現在のご注文は4月19日(金)までに発送します 4/15(月)は4/12(金) 18時頃までのご注文を出荷予定
Emilia

2009年発売当初から注目を集めたアラビアのRunoシリーズ、四季を表現した定番ラインナップに加え、2010年に登場した冬限定のRunoフロストベリー、2012年にはRunoバタフライが追加され展開を広げていくのですが、2015年末には全アイテム廃番となってしまいます。でも、Runoを復活させる!そんな野望をスコープは抱き続け、何度もアラビアへの提案を重ねた末、Runoフロストベリーにフォーカスしたスコープ別注が2020年冬に実現してしまいます。2020年冬はオーバルプレート25cm、プレート11.5cm、ボウル17cmの3アイテムを復刻、2021年冬にはジャー蓋付0.25Lに加え、エスプレッソカップという新製品を加えました。新製品の追加は波にのり、2022年冬はRunoフロストベリーがより映えるティータイム充実計画を実行!ティーカップ、そしてソーサーとしてもケーキ皿としても使えるプレート16.5cmを登場させます。もちろんスコープで初めて世にでるRunoフロストベリーです。 そして2023年はRuno ピッチャー0.4Lを追加します。加えて2023年はアラビア150周年という特別な年でもありますから、2023年に販売するプレート11.5cm、プレート16.5cm、オーバルプレート25cm、ティーカップ、ボウル17cm、そして新作ピッチャー0.4Lの6アイテムに関してはアラビア150周年の特別なバックスタンプで生産されています。ただジャー蓋付0.25Lとエスプレッソカップは在庫限りで販売終了、2023年は生産していないのでバックスタンプも通常通りです。そんなRunoフロストベリーを購入できるのは世界中で日本だけ、日本のスコープだけ。これからも一緒にRunoフロストベリーを日々の生活で育てていきましょう。

Runo
  • Runo ピッチャー0.4L フロストベリー
  • Runo

ピッチャー0.4L 

2023年の新作Runoピッチャー0.4Lフロストベリー!アラビア150周年ロゴで初登場!2024年以降の生産予定はありませんので2023年入荷分を是非ゲッツしてください。この新作だけRunoフロストベリー柄の手ぬぐいが1個に1枚付いてきます。最注目アイテム、これだけはお見逃しなく!

Runo

ジャー蓋付 0.25L 

2021年登場のジャー蓋付0.25L、エスプレッソカップと同じ流れで2年目から人気が低迷していて、2023年も入荷していませんからバックスタンプは通常ロゴです。1つあると素敵なクリスマス飾りにもなるのですが、残念ながら在庫限りで一旦終了です。

Runo

プレート11.5cm 

ルノフロストベリー収穫祭2023のオープニングイベントで3万枚に近い数が完売しています。それを上の数には含めていませんから、イマイチ人気薄に見えますけれど、今年一番枚数が売れたルノはプレート11.5cmです。アラビア150周年ロゴを1枚と思えばコレが一番お手頃です。

SOLD OUT

こちらのRunoは販売終了となりました。エスプレッソカップ以外は2024年の収穫をどうぞお楽しみに!

  • オーバル25cm

    オーバル
    プレート25cm

  • オーバル25cm

    プレート16.5cm

  • ティーカップ

    ティーカップ

  • Runo ボウル 17cm フロストベリー

    ボウル17cm

  • エスプレッソカップ

    エスプレッソ
    カップ

ティーポット

東屋
ティーポット

Runoフロストベリーのティーカップとプレート16.5cmを追加しましたから、紅茶を積極的に淹れてみたい冬です。そうしますと、そこには東屋のティーポットが必須なスコープ的生活です。常滑で生産されている東屋のティーポット、容量1リットルありますからRunoティーカップで4杯分ぐらいは一度に淹れられます。またティーポット本体に細かな茶漉しが付いているので茶葉とお湯だけあればよく、他の道具は必要としませんし、注ぎ口の切れも良いので垂れることもそうそうなく(これは他になかなか無い)、とても便利に使えます。もちろん、洗う時には急須で淹れる日本茶同様、茶葉をドバっとシンクに流しだす必要はあるのですが、そこは排水溝ネット、水切りネットを活用すれば全く問題ないと思います。日本の道具なのですが、真鍮製のお盆同様、洋にもマッチするデザインでかなり幅広く愛用できます。真鍮盆とティーポットを一緒に使いましたら、Runoフロストベリーとの相性もより高まります。

