現在のご注文は4月22日(月)までに発送します 4/18(木)は4/16(火) 7時頃までのご注文を出荷予定
Teema

フィンランドのテーブルウェアブランドiittala(イッタラ)のTeema(ティーマ)シリーズ。もともとはARABIA(アラビア)社からKILTA(キルタ)シリーズとして1953年に発売されました。デザインはカイ・フランクです。「ディナーセットを粉砕せよ!」というセンセーショナルなキャッチフレーズと共に登場したキルタは、使いやすくて万能、丈夫な食器を手ごろな価格で買えることを実現しました。食器をフルセットで購入するのではなく、変化する家族や生活に合わせ、必要なアイテムを自由に選ぶことができ、組み合わせも自在です。そしてもう一つの特徴として、「必要な装飾は色だけ」というカイ・フランクの考えから、丸や四角という単純な形に、キルタらしい色が選ばれています。不必要なものを全て排除し、必要なものだけを残すことで完成したキルタは、当時の人々にとって革新的なシリーズとなりました。その後、1974年に生産終了となりますが、1981年には基本的な概念はそのままに、フォルムの修正、カラー展開の見直しだけでなく、電子レンジでも使えるよう機能性も高め、当時の生活にあった仕様にリニューアル、名前もキルタからティーマへと変更されました。1989年のカイ・フランク亡き後は、その意思を受け継ぎオイバ・トイッカとヘイッキ・オルヴォラが監修を務めました。2003年にはアラビア社からイッタラ社へブランドを移行し、2005年にはプレートは19cm、23cm、26cmから、17cm、21cm、26cmという小振りな方向へとサイズ展開をリニューアル。スコープでは2003年から取扱いしていますが、自分たちが必要とするアイテムが定番ラインナップにない場合は特別注文を重ねているので、世界中でスコープだけの特別なティーマのラインナップとなっています。

ティーマティーマ
  • ティーマティーマ
  • ティーマ

    黒点、ピンホール、釉薬の色むら、小さな色抜け、浅い擦れキズ、高台の凹み等は全て良品とします。

スコープ的生活はティーマから始まっています。だから、新生活にオススメな食器と言えばティーマです。そして、ティーマは誰にプレゼントしても喜ばれるんです。食器やインテリアに興味のない僕の親兄弟もティーマはいい、ティーマが欲しいと言っています。流行とは無関係、世界中で多くの人が愛用している日常のスタンダード。しかし、ティーマと出会ったばかりの20代の僕は「ティーマ、高い!」正直そう思ってました。そして僕と同じように高くて手がでない人も沢山いると思うのです。そこで高くて買えないと思っている人が初めてティーマを購入する機会となり、そこから必要なアイテムを揃えることができる、そんな10ヶ月にわたるTeema企画を今年のお正月に思い付きました。毎月異なるアイテムが個数限定ながら、超特別価格でオーダーできる企画!偶然にも、スコープでは潤沢なティーマの在庫がありますから、毎月1アイテム皆様に大放出できちゃうんだな。必要なアイテムをコツコツ買い足していけば、2024年中には生活のベースとなるティーマが揃ってしまうでしょう。毎日使うものだから、ずっと永く愛用できるものを手にしてほしい!そんなスペシャル企画の極み!是非ご利用ください。そして、既に愛用している皆さんは、この機会に買い足しておいてください。マイページにログイン後に対象アイテムを購入すればクーポンは自動的に発動して割引きされます。

Teema プレート17cm
Teema プレート17cm

2,750円

2005年のサイズリニューアルでプレート19cmが生産終了となり、その代りに登場したプレート17cm。パン皿やサイドディッシュ、ケーキ皿、取り分け皿にも活躍するこのサイズ、コンパクトになったおかげで、より使い易くなりました。シリアルボウル同様、どんな生活でもベースとなる食器ですから、ここからティーマを始めるのもオススメ。まずは好きな色の組み合わせで2枚を選んでみてください。将来家族が増えたら買い足しも出来ます。

Teema マグ0.3L
Teema マグ0.3L

3,300円

一日の始まりはこのマグとともに、そんなティーママグ。この使い心地にすっかり慣れてしまっているから、マグ=ティーマな公式が成立していて、他のマグにはあまり目が向かなくなりました。無地のティーマに加え、ムーミンやヘルヤ、ヘレやOTCなどティーマベースのマグは他にもいろいろ。好きなシリーズを気の向くままに集めても、同型なので全て揃った様子には統一感があります。限定モノも多いので、コレクションは増殖しがち。

Teema スクエアプレート12×12cm
Teema スクエアプレート12×12cm

3,080円

小ぶりながら少し深さがあるので、汁気のある料理やデザートにも使い易いスクエアプレート12×12cm。四角い形状はテーブル上でも収まりがいいですが、冷蔵庫や収納棚にもきっちり仕舞えるのが気持ちいい。気づけばプレート15cmに続く人気アイテムとなっています。スコープでは定番ホワイトに加え6色を特注、オーブン調理も可能なので小さめのグラタンを作ることも多いですが、熱々のお皿を乗せるなら、プレート17cmがピッタリです。

Teema スクエアプレート16×16cm
Teema スクエアプレート16×16cm

4,400円

大人数が集まる時、テーブルセンターを構成するメインプレートにロングプラタ―を使うことが多いです。スクエアプレート16×16cmは、ロングプラターと同じ幅・同じ高さだから、一緒に使うと規則正しく揃って美しい。重ねて収納できるのも便利です。長らくホワイトのみの展開でしたが、2022年にリネンとパールグレーが定番追加され、組み合わせの幅がぐっと広がりました。熱々オーブン料理に使う場合はプレート23cmにのせてどうぞ。

