現在のご注文は6月20日(木)までに発送します 6/19(水)は6/18(火) 8時頃までのご注文を出荷予定
SIDE BY SIDE (サイド バイ サイド)  ティーラック SIDE BY SIDE (サイド バイ サイド)  ティーラック

SIDE BY SIDE / ティーラック

キッチン収納というより
マグの住処としての活用

空地に3階建てテラス付き住宅を建てるようなもの。空地は少し狭くなりますが、都合の良いことの方が多いのです。SIDE BY SIDEのティーラックはオーク無垢材が使われていて大きさもありますから、安定感と存在感に溢れ、収納雑貨というより家具のような印象です。想像していたより雰囲気がよく、そして素晴らしい使い勝手、とても気に入ってます。もし、これが何かのトラブルで僕の生活から消えてなくなってしまっても、必ず買い直すに違いないです。そもそも紅茶をズラリと並べる上置き棚ですが、僕はマグを並べて使っています。そして、この使い方が僕の生活にピッタリ都合が良いのです。内寸で奥行11.3cm、高さ11.5cmはマグを置くのに丁度良く、1段目と2段目は幅46cm、マグが各4個並び、3段目は内寸幅27cmと少し狭いながらもマグが3個並びます。つまり合計11個のマグを並べることができます。そんなに沢山のマグが必要なの?と疑問が頭に浮かぶ方はマグ以外の物を並べてください。もっと便利に使うことができると思います。それこそ紅茶であったりスパイスであったり、台所には細々した物が溢れていますので、置きたい物は山のように見つかります。このティーラックはストリングポケットを置いたかのような収納ですから、きっと便利に使って貰えます。それと比べましたら便利具合は低下しますが、イッタラやアラビアのマグを自然と集め続けてしまっている人が11個のマグを台所に並べましたら、間違いなく満足のいくマグライフを送ることができるようになるのです。マグが常に11個並んでいれば、今日はどのマグにする?の選択を無意識のもと日々繰り返すこととなり、これが心地よい日常となっていきます。そして集めたマグをより有効活用できる、これが大きいです。食器棚に収まっていると出し入れが手間となり、どうしても手前から選ぶことが多くなりますから、選択の幅は狭くなってしまいます。つまり活用できるマグが少ないわけです。でも、瞬時に手にできる場所に11個のマグがあるというのは実に選択の幅が広く、沢山のマグを有効活用できます。もちろん、このティーラックに置かれた11個のマグが現在の一軍であり、全てというわけではありません。パントリー角の2段には二軍マグが詰まっていますし、収納庫には殿堂マグがゴッソリ保管されています。季節が変われば使う食器も変化しますので、それに合わせてマグの一軍を入れ替えます。カップ&ソーサーを集め、日々好きな物を選んでティータイムを過ごすみたいなことのお気軽版です。カップ&ソーサーよりマグの方が僕の日常には沁みていて、頻繁に使うから余計にグッドなのです。また2階の小さなテラスにはスパイスや東屋のコップ2小を置き、3階テラスはジューサーNo.2を置いて即出動できるようにしてあります。あとは紅茶、日本茶、珈琲豆、そば茶、塩、砂糖辺りが入れ替わり立ち替わり、屋上と3階テラスに出入りしています。

SIDE BY SIDE (サイド バイ サイド)  ティーラック SIDE BY SIDE (サイド バイ サイド)  ティーラック

裏側のはなし

使う時に裏側は見えないから、無駄に価格を上げる必要もないので、主材(この場合はオーク無垢材)とは異なる安い材が使われるのはよくあることです。そうしますと裏面が見える場所には置きにくくなりますので置く場所を選びますが、このティーラックは表から見ても裏から見てもオーク無垢材のオイルフィニッシュでして、どこに置いたとしても見栄えが悪いことはありません。ですから、カウンターや部屋の開口部といった場所、置くと両面から見える場所にも設置することはできます。ただ、裏面には物が飛び出てこないよう横板が取り付けられていますので、裏を見れば裏でして、両A面みたいなことではありません。A面B面あるんだけどB面もいいね!みたいな物です。また、中段には穴が2つ開けられていて、ネジとアンカーも付属していますから、ネジ止めすることで壁付けも可能です。ただ僕自身は試したことがありません。壁に直接ネジ止めできるのであればシッカリ固定できて心配ないと思いますが、石膏ボード用アンカーを使う場合はティーラック(約2.9kg)も含めて20kg以内には収めておいた方が良いと思います。メーカーは耐荷重についての記載はしてないのですがアンカーの耐荷重的にもそれぐらいが目安だと思います。ただ、本をみっちり詰めるようなサイズでもなく、置くとしても食器や調味料、日用雑貨を収めるのだと思いますから、そこまで耐荷重を心配する必要はありません。もし、石や金属の塊のような重いものを陳列する場合には重さに注意してください。

SIDE BY SIDE (サイド バイ サイド)  ティーラック

2023年7月20日
奥行13cm 幅51cm

引越しのため、部屋探しをしていた春、内見でこのキッチンを見た時に、ティーラック置けるやん!って思ってテンション上がったのはもうほぼスコープ病でしょうか。置ける場所さえあれば置きたいんだよなぁ~って常に思っていたところに奥行き13cmのスペース!神のお導きキター。そして早速、念願のティーラックを設置。組み立ても穴開けも不要、置くだけなので賃貸物件に優しい~。置いてから考えるタイプの私がキッチンでしばらく使ってみたらこんな内容物で落ち着きました。上段:茶筒、楊枝、藍九谷プチ印手/中段:猪口カルティオ/下段:塩、砂糖、ドリッパー。猪口とカルティオは、飲み物用としてのスタメンではありますが調味料を混ぜたり薬味を入れたり、調理道具としても大活躍なので、常に手が届く場所が定位置になり、とても使いやすくなりました。電気を点けた時に、より立体的になる建造物感が気に入っています。(スコープ酒井)

ブランド
SIDE BY SIDE (サイド バイ サイド)
デザイン
Sabine Schumacher
製造
カリタス工房

商品スペック

材質
オーク / オイルフィニッシュ
寸法
W505×D127×H395mm / 約2.9kg
生産
Made in Germany
備考
アンカー・ネジ×各2本付属

個別販売商品

  • 1423

    24,000(税込)

    販売終了しました

     

  • 1424

    24,000(税込)

     

  • 1425

    24,000(税込)

    販売終了しました

     

  • 1426

    24,000(税込)

     

  • 1427

    24,000(税込)

     

  • 1428

    24,000(税込)

    販売終了しました

     

  • 1429

    24,000(税込)

    販売終了しました

     

  • 1430

    24,000(税込)

    販売終了しました

     

  • 1431

    24,000(税込)

    販売終了しました

     

  • 1432

    24,000(税込)

    販売終了しました

     

  • 1433

    24,000(税込)

     

  • 1434

    24,000(税込)

    販売終了しました

     

  • 1435

    24,000(税込)

    販売終了しました

     

  • 1436

    24,000(税込)

     

  • 1437

    24,000(税込)

    販売終了しました

     

  • 1438

    24,000(税込)

    販売終了しました

     

  • 1439

    24,000(税込)

    販売終了しました

     

  • 1440

    24,000(税込)

    販売終了しました

     

  • 1441

    24,000(税込)

     

  • 1442

    24,000(税込)

    販売終了しました

     

お気に入りが見つからない時、欠品時は登録してください

入荷連絡を希望する

SIDE BY SIDE