Ultima Thule コーディアル

iittala
Ultima Thule コーディアル

小さな物が集まると凄く可愛らしいです。去年の冬に撮影したルノの写真を思い返しましたら、一番最初に僕の頭に浮かびましたのが小さな物の集合、Teemaプレート15cmホワイトの上にUltima ThuleコーディアルとRunoエスプレッソカップが置かれた写真です。本当はTeemaプレート23cmリネンの上にRunoボウル17cmを置いたところを撮影したのですが、その横に写り込んでいる子役の方が記憶に強く残ってしまいました。やはり子役は可愛らしいです。その時は確かコーディアルにディル、エスプレッソカップにサワークリームを入れていました。その通りに使う必要は全くなくて、そのセットアップで是非使ってみて欲しいのです。小さなふたつの器に何をいれましょう?それを決めた先に料理を決めてもいいぐらいに思います。そうまでしてでもやってみてね~と勧めたくなりますのは、やはり可愛らしいからなのです。

キッチンツールキャニスター110mm

SCOPE
キッチンツールキャニスター110mm

キッチンツールを立てておくためのキャニスターとして色々なサイズで作り始めたシリーズなのですが、キッチンツールキャニスター110mmはキッチンではなく、ダイニングで使うこと、具体的にはRunoフロストベリーと一緒に使うことを考えて作ったアイテムです。Runoの横に置いて馴染むことが最重要だから、これだけホワイトで作ってもらっています。それもアラビアやイッタラのホワイトのようなホワイト、全く同じホワイトではありませんが近い色なので一緒に使って違和感はなく、綺麗にルノのある食卓に溶け込んでくれます。僕は日々キッチンツールキャニスター125mmグレーと一緒に並べて食卓で愛用しているのですが、これがグレーといいながらイッタラのリネンに近いカラー、2つ並べてホワイトとリネンの併用みたいで良い雰囲気なのです。ルノのティータイムにはキッチンツールキャニスター110mmにコーヒースプーンやオードブルフォークを収めてテーブルへ。

Giannina エスプレッソメーカー

Giannini
Giannina エスプレッソメーカー

Runoエスプレッソカップ、小さな器だから自分なりの使い道を見つけるのも楽しく、プレートの上に置いてみたり、デザート用として使ってみたり、活用の幅はどんどん広がっていく不思議なアイテムなのですけれど、そもそもエスプレッソカップですから、エスプレッソコーヒーを淹れないのはもったいない!エスプレッソカップを持っているなら、エスプレッソコーヒーメーカーも使ったらいいのに。そうすれば家での珈琲もバリエーション豊富となりますし、エスプレッソからカフェラテ、カプチーノ、カフェマキアート、カフェモカなんて広がりを見せましたらティーカップも大活躍です!アイスクリームにかけてアフォガードなんてデザート方向に広げても良いですし、イタリア料理屋では食後の珈琲に変化が生まれるかもですし、イタリアやポルトガルに行こうかな?って、海外旅行の発端にもなるかもです。ちなみにフィンランドにはエスプレッソハウスというコーヒーチェーンがありますけれど、僕は入ったことがありません。

