twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ
Holmegaard (ホルムガード) /  Charlotte Amalie Candlestick


Holmegaard / Charlotte Amalie Candlestick

まさに北欧のキャンドル
今買って、ずっとそこにある、
そんなような雰囲気すらある。

フィンランドのキャンドルには
どこか氷のようなイメージがあって、
いつも、パッと頭に思い浮かぶのは
スコープで取扱いはしていないけれど
イッタラのFestivoです。
1966年ティモ・サルパネヴァのデザイン。

それと同じように
デンマークのキャンドルのイメージは?
実はそんなに詳しくないデンマーク物。
けれど、このシャルロット・アメリアが
頭に浮かんでくるのだから、
僕自身、とても気に入っているのは確かです。
透明のガラス玉が連なり上品でクラシック、
凄く好みの雰囲気です。
見ていると『これはイイものだ。』って
口にしたくなってしまう。重いから特に?

シャルロット・アメリア。
1981年ペア・ルトケンのデザイン。
ペア・ルトケンは1940年代から
ホルムガードのデザイナーとなり
その後アートディレクターに就任。
ホルムガードを、デンマークを、
代表するガラスデザイナーの一人で、
ガラス職人としての技術も高かったそうです。
そういった職人でありデザイナーでもある人
の作る物は、アイデアばかりでなく
綺麗な物が多いと最近感じる事があります。

そんな生涯デザイナーだった彼が
奥さんの名前を付けた晩年の作、
シャルロット・アメリア。
置いたばかりなのに、ずっとそこにあるような、
そんな暖かな雰囲気が此れにはあります。
そして発表から30年以上経過した現在も
製造されるホルムガードを代表する名品です。

使ってみて思うのは
こういう風な、どっしりとした立派な
キャンドルスタンドというのは
1つだけでも、置いてあるだけでも、
非常に存在感があり、部屋の雰囲気を
とても良くしてくれるな、という事です。
置いてあるだけでお洒落というより、
落ち着いて見えます。
使っていない時の姿もいい。花瓶でも
そういった物をたまに見かけますが
これはキャンドルでいう所のそれです。

また、16cmと24cmの2サイズありますが、
複数揃えて統一する必要もないでしょう。
シャルロット・アメリアが沢山あっても
あまりに重厚で豪華テーブルの雰囲気を
醸し出してしまいそうですから。
1つ2つ持ってCabernetキャンドルホルダーや
Kiviなど手持ちのキャンドルを合わせるのが
いき過ぎず良いと、そう思います。

価格は、それなりにしますが
物とのバランスは良いですよ。
ラインナップするにあたり
良い物ですが、あまり高くなり過ぎるのは
どうか?という事で影で努力してみました。
それもあって日本はスコープ限定です。



Holmegaard (ホルムガード)
Per Lutken (ペア・ルトケン)

材質 ガラス
寸法 16cm : 約φ90(ベース)×H160mm / 約330g
24cm : 約φ100(ベース)×H240mm / 約450g
※5mm前後の誤差があります。
キャンドル差込口径:約22mm
生産 Made in Turkey
備考 コラムキャンドルは付属しません。
  • 小さな気泡や黒点がガラス内部に含まれていたり、多少のガタツキがみられます。

Holmegaard Charlotte Amalie Candlestick

  • 16cm
  • 16cm¥7,000(税抜き)
  • 24cm
  • 24cm¥11,500(税抜き)