Teema ディーププレート21cm
Teema ディーププレート21cm

4,180円

ティーマの中では比較的新しいディープボウル21cmは、2005年のリニューアルで新たに追加されました。一見大きく感じますが、実際は21cmなのでメインプレートとしても適度なサイズ感、深さがあるおかげで活躍の幅は広がり、日本の食生活にもかなりマッチします。カレーやパスタ、おでんやシチュー、汁を調整すれば麺類まで、普段の献立は大概カバーしてくれる懐の深さ。真なるスターターアイテムはこれだ、って声もあるくらい便利。

Teema プレート12cm
Teema プレート12cm

1,980円

料理中に味見したり、ソース皿や醤油皿に使ったり、おやつをのせたり、必要な時にさっと手に取れる気軽さが魅力のプレート12cm。日本的小皿といえばこのサイズです。プレート15cmと被りそうですが、3cmの違いは意外と大きい。自然と使い分けもできますし、両方あることで用途を補いあってくれますから、どちらも複数枚あると便利です。スコープのティーマ特注は、2007年にプレート12cmホワイトを注文したところから始まりました。

Teema ティーカップ
Teema ティーカップ

3,080円

プレート15cmと組み合わせるとカップ&ソーサーとしても使えるティーカップ。それぞれが、単独でもセットでも成立するのは実に無駄のない仕組み、ここもティーマの大きな魅力です。寸胴で安定型のティーカップは、スープやデザートカップとして単体で食器にあわせることも多いので、スコープでは定番ホワイトに加え5色を特注。これでティーカップにもカラーバリエーションが生まれ、ティーマらしい色合わせを楽しむことができます。

Teema プレート15cm
Teema プレート15cm

2,420円

ティーカップと組み合わせるとカップ&ソーサーとしても使えるプレート15cm。一般的なソーサーはカップがハマる凹みがあるため、皿として単体使いする発想にはなりませんが、ティーマは表面がフラットだからシンプルな小皿として独立可能。この15cmというサイズが使い勝手良く、メインプレートに添えるパン皿やデザート皿、取り皿など実によく使えます。ティーマの中で一番人気のアイテム、定番ホワイト以外に6色を特注しています。

Teema プレート23cm
Teema プレート23cm

3,300円

2005年にティーマが大幅リニューアルされた際に廃番となったプレート23cm。代わりに21cmと26cmが定番となりましたが、メインプレートとしての使い勝手は23cmが一番!その思いは変わりませんでしたから、スコープでは特注して取扱いを続けています。カレーやオムライスのようなワンプレートから主菜皿まで、食事の大半をカバーしてくれるオールマイティーな一枚、ホワイトやリネンを中心に据えると色合わせしやすく無駄がないです。

Teema シリアルボウル15cm
Teema シリアルボウル15cm

3,300円

一人暮らしを始める人に、食器は何を揃えればいいか尋ねられたら、最初に頭に浮かぶのはティーマのシリアルボウル。これにマグとプレートがあれば大概なんとかなると思います。サラダやヨーグルト、シリアルにスープやフルーツ、前の晩に少し残ったカレーを食べたり、とにかく手に取ることが多いテッパンアイテム。1981年にティーマが発売されて以来、形もサイズも変わらずに生産が続いているのは、シリアルボウルとマグだけです。

  • その他のティーマ
  • ミニサービングセット
    ミニサービングセット

    7,700円

  • プラターロング
    プラターロング

    9,900円

  • プラターワイド
    プラターワイド

    11,000円

  • ボウル1.65L
    ボウル1.65L

    8,360円

  • ボウル3.4L
    ボウル3.4L

    14,300円

  • 蓋つきポット2.3L
    蓋つきポット2.3L

    13,200円

  • ティーポット
    ティーポット

    11,000円

ティーマの何が使いやすいってティーマの何が使いやすいって
Teemaティーマ
カイ・フランク
飽きる要素がないほど、シンプル。

1952年から70年以上も愛され続けているティーマ。こんなにもロングセラーという事実が、世界共通の使いやすさの証明であることは間違いありません。飾りや個性を加えがちな時代において「装飾は色だけ」と、これ以上削ぎ落とせないほどのシンプルを突き詰めたカイ・フランク先生、改めて偉大。それだけシンプルなシリーズだから、手にしたその日にテンションが爆上がりすることはありません。ParatiisiやRunoといった華やかな食器に出番を譲りながらも、常に食器棚にはあって使ってない日はない。似たような食器は溢れるほどあってもティーマじゃないと、と思うのです。年齢とともにライフスタイルが変わったり、食器の趣味は変わったりもしましたが、ティーマの立ち位置は変わらず。ずっと使い続けているのです。

Teemaティーマ
積みまくる
気の済むまでスタッキングできる。

ヘルシンキのヴァンター空港のカフェでシャチョウが見かけた、山積みのティーマには驚いた。ここまで重ねる?と言うか、無事に重なっているのだから。柱の様に積み上げてもバランスが崩れる様子なし。スタッキングの実力を見せつけられた衝撃の一枚です。ティーマシリーズは、同じアイテム同士のスタッキングはもちろんですが、底面が広くフラットな形状なので、サイズ違いのプレートやシリアルボウルなども安定して重ねていくことが出来ます。そしてそれは美しくもあります。重ね方の工夫次第で、食器棚の収納もかなり省スペースで収まりますが、3種以上重ねると下部の出し入れが億劫になります。よく使うティーマは潔く1種だけ、重ねても2種までにとどめておく方が、日々手に取りやすく使いやすいと感じます。

まとめまとめ