Kivi キャンドルホルダー

iittala
Kivi キャンドルホルダー

日本ではホワイト、フロスト人気はそこまで高くもないのですが、フィンランドでは冬の雪をイメージさせるからか非常に人気高だと聞きます。だからAaltoベースにもクリアだけでなく、ホワイトが定番としてラインナップされているのだと思います。イッタラを代表するキャンドルホルダーKiviには多くのカラーバリエーションが存在しますが、冬の食卓にはフロストがとっても似合います。Kiviって色々なカラーを集める楽しさがあるので同色を複数持つことは少ないのですが、同色が2個、3個ある方が使い易く、実際に使ってみれば色々あるより統一感があって見た目も綺麗にまとまります。色が増え過ぎないようテーブルにあるKiviは1色、多くても2色にしぼるといい感じです。冬はフロストやリネン、12月にはクランベリーの複数使いが僕的にはお薦めです。冬以外でもKiviはテーブル演出に役立ちますから、自分がよく使う色は少し数を増やしておくと、集める物からより使える物へと広がりを見せるはずです。

Savonia グレービーレードル

HACKMAN
Savonia グレービーレードル

Runoティーカップにスープをよそう時には小さなレードル、Savoniaグレービーレードルが使い易いのです。ステーキやハンバーグ、ローストビーフにソースをかける時にも綺麗にかけられます。ソースをピッチャー0.4Lへ入れ、グレービーレードルと一緒にテーブルに出しておけば、クラシックな雰囲気が食卓をとても上品にしてくれます。グレービーレードルは利き手を選ばないデザインですから、右利きでも左利きでも使うことができるという点で選ばれることも多いです。また、普段はキッチンで小さなレードルとして活用すれば、小さな鍋を使って料理したときにも重宝します。あるようであまり見かけない上品で小さなレードル、フィンランドで広く愛用され続けているSavoniaシリーズのアイテムながら、2021年に廃番となってしまいました。でも、スコープの生活にとっては大事なアイテムだと思うあまり、一度だけ再生産してもらったので、スコープでは販売が続いています。

オーナメントボール5個セット

iittala
オーナメントボール

イッタラから発売された5個セットのガラス製オーナメントボウル、本来はクリスマスツリーにぶら下げる物なのだと思いますが、ツリーに吊るのとは違った使い方でクリスマスを盛り上げてくれています。それは例えばFloraボウル250mmであったりAaltoプライウッドトレーのような、つまりフルーツボウルのように使える大きな器に、オーナメントボウルをグリーンと一緒に入れてしまうのです。そうしましたら、お手軽なクリスマスツリーのような見栄えとなります。いくつかカラーバリエーションも存在するのですが、Runoフロストベリーのある食卓の近くに置き、フロストベリーの赤とリンクしてくれるレッドが何より大事と思い、レッドのみに絞って在庫を積み上げ、スコープでは地道に取り扱いを続けています。そこまでするのも、冬の食器Runoフロストベリーにオーナメントボールレッドを加えるだけで12月がいい雰囲気となるからでして、レッド5色がいいなって思う余りなのです。クリスマスツリーを出すことはしなくなっても、何もしないのは寂しい気もするので、こうして12月に少し赤色を添え、静かに12月を楽しむのが今の僕には合っているように思います。

お盆 真鍮

東屋
お盆 真鍮

事務所の内装どうしよう?食堂の内装どうしよう?そんなことを考えると真鍮を使いたくなってしまう症候群です。それは僕がフィンランドへ行くようになり、真鍮を取り入れた空間を好きになり過ぎたことによります。真鍮を使うのはフィンランドに限ったことでもないのですが、木やレザー、石といった自然素材と真鍮との組み合わせは、僕にはフィンランドスタイルに見えます。シンプルながら豪華さがあり、その豪華さがとっても好みなのです。そんな僕にとって、東屋の真鍮盆はとにかく万能に使える物の代表です。もし持っていらっしゃいましたら、和方面に捕らわれることなく北欧方面とも使ってみてください。本当によく馴染み、場が立派になりますから。特にRunoフロストベリーとの相性は抜群です。お盆にピッチャーなどを置くのでしたら直径24cmの小が良いと思います。メインプレート程の大きさなのでテーブルにあってバランスも良いです。またRunoジャー蓋付0.25Lを乗せるのでしたら小盆が使い易いです。テーブルが小振りな場合も小盆を取り入れましたら雰囲気が全然違ってきますので、深く考えずに手にしちゃっていいんじゃない?手にしちゃえば使い道は見つかるんじゃない?そう思い込みたくなるぐらいに良い物なのです。

