twittertwitter掲示板メルマガシャチョブロナウ

フロアパネル200×30cm / ホワイト
メタルシェルフ ハイエッジ 78×30cm ホワイト
メタルシェルフ ローエッジ 78×30cm ホワイト
ボウルシェルフ 78×30cm ホワイト

フロアパネル200×30cm / ホワイト
メタルシェルフ ハイエッジ 78×30cm ホワイト
メタルシェルフ ローエッジ 78×30cm ホワイト
ボウルシェルフ 78×30cm ホワイト

フロアパネル115×30cm / ホワイト
ボウルシェルフ 78×30cm ホワイト
メタルシェルフ ローエッジ 78×30cm ホワイト
チェスト 78×30cm ホワイト

フロアパネル115×30cm / ホワイト
ボウルシェルフ 78×30cm ホワイト
メタルシェルフ ローエッジ 78×30cm ホワイト
チェスト 78×30cm ホワイト

string / system

キッチンが狭くて
場所がないんだったら
高層化するのがいいね。

小さくも大きくも組めるストリングが、スコープ的生活において、もっとも活躍するのは台所、キッチンじゃないだろうか。僕がまだ若くピチピチで、名古屋の家具メーカーに勤めていた頃、とにかく人気だったのがキッチン家具だった。レンジ台だとか、キッチンストッカーという台所収納が、イチキュッパ、二―キュッパ・サンキュッパで、主人公でありセンターだった。それもあってストリングをキッチン収納にすればいいんじゃない?そんな方向に考え始めてみたのだけれど、それは間違いでもなく、ナカナカにど真ん中だった。どうもスコープ的生活をしていると台所に場所不足を感じる。洗った食器を乾かす場が足りなくなるのだ。俎板薬味俎板木箸チーズボード飯炊釜急須伊賀の飯碗湯呑土瓶といった面々。とにかく、サッと洗って拭き上げて仕舞う事のできない物達が、私好品に多い。水分を含んだまま閉ざされた場所に仕舞うと、物によってはカビが生えていた!なんて悲惨な結果になりかねない。仕舞うのなら、よく乾かして仕舞いたいし、よく使うのなら、オープンな場所に乾かしつつ置くことで、仕舞うとしたい。そう!オープンな場所に乾かしつつ置くことで、仕舞うとしたい!そうなのだ。このフレーズ!うまいこと付いてる。そうしたいのなら、オープンな収納場所が豊富に必要となる。とはいえ台所は狭い。ではどうするか。土地の有効活用ならば高層化じゃない。となればストリングじゃない。濡れた物を置くのならスチール棚じゃない。そこにティータオル敷いておけばパーフェクトじゃない。スペース的に可能であれば高さ2メートルのサイドフレームを使って思い切って高層ビルを建てることを僕はおススメしたい。やる時は思い切って!中途半端は後悔する事が多いから。

string (ストリング) /  system

ストリングキッチン計画その1
スタッフ成戸家

うちはシステムキッチンなので、調理道具や食器を仕舞う場所はまあまあ確保されています。ただ最近増えてきた東屋の土ものや木の道具、これらを使い終わった後に乾かす場所が足りない。食器を拭いた後のキッチンタオルを乾かす場所がない。仕方なくEGYPTをテーブル上まで拡張しその上に並べたり、タオルは椅子の背もたれに干したりとなるのだけど、これはこれで食事の時には邪魔になるからできればどこかに干す場所を確保したい、それが私の願いでありました。そこでStringのスチールシェルフをキッチン収納として利用することに。穴の開いた棚板は、タオルやふきんをかけられるバーやフックが取り付けられるので、そんなモヤモヤを解決するにはぴったりじゃあないか、そう思い立ちさっそく冷蔵庫横のスペースに一番大きな200cm×30㎝を設置しました。この大きさになると収容量はかなりのものです。

string (ストリング) /  system

ストリングキッチン計画その2
スタッフ酒井家

たまにスコープの撮影で使うこともある、酒井家の台所 昭和風味 ですが、唯一写り込むのすらご勘弁願いたいという場所が、電子レンジとトースターが城のように積みあがったキッチンキャビネット。なんとも重苦しい風景が長年のモヤっとポイント。その状況を作りだしているのが《電子レンジ》これが本丸である。そもそも電子レンジを置くことを主に選んだキャビネットだから奥行が45cmもあり、ガスコンロとの間に深いデッドスペースが出来てしまっていた。常に斜め45℃で クッキングゥのビフォー。そこでまず、電子レンジを諦めてみた。本丸を別の場所に移動することで、奥行30cm×幅78cm×高さ115cmのストリングシステムに置き換えられてスッキリアフター、どうでしょう。横で乾かしていた飯炊き釜も収まり、奥行が15cmも薄くなったので、ガスコンロの前にスペースが出来ました。コンロ下も開けやすくなってハッピー。床色が濃いから全パーツホワイトという選択はどうかな?と心配していたけど、物を詰めるといい塩梅にホワイトが散り、台所が明るくなってむしろ良かった。

