現在のご注文は7/6(水)までに出荷します。 7/4(月)は7/1(金)朝10時までのご注文を出荷予定
PLASTEP / PLASTEP Polar Bear Money Box

PLASTEP / Polar Bear Money Box

貯金箱として
北欧らしい飾りとして

フィンランドのNordea銀行が1970年頃にノベルティとして使用していたと聞く、シロクマのかわいい貯金箱。ノベルティとして配られていた当時は、フィンランドらしい?素敵な仕組みがあったそうです。それは貯金箱のみが配られ、そこでは鍵は渡されなかったのです。貯金箱だけがプレゼントされ、子供達はコツコツとお小遣いを貯め、いっぱいになった貯金箱を銀行へ持っていくと、銀行員が鍵で開けてくれます。そんなアイデアから生まれたシロクマの貯金箱。パンパンに貯まったお小遣いは、そのまま銀行に貯金されたのでしょうか。(銀行預金のエクササイズみたいに見えてきた)その当時の貯金箱はフィンランドの蚤の市やヴィンテージショップで販売されているのをよく見かけます。でも、やはり多くの場合は鍵が付いていない。そもそも鍵付きだと、何故鍵があるの?って話です。スコープが取り扱いするシロクマ貯金箱はヴィンテージではなく、日本の会社が当時の貯金箱を生産していた工場にリクエストして再生産した物です。ですのでヴィンテージのように裏面に銀行ロゴが入っているわけではありませんが、鍵は付属していますので貯金箱として使用する事は当然できますし、綺麗です。親が鍵を管理し銀行替わりとなり、子供達の貯金箱として活用してみてください。銀行に預けられるよりも、現物が近くにある方が子供にとっては安心かもしれない、僕が子供ならそう思う。お手頃価格ながら北欧らしい独特な雰囲気を醸していますので、貯金箱として使わなくても良い飾りとなります。実はそんな用途が一番多いのでしょう。

PLASTEP Polar Bear Money Box

目鼻のプリントは
元に戻りました

長らく生産の続くシロクマ貯金箱、2020年末入荷分より目と鼻の印刷方法がデジタル印刷へと変更され、顔回りの雰囲気が少し変わりました。具体的な見た目でいいましたら、白目がなくなり黒のプリントが少し薄くなったのですが、2021年9月入荷分より、日本の輸入元さんのリクエストで元のシルクスクリーン印刷に戻っています。つまり印刷もハッキリしていて白目のある従来のシロクマ貯金箱に戻りました。

PLASTEP Polar Bear Money Box

2021年8月26日
もう、無くすもんか。

貯金箱の鍵が見つかりまして。2017年から始めたシロクマ500円玉貯金、明るい老後生活、コメダに通うためのモーニング代として地味に積み立ててまいりましたが、なくさないように特別な場所に仕舞ったはずが、特別な場所であるがゆえ忘れてしまい、かれこれ4年、探していたのです。しかし、見つかりました。夏休みの断捨離デイズで何かの組み立て用スパナとか六角レンチとかが入っている、何に使うか分からん工具箱を整理していたら、中から見覚えのある独特な鍵が出てきました。危うく捨てるとこやった。その場でゴム紐で首に巻き付けてやりましたぜ。これで流石に失くすことはないでしょう。多分。(スコープ酒井)

ブランド
PLASTEP>

商品スペック

材質
本体: プラスチック
鍵: スチール
サイズ
約W120×D110×H155mm
生産
Made in Finland

購入前に確認ください

  • 成型時にできるバリや成型跡が本体表面に見られますが、良品としています。