がつくような感じが薄いのは素晴らしい。食器に優しいカトラリー、僕はそこがイイナと思い、スコープアパートメント(スコープ撮影拠点のような住居)のカトラリーに選びました。そして複雑な作りをしていないので、価格が手頃なところも魅力です。とはいえ、見た目に安っぽいわけでもないですし、識別できるほどの個性もそこにはあります。ずっと愛されているカトラリーだけに重要ポイントはしっかり抑えられているわけです。そしてもう一つ良いのは、海外のカトラリーにしては小振りなのです。ディナースプーンやディナーフォークも大き過ぎることなく愛用できます。(オードブルフォークをデザートフォークと考えると超小さいのでご注意あれ)人により物の見方も違いますから、合わない人もいるとは思いますが、ティーマやカルティオと匂いは似ていて、高級品だと少し躊躇われる用途であっても気兼ねなくスッと使えるところが僕には合っています。僕は、これが多くの人の生活に馴染み長く愛用されているのも、長く生産が続くのもよく理解できます。ただ、日本では売られていないから広まりようがなく、知られていない、そういう事だと思ってコツコツ続けています。(※上の写真はフィンランドの家庭で撮影した写真ですから古い物ばかりで現行でどのサイズか?というのはわかりません。)

HACKMAN (ハックマン)  サボニア カトラリー
ディナーフォーク
HACKMAN (ハックマン)  サボニア カトラリー
コーヒースプーン

カトラリーに大事なのは
なにより続いていること

数が必要なカトラリーは揃えるとなれば高額となりますから、替えなくてはいけない状況というのは事件です。だから、カトラリーは使い続けることができる物を選ぶということを大事にしないと後々後悔すると思います。使い続けることができるというのは、買い足すことができることが重要となりますから、正直あまり新しい物に手を出さない方がいいというのが僕の考えです。新しい物は売れなければ廃番、生産終了となってしまいますが、既に長く続いている物であれば、既に膨大なユーザーがいるのですから、なかなか終わることもないでしょうし、万が一終わったとしましても、またどこかで復活の流れが生まれ、再生産される確率は高いですから。その点、Savoniaは1967年から生産が続くフィンランドの日常に君臨し続けるカトラリーのド定番、僕は続くという点において信頼しています。スコープオープン当時に取扱していましたチッテリオ2000という知る人ぞ知るカトラリーがあります。僕自身も少しだけ持っていました。そんな一気に揃える事もできなかったので、少しお試しも兼ねて買って使っていました。するとあっという間に廃番になってしまい、買い足すことができなくなってしまったわけです。数本の違うカトラリーがバラバラとある、カトラリースタンドに納まるカトラリーにまとまりがないというのは僕は本当に嫌なのです。ス的ではない。この記憶は今も色濃く残っているほどに、特殊な残念感がありました。だからSavoniaに限るわけではありませんけれど、カトラリーは長く作られている物から選ぶ事をお薦めします。カトラリー選びは歴史を見よう。長く続いている物は、ラインナップも豊富な事が多いから、加えていい事もありますし、ビンテージを加える技も使えるので楽しみも多いです。

HACKMAN (ハックマン)  サボニア カトラリー
サービングセット
HACKMAN (ハックマン)  サボニア カトラリー
サービングセット

2022年4月14日
キッチンツールも兼ねる

TeemaとSavonia、これぞフィンランドの日常!そんな風に僕は思っています。Savoniaはとても軽いから使い易く、シンプルで気張っていない雰囲気が気に入っていて、愛用の日々が続いています。そしてSavoniaサービングセットは、Teemaプラターロングの相棒として役立っているのですが、やはり大きな物は出番が少ない。少ないから仕舞い込みがちだったのですが、普段の使い方を見つけることができれば買ってよかったになるの法則でした。Teemaプラターロングを木箸や杓文字のように長いツールの干場として日常使いしているように、Savoniaサービングセットもキッチンツールキャニスターに入れておきましたら、キッチンツールとして使うようになりました。そもそも軽いのでキッチンツールとして使っても違和感がないのが良いです。フライパンで料理した時にソースを掬うのなら、レードルより優れているとも思います。調理道具ではなく、そもそもテーブルで使う物だから雰囲気も上品でいうこと無しです。キッチンツールを買うのではなく、キッチンツールとして使えるサービングセットを買うみたいな方向、イイ感じですよ。ちなみにスプーンに比べてフォークの使用頻度は少ないのですが、キッチンツールキャニスターに収まって台所にあると、見た目がなんか洒落ているから、あってイイと思っています。(シャチョウ)

HACKMAN (ハックマン)  サボニア カトラリー

2022年9月28日
ティーマ×サボニアの超定番フィン構成

週末に、ズッキーニのオーブン焼きを作りました。数年前フィンランドの友人宅でご馳走してもらった料理です。オーブンから出してきたままテーブルにドーン。周りにはパンやサラダを並べて好きな量を自分のお皿に取り分けるというフィンランドではよく見る光景。更にフィンランド感をUPさせるためにプレート類はティーマ、カトラリーはサボニアの超ロングセラーコンボで決まり。フィンランドに長期滞在していた時、間借りしていた家にあったものを使って以来、シンプルなデザインと軽さが気に入って集め始めたハックマンのSavoniaシリーズ。よくよく過去にフィンランドで撮った写真を見返してみたら友人宅や小さなカフェでもよく使われていて、本当に定番カトラリーなんだなあと再確認しました。サボニアは基本のディナー類やコーヒースプーンだけでなく、ケーキリフターやサービングセットなどもあって大皿料理が多かったり家でお菓子を焼くことが日常のフィンランドらしいアイテムがあることも好きポイント。自宅でフィンランド料理を作るときは欠かせない名脇役です。(スコープ松尾)