Cabernet

Holmegaard
Cabernet

Runoフロストベリーのある食卓というよりも、オーバルプレート25cmをメインプレートにした食卓ってどこか豪華な雰囲気があるから、そこに合わせるワイングラスはステム付きのワイングラスがベストだと思っています。物の雰囲気とバランスを見ましたら、スコープ的にはカベルネの出番となります。特徴のないスタンダードなデザインと手頃な価格、でもヘルシンキにある僕の好きなレストランOLOであったり、北欧のレストランで広く活用されています。特にこれでなくてはいけないわけでもないのですが、僕自身はこれで満足していて、他が欲しいとは思わないのです。このカベルネを愛用し続けるなかでワイングラスは収納箱が大事なんだと気づきました。それも2脚箱ではなく、もっと大きな6脚箱ぐらいの箱です。安定しているから取り扱い易いのです。でも、同じ種類を6脚セットとなるとホームパーティーしない限りは必要ではありませんから、普段使いに都合のよいシャンパン・ホワイト・レッドの各2脚セット、計6脚で1つの箱に入っているセットを特別注文しまして作って貰いました。パッケージの箱が使い続けるうえで大事に思ったからパッケージ別注みたいなことです。ただ、これ、あまり人気がないのが不思議なのです。僕は凄く威張った感じがなくて日々使うにはいいと思うのですけれども。

Aalto ベース120mm

iittala
Aaltoベース120mm

Fazer(ファッツェル)のチョコレートって普通なんだけど、なんだか美味しいんです。2022年にスコープはRunoフロストベリーにティーカップとプレート16.5cmを加えまして、つまりはティータイム充実計画なのですけれども、そこにはFazerだなって思ってます。で、そのパッケージもなんかリユースしたくなるぐらいに雰囲気いいのですが、Aaltoベース120mm辺りに入れてテーブルに置いておきましたら凄く素敵です。Aaltoベース95mmを使ってカクテルを出すお店がヘルシンキにあって実際に行ったことがあります。そんな風にイッタラの?いやフィンランドのアイコン的アイテムでもあるAaltoベースに花瓶以外の役割を与えて活躍させている姿をよく見かけます。160mmサイズをアイスペールにしたり、95mmをペン立てにしたりです。僕はAaltoベース120mmにFazerのチョコを入れています。これはRunoフロストベリーに合わせるばかりではないのですが、Runoのような北欧食器と一緒にある姿が何より絵になります。そして何故だか冬になるとそうしたい気持ちが強くなります。

サボニア

HACKMAN
Savonia コーヒースプーン オードブルフォーク

フィンランドを訪れたことがあればわかるかも?一般家庭やカジュアルなレストラン、カフェで使われているカトラリーってSavoniaが多いんです。だからSavoniaにはフィンランドの日常を凄く感じます。そしてRunoフロストベリーには冬、静かなフィンランドの冬を感じます。だから冬になればRunoフロストベリーとSavoniaを一緒に使いたくなるのです。ただ、カトラリーを色々なシリーズで揃えるのは無駄になりますから、既に愛用シリーズがあるのでしたら、コーヒースプーンとオードブルフォークという小さなカトラリーだけ取り入れてみるのはアリです。ティータイムに使えば気軽ですし、普段と違った雰囲気になりますから。テーブルセットされた食卓であっても小さなカトラリーであれば、他シリーズと混じりましてもおかしなことにはならないと思います。そしてRunoのエスプレッソカップ、プレート11.5cmと一緒に使ってみて欲しい小さなカトラリーでもあります。