string (ストリング) /  system
string (ストリング) /  system

フロアパネル200×30cm / グレー
シェルフ78×30cm / ホワイト、グレー、オーク

未来へ不安を感じない
愛用を続けて思うこと

スウェーデンの建築家ニルス・ストリニングが1949年にデザインした、どこまでも連結し伸ばす事のできる壁面収納String System。かなりの割合で北欧の友人、知人宅で目撃します。僕自身も使い始めてから既に5年が経過し、現在も不満なく愛用中です。とはいえ絶賛愛用中か?と聞かれれば、絶賛までは冠しない。そこまで自慢げな物でもなくて、とてもサッパリした物。細いスチールフレームに棚板を組み合わせたシンプルな収納であり、フレームにも棚板にも素材的な味わい深さというのはあまりない。とはいえ使い続けていて、飽きたから買い替えたいなんて発想には至らず、これで十分という実感がある。きっと、このバランスだから多くの人が手にできる物となり、だから生産は続き、広く愛用されるというサイクルにのれたのだ。そう、String Systemは使い続けるという側面での価値がとても高いように感じる。大きくしたい、小さくしたいといった変化には普通は応えられないけれど、String Systemは棚板でサイズ調整でき、大きく組みたければ買い足せばいい。また大きく組んだ収納が新しい場所に入らなければ分割すればいい。そんな未来の変化に対応できるのが素晴らしい。だから購入時に未来への不安を感じないと、スタッフに薦めていて気付いた。また、こういったシステム収納は、同じ規格で生産され続けなければ価値半減であり、未来に買い足せなくては困ってしまう。String Systemは、ビンテージも存在する程の歴史があり、販売店もそれなりにあるから、その点の心配は薄い。この全てのバランスはティーマとどこか似ている。

string (ストリング) /  system
string (ストリング) /  system

フロアパネル200×30cm / グレー
シェルフ78×30cm / ウォルナット
ディスプレイキャビネット 78×30cm / ウォルナット

大きな壁面収納を組む
なんて考えなくていい

北欧にならい大きな壁面収納を組もうなんて考えると「いつか家を建てた時には!夢なんです!」ナンテ遠い話に、絵空事になってしまうのだけれど、それは北欧に生きる人々に向いた使い方であって、僕ら日本人の使い方は、もっと小さくていいんじゃないだろうか。サイドパネル2本に棚板で組むシンプルな収納、食器棚や本棚。必用になれば大きく組み足す事もできるという未来の可能性付き。まずは実生活で必要に迫られる収納をString Systemで組んでみる。ここに欲しい!と簡単にイメージできる程度に小さく組んでみる。そうして実際に使っていれば理解が深まり、更にこう組みたいとアイデアが出てくるだろう。そしたら活用中の収納に組み足して広げればいい。高さも3種類あるから、かなり幅広く収納を組み上げる事ができる。まずは大きく組む前に、小さく1本作って使ってみよう。僕は愛用歴5年以上と書いたけれど、部屋にあるのは書棚として組んだ1本のみであり、これぐらいの存在感がイイ塩梅だとも思っている口だから、それで満たされてしまう人もいるかもしれないし。

string (ストリング) /  system

フロアパネル85×30cm / ブラック
シェルフ78×30cm、58×30cm / オーク

安定感ありネジ止め少ない
フロアタイプをまず始めに

String Systemのフレームにはウォールタイプとフロアタイプの2種がある。スコープでは、ウォールタイプはまず見送り、より安定していて壁へのネジ止めも少ないフロアタイプに絞った。ウォールタイプは使ってみたいと思った後に、実際に使ってみて良かったら導入に至ろうと思っている。ちなみにフロアタイプであっても壁にネジ止めしないといけない。ネジ止めしなくても自立してしまうから、壁に穴をあけずに使う事ができると思うのだが、そんな風に使っていると、いつか崩れて倒れて大変な事態となるそうだ。なので大丈夫とは思っても上はネジ止めはすること。ちなみに賃貸の場合、壁に穴を空けると退去時に高額請求されるんじゃないかという恐怖がありますが、ほとんどの場合は穴をパテ埋めし壁紙を替える、つまり壁紙の張り替えという処理になるそうで、そんな高額になる事はなさそうです。6年も住んでいれば壁紙交換は借主負担じゃなくなると聞くので、そもそも請求されないケースも多いでしょうし。壁の穴、つまり壁紙の剥がれというのは、そんな高額請求になる事はなさそうです。色々聞いたり調べたりしてのまとめなんですけれどもね。

