現在のご注文は10/7(金)までに出荷します 10/6(木)は10/5(水)朝8時までのご注文を出荷予定
ラインナップ
iittala Teemaプレート 17cm
17cm パールグレー
iittala Teemaプレート 17cm
17cm ホワイト

iittala/ Teemaプレート 17cm

ティーマ取分皿
ティーマ銘々皿

スコープが別注したティーマを中心に使いたい気持ちがあります。スコープにしかない物と他にもある物、やはり我子かわいいじゃないですけれど、別注を中心に据え、定番は少し置いておこうという発想になるものです。定番ティーマプレート17cm、これもメインから少し遠ざけまして、少し不便な場所に収納していたのですが、スコープアパートメント企画が2020年5月からスタートし、ティーマを中心とした食卓再燃!フィンランド的朝食お好きにサンドイッチをしたり、手巻き寿司もチョイチョイするようになりますと、ティーマプレート17cm無しではどうにも成り立たない。このプレート17cmを使いだしますと、もうこれでもかってぐらいに使えてしまうという現実。特に日本人に向いてるサイズなのだと思います。少し大きな取分皿、銘々皿として無敵です。そして使う機会が増えていき、よくよく手にして眺めることが増えますと、ティーマの中ではこのプレート17cmのバランスがベストのように見えてくるのです。重く感じるサイズでもなく、手にした感じも手軽で気軽。たくさん重なっていても重苦しくなく、上に積まれた皿をどけて下にある皿を取るのも大変ではない。これは本当に良いお皿だと思います。これぞ定番の威力実力!TEEMAプレートのラインナップとしては12cm15cm、17cm、23cmという展開がマイベスト。だから、もし、いつの日か、廃版になるようなことになれば、これは別注してでも続けなくてはと思うわけです。※一番上のオープンサンド的写真の食パンはかなり小さなタイプです。

iittala Teemaプレート 17cm
17cm ハニー / パールグレー
iittala Teemaプレート 17cm
17cm パウダー

パン皿のはなし

プレート17cmは明るい時間によく手にしています。朝、特によく使います。朝はそんな沢山食べるわけでもないから、僕の朝食では小振りな器が活躍しています。ティーマであれば朝のメインにはプレート17cmが手軽でいいです。特にパン皿としてイイ感じだと思った時、フっと思い出しました。昔々、スコープでは毎日スコープという企画で毎日何かしらコンテンツを作ってトップページにアップしていた時期があったのです。そこでスタッフ酒井がパン皿を研究するというのをやってました。その時にこれぞベストと認定していたのがティーマプレート17cmでした。パン皿研究者酒井曰く《17cmに一般的なサイズの食パンを乗せると、パンの端がリムに少しかかり、プレートとパンの間に空間が出来ます。そこに空気が通るのでトーストしたパンが蒸気で蒸れることなく、焼き立てのサクサク感が続くのです。パン皿としては一見小さいようにも感じますが、プレートのリムが立ち上がっているので意外とパン屑が散らかりません。トーストを乗せた時にプレートの色が見える割合もバランス良く、何より丈夫でコンパクトなので後片付けが楽ちん!》ということです。確かにプレート17cmに通常サイズのトーストを乗せると、リムにかかって少し浮くからパリッとした食感は継続しています。なるほど。