HACKMAN (ハックマン)  サボニア カトラリー

2022年12月2日
ケーキリフターでカットする

明日私、誕生日なんです。ケーキ作ってくるんでみんなで食べましょう!と、楽しそうに話す松尾に、自分の誕生日なのに自分でケーキを焼いてくるのぉ?って聞いてしまった。どうやらフィンランドでは己の誕生日は己で準備するらしい。全然受け身イベントじゃない!なんかポジティブ!ということで、フィンランド式お誕生日会を食堂で開催してくれました。フィンヲタ松尾プレゼンツですからレアチーズケーキもフィンランド風。土台の層にジンジャークッキーを使い、上にはグロッキ風味のゼリー。甘さ控えめで少しスパイシー、日本ではなかなか出くわさない新鮮な美味しさでした。お気に入りのケーキリフターを家から持参し、ケーキカットを披露してくれたのですが、今まで台所の包丁でやり過ごしてきた私には、ケーキリフターってそうやって使うんだべ!?と結構なカルチャーショックでした。雰囲気のまるで合わない包丁をテーブルに持ってくるよりも、一部終始が断然モーレツ素敵で、ティータイムの完成度が一気に上がったような気がしました。そして、フィンランドでは取り分けたケーキは倒して食べるんですよ~。という松尾のフィン指示をうけて、私の人生初、敢えてファウルをもらいにいく感じで倒してみました。知らない風習と初めてのケーキにフィンランド旅行に行った気分になれたよ。松尾おめでとー。(スコープ酒井)

HACKMAN (ハックマン)  サボニア カトラリー
ケーキリフター / コーヒースプーン

2022年12月23日
ケーキはスプーンで

スタッフ大原が長野にドライブに行ったとのことでお土産にブラムリーアップルという料理用の林檎をくれました。ちょうど、マイスオミハンナさんのオメナピーラッカのレシピを(Omena=リンゴ、Piirakka=パイ)試してみたかったし、夏に失敗したバニラソースに再挑戦もしたかったので、めっちゃナイス!ウェブでよく見かけるオメナピーラッカのレシピは、生地にスライスした生の林檎を並べてオーブンで焼くというものなのですが、ハンナさんのレシピは、生地にすり下ろした林檎とジャムを敷いて、その上にスライスした林檎を並べるというあまり見かけないタイプ。ハンナさんのお母さまのレシピだそうです。出来上がったオメナピーラッカにはたっぷりのバニラソースをかけて、もちろんスプーンでいただきます。ケーキを食べる時にスプーンを一緒に出すと驚かれますが、フィンランドでは割と一般的。というか、昔の写真を見返してみたらコーヒースプーンと兼用になっていることが多い。私の周りだけ?なのかは謎ですが、アイスクリームやバニラソースがケーキに添えられている場合はスプーンの方が食べやすいので断然おすすめです。(スコープ松尾)

ブランド
HACKMAN (ハックマン)
デザイン
Adolf Babel (アドルフ・バベル)

商品スペック

材質
18-10 ステンレス
寸法
コーヒースプーン : 約135 x 25mm / 約18g
オードブルフォーク : 約130 x 15mm / 約40g
ディナースプーン : 約195 x 40mm / 約22g
ディナーフォーク : 約190 x 25mm / 約12g
ディナーナイフ : 約200 x 20mm / 約34g
ロングスプーン : 約205 x 25mm / 約50g
ケーキリフター : 約230 x 50mm / 約66g
サービングセット : スプーン約250 x 50mm / 約76g 、フォーク約245 x 40mm / 約74g
生産
Made in Vietnam
備考
食器洗浄機:○
ギフトボックス 24本セット 内容
コーヒースプーン 6本、ディナースプーン 6本、ディナーフォーク 6本、ディナーナイフ 6本

購入前に確認ください

  • 表面に若干のキズが見られる場合があります。
  • コーヒースプーン

    660(税込)
  • オードブルフォーク

    770(税込)
  • ディナースプーン

    880(税込)
  • ディナーフォーク

    880(税込)
  • ロングスプーン

    990(税込)
  • ディナーナイフ

    1,540(税込)
  • ケーキリフター

    2,640(税込)

    入荷未定

  • サービングセット

    4,400(税込)
  • コーヒースプーン 6本セット

    3,520(税込)
  • オードブルフォーク 4本セット

    2,860(税込)
  • ディナースプーン 6本セット

    4,950(税込)
  • ディナーフォーク 6本セット

    4,950(税込)
  • ロングスプーン 4本セット

    3,520(税込)
  • ディナーナイフ 6本セット

    8,580(税込)
  • ギフトボックス 24本セット
    (コーヒースプーン/ディナースプーン/ディナーフォーク/ディナーナイフ各6本)

    19,800(税込)

Savonia(サボニア)