string (ストリング) /  system

フロアパネル85×30cm / ブラック
シェルフ78×30cm、58×30cm / オーク

フレームの高さを決め
棚の幅を決めたら終了


ラインナップが非常に豊富だから、どう組んでいいか全くわからず途方に暮れてしまいがちなStringSystemですが、実はそんな難しい物ではないのです。まずフロアパネル(フレーム)、つまり高さを決めましょう。高さは3択85cm、115cm、200cm、ここから選ぶだけです。次に幅ですが、こちらは2択で78cmか58cmです。キャビネット、チェスト類などシェルフ(棚板)以外のアイテムはほぼ全てが78cmサイズですから、シェルフ(棚板)だけで組み上げる完全なオープン棚ではなく、キャビネットなど色々な機能を組み込みたい人は幅78cm1択となります。カラーバリエーションで価格も異なり、フレームも1本入、2本入とあり、更に様々なアイテムが入り乱れますから、非常に複雑に見えるのですが、基本は高さを3つから選び、幅を2つから選ぶ、それだけなのです。もちろんカラーの選択は必要ですけれども。

string (ストリング)
Nils Strinning (ニルス・ストリニング)

さて、取り付けできるだろうか?
まず、壁の素材を知るところから始まる。
壁チェックした上でオーダーしてね。

壁の材質が木であれば直接ネジ止めしてOK。ピンを刺してみて白く付くようなら石膏ボードなのでアンカー併用でネジ止めすればOK。もしネジがあと少しで入らないようなら、少し短いネジに変えてしまえばメーカー非公式ながら取り付けできます。コンクリートへの取り付けは特殊な道具が必要なので自身で勉強するか、工務店に依頼しましょう。ただ、土壁や薄いべニアの壁だと強度が出ないから付かない。だから購入前に壁がどんな素材か?調べましょう!取り付ける事ができるのかどうか?そこを確認した上で購入しましょう!まずは以下を読んで壁チェック。これ必須科目です。

商品スペック

シェルフ W78cm
W780×D300×T19mm
W58cm
W580×D300×T19mm
キャビネット W78cm
外寸:W780×D300×H420mm
内寸:W750×D260×H380mm
中心に仕切りあり。棚板高は調節可能:下115mmから4段階、50mm間隔
ディスプレイ
キャビネット
W78cm
外寸:W780×D300×H420mm
内寸:W750×D260×H380mm
棚板高は調節可能:下115mmから4段階、50mm間隔
チェスト W78cm
外寸:W780×D300×H420mm
一段の内寸:W710×D235×H125mm
ボウル
シェルフ
W78cm
W780×D300×H90mm
(ボウル内寸:上部:W220×D240 下部:W190×D220 深さ:90mm)
メタルシェルフ用 ローエッジ W78cm
W780×D300×H20mm
W58cm
W580×D300×H20mm
ハイエッジ W78cm
W780×D300×H70mm
W58cm
W580×D300×H70mm
フック W10×D50×H90mm(5個入り)
レール W300×D10×H80mm
W580×D10×H80mm
W780×D10×H80mm(W58cmには非対応)
フロアパネル

H850×D300mm
H1150×D300mm
H2000×D300mm
(棚間隔は最小3cm、一段上げるごとに5cm刻みで広げる事ができます。)

材質 フロアパネル : スチール(カラー塗装)
メタルシェルフ、フック、レール : スチール(カラー塗装)
ボウルシェルフ: ホワイト abs樹脂
その他(ホワイト/グレー) : MDF(ラッカー塗装)
その他(上記以外の木柄) : パーチクルボード突板仕上げ(ラッカー塗装)
生産 Made in Sweden
備考 幅78cmのシェルフの耐荷重は15kg、幅58cmのシェルフは25kgを推奨しています。幅78cmのシェルフは荷重を均等にしてお使いください

購入前に確認ください

  • シェルフ(棚板)にはごく小さな色抜けが見られる場合がございます。(特にグレー)

string system

    フロアパネル 85×30cm

  •   system ホワイト<br>2本セット ホワイト
    2本セット
      system グレー<br>2本セット グレー
    2本セット
      system ブラック<br>2本セット ブラック
    2本セット
  • ¥17,200(税抜き)

    単品

  •   system ホワイト ホワイト
      system グレー グレー
      system ブラック ブラック
  • ¥10,400(税抜き)

    フロアパネル 115×30cm

  •   system ホワイト<br>2本セット ホワイト
    2本セット
      system グレー<br>2本セット グレー
    2本セット
      system ブラック<br>2本セット ブラック
    2本セット
  • ¥20,700(税抜き)

    単品

  •   system ホワイト ホワイト
      system グレー グレー
      system ブラック ブラック
  • ¥12,300(税抜き)

    フロアパネル 200×30cm

  •   system ホワイト<br>2本セット ホワイト
    2本セット
    SOLD OUT
      system グレー<br>2本セット グレー
    2本セット
      system ブラック<br>2本セット ブラック
    2本セット
  • ¥28,200(税抜き)

    単品

  •   system ホワイト ホワイト SOLD OUT
      system グレー グレー
      system ブラック ブラック
  • ¥15,300(税抜き)