iittala Teemaプレート 17cm
リネン
iittala Teemaプレート 17cm
リネン

2005年のリニューアルは
よかったと思う物もある

ティーマのプレートは19cm・23cm・26cmというサイズ展開から、17cm・21cm・26cmという小振りな方向へとリニューアルされたのは2005年のことです。そうなりますと、やはり昔の方が良かったという話になります。食器は慣れもあるので特にそう感じるようです。僕自身もメインプレートは23cmが良かったと思い続けているので、諦め悪く別注することでラインナップを保ち続けているぐらいです。つまり僕にも昔の方が良かったという考えはあるのです。ただプレート19cmがプレート17cmへ変更されたのは良かったと思っています。ティーマでメインプレートを選ぶのなら23cmか21cmです。そこに沿えるパン皿やサイドディッシュであったり、ケーキ皿、取り分け皿として幅広く活躍することになりますのが、メインプレート群と小皿群の間にあるプレート19cm、17cmなのですから、とにかく重要な立ち位置を担うサイズとなります。ただ、そう考えますとプレート19cmでは少し大き過ぎやしないか?と僕は思うのです。19cmありましたらメインプレートとしても使えるサイズですから、プレート21cmの用途に近づきます。それに比べてプレート17cmは絶妙に小振りなサイズがとにかく使い易い。少々重さのあるティーマ群ですが、プレート17cmの大きさ重さであれば取り扱いも抜群に手軽で気軽ですから本当によく手にしています。つまり、この変更はとっても良かったと思うのです。とにかく使えるサイズですから、是非プレート17cmはホワイトだけでなく、ティーマらしい豊富なカラーを揃えてみてください。ホワイトばかりでなくリネンも加えて使いましたら落ち着いたテーブルを構成できます。ホワイト+パールグレーをベースとし、そこにハニーやパウダーのようなカラーを1つ加えるの素敵です。スンヌンタイと一緒にハニーを併用するのもお薦めできます。ホワイト+パールグレー+ブラックというモノトーンのセットアップとして、そこにパラティッシブラックを加えても洒落ています。よく使う色に関しましては最低でも家族分の半数が揃えてあるとテーブルはとても組み立て易くなります。プレート17cmは単品でも活躍の場は多いですから、あって困ることもないです。12cmプレート15cmプレートの感覚で揃えておくとかなり重宝してくれます。

iittala Teemaプレート 17cm
リネン / ホワイト

2022年5月10日
ス的なる北欧大阪 串カツティーマ

Teema プレート17cm リネンが手元に届き、試してガッテン!だったのが、串カツティーマでございまして、お好み焼きパラティッシに続くス的なる大阪北欧シリーズ第2弾!となりました。Teemaプレート17cmであれば何枚もテーブルに並べられますし、リネンの色と串カツの相性はバッチリですから、もしお持ちでしたらお試しあれ!少し洒落た串カツになるはずです。お供のお酒は生搾りグレープフルーツ酎ハイ!グレープフルーツをジューサーNo.2で生搾りしまして焼酎を割る、炭酸を加える。ホント美味しいから東屋ジューサーNo.2をお持ちでしたら、今でしょ!生搾ってお酒割っちゃってください!最高ですから。ちなみに甘さを加えたい場合、カリブというのを僕はよく使います。バーでよく見る物なのですが、これを常備しておくと便利ですし、なんか洒落ててイイ感じです。つまり気に入ってます。こうして#スコ民酒呑み部は、続くよどこまでも!酔い酔い!(シャチョウ)

iittala Teemaプレート 17cm
ヴィンテージブラウン / リネン

2022年9月15日
ヴィンテージブラウンとリネン

リネンとの組み合わせが気に入ってしまい、定番ラインナップの取扱いはマグだけのつもりだったティーマの2022年新色ヴィンテージブラウン、他定番アイテムも取扱いを開始しました。手元に届き、まずはチョコレートケーキを食べようと考えたのですが、そこに何か敷きたくなりまして、閃きましたのが試作してあったSlowpe Slice レッドです。これを敷いたら似合うんじゃないだろうか?試したところ!いや~ん!もう!それが素晴らしく良かった。ワインレッドの心、最高です。ブルーも良かったけどレッドもいい!これクリスマスにバッチリ!ルノともバッチリなんじゃない?と期待は膨らむも、今、この瞬間の思い付きですから、現段階では生産のことは全く考えられていないので、今から進めたとしても今年のクリスマスには間に合わない。そこは残念無念としかいいようがなく、ガクーン。でも、まぁ、そのうち作りましょうぞ!(シャチョウ)

ブランド
iittala
デザイン
Kaj Franck (カイ・フランク)

商品スペック

材質
磁器
寸法
約φ175×H26mm
リムを除いた内寸 φ125mm / 約340g
生産
ホワイト各種: Made in Romania
その他: Made in Thailand
備考
オーブン(直火不可):○ / フリーザー:○ / 電子レンジ:○ / 食器洗浄機:○

購入前に確認ください

  • 小さな黒点やピンホール、多少のがたつきは良品としています。

説明書ダウンロード:陶磁器

  • リネン

    2,420(税込)
  • パールグレー

    2,420(税込)
  • パウダー

    2,420(税込)
  • ハニー

    2,420(税込)
  • ホワイト

    2,420(税込)
  • ヴィンテージブラウン

    2,420(税込)

Teema