Teemaマグ

iittala
Teemaマグ 300ml

アラビアのRunoが廃番になって長いのですが、スコープでは別注することで取り扱いを続けています。ですから、このアイテムを復刻して欲しい、ラインナップして欲しいというリクエストを多数賜わります。そして、そこには必ずマグが含まれます。だからマグも復活させたらいいのですけれども、どうにも僕の生活はTeemaマグに染まっておりまして、パールグレーやリネン、パウダーといったTeemaマグの現行色を合わせて満足してしまっています。だからRunoマグを復刻するにしても、それは先のことになってしまいますのは、既に2024年まで何を作りたいかは僕の中でザックリ決まっていて、そこにマグが入っていないからなのです。なので、それまではどうぞTeemaマグ0.3Lから好みの色を選んでRunoと一緒に使っていてくださいませ。Runoフロストベリーのマグは作らないわけじゃないんです、それより先に作りたい物、僕の生活に組み込みたいアイテムが他にあるからなのです。

ヘイニ・リータフフタがデザインしましたアラビアのRunoは2009年発売当初から凄く注目を集めていました。少し特殊な食器群、ラインナップの構成がとにかく複雑だったところが個性的です。スプリングドロップ・サマーレイ・オータムグロー・ウィンタースターの季節を表現した4バリエーションながら、アイテムによってその展開が異なっていたので、とにかくラインナップが複雑でわかりづらい!そこに明解なルールはなく、言葉で表しますとこんな風に長文となります。マグ350mlとプレート26cmは春夏秋冬4柄展開。エスプレッソカップ、プレート11.5cm、ジャー蓋付0.25L、サービングプラター36cm、ボウル27cmは夏のみサマーレイのみ。ティーカップ、プレート16.5cmはスプリングドロップ&サマーレイの春夏2柄、ボウル17cmはサマーレイとウィンタースターの夏冬2柄。プレート21cmとボウル23cmはウィンタースターのみ冬のみ。そして2010年、2011年には冬限定柄フロストベリーが発売され、これはとにかく僕の好みでした。フロストベリーのアイテム展開はオーバルプレート25cm、マグ350ml、プレート11.5cm、ボウル17cm、ジャー蓋付0.25Lと限られていましたが、伝説化するほど人気でした。そしてRunoに蝶が舞い飛ぶRunoバタフライが2012年に全6アイテムで登場(ティーカップ、プレート16.5cm、プレート26cm、ボウル17cm、マグ350ml、ピッチャー1L)、しかしながらその年から廃番アイテムが出始め、2015年末には全アイテム廃番となりRunoは幕を閉じます。それからRunoがアラビアの定番アイテムとして生産されたことはありません。そして四季の変化、自然を表現した柄のなかから、冬のワンシーン、フロストベリーにフォーカスしたスコープ特別注文によるRunoシーズン2がスタート!それは2020年冬のことです。まずオーバルプレート25cm、プレート11.5cm、ボウル17cmの3アイテムを発売しました。そして2021年冬にはジャー蓋付0.25Lに加え、エスプレッソカップというNEWアイテムを登場させています。そもそもプレート11.5cmがラインナップされていたので、エスプレッソカップがあればカップ&ソーサーとしても使えるだけでなく、その小さな器はアクセサリーのように生活を飾る物でもありますから、いい冬景色となるのです。新製品追加は波にのり、2022年冬にはRunoフロストベリーがより映えるティータイム充実計画を実行。ティーカップ、そしてそのソーサーとしてもケーキ皿としても便利に使えるプレート16.5cmを追加しました。パラティッシやティーマでも一番人気は便利に使えるカップ&ソーサー、Runoフロストベリーにも加えたかった筆頭アイテムがようやく登場です。もちろん過去に生産されたことはありませんから完全なる新製品、スコープで初めて世にでるRunoフロストベリーです。そして2023年はスペシャルなオマケ付きでピッチャー0.4Lが加わりますが、ラインナップが増え全てを継続するのは大変になってきましたから、エスプレッソカップとジャー蓋付き0.25Lは在庫限りで一旦終了することにしました。再生産するならまた数年後を考えています。そして2024年も新たなアイテムを加えながら、冬の食器Runoフロストベリーを育て続けたいと思っています。

2015

まとめまとめ

Runo