オーダー超集中によりパニック気味ですが出荷は続けているのでどうか待っていてください。予定より早く届く予定。by シャチョウ
現在のご注文は12/14(水)までに出荷します 12/8(木)は12/5(月)朝9時半までのご注文を出荷予定
OPA (オパ)  Mari ステンレスケトル
1.5 L
OPA (オパ)  Mari ステンレスケトル
1.5 L

OPA / Mari ステンレスケトル

Mariステンレスケトル1.5L
IH対応という貴重な存在

2021年現在、引っ越した先がIHだったから、僕の生活もIHが主になっているのだけれど、IHコンロという物が身近にない時期が長かったので、その期間はIH対応ケトルにアンテナが立つことはなかった。あまり興味がわかない方向だったのだけれど、掲示板に寄せられた「オススメのIH対応ケトルを教えて欲しい」というメッセージを何度か読み、なんとなく検索すること数回。世の中にはこんなに沢山のIH対応ケトルが存在するんだということを知ったのですが、その中に一つ見慣れたケトルを見つけてしまった!これってIH対応だったんだ。やっとその価値に気づいたのが、フィンランドOPAのステンレスケトルMariです。かもめ食堂でもコーヒーをいれる際に登場した『コピ・ルアック』のケトル。でも、40年以上生産が続いているケトルがIH対応?少し不思議に思ったのだけれど、よく思い返してみれば、フィンランドはガスコンロが少ない。オイバの家も、MySuomiハンナの家もIHコンロだった。いつ頃からIHがフィンランドに普及したのか?そこは僕にはわからないのだけれど、フィンランドはIHが広まっている国であって、IH対応の製品がそもそも多いようです。だからOPAのステンレスケトルMariはIH対応。取扱いを最初に検討したのはスコープを始めて間もない頃でした。でも取り扱いしようと思うと何かが起こる。輸入元が変わる、工場が移転する。そんな流れもあって取扱う事のないまま時は過ぎていったのですが、掲示板にあったメッセージがキッカケとなりスコープでの取扱が始まった。パッケージには歴史を感じさせるダサさがあり、品物には歴史を感じさせない洒落た印象がある。フィンランドOPA Mariステンレスケトル1.5L、日本のIH対応基準も満たし、使ってみたいと思わせてくれるとても貴重な存在です。

OPA (オパ)  Mari ステンレスケトル
1.5 L
OPA (オパ)  Mari ステンレスケトル
1.5 L
OPA (オパ)  Mari ステンレスケトル
1.5 L

かもめ食堂のように
コーヒーポットとして使う

IH対応でいい雰囲気のケトルを探している、北欧の雰囲気が好き、映画かもめ食堂ファンである、そんな方には気に入って貰える道具だと思います。使い勝手的なことを少し書きますと、蓋はキツくとまっているので、結構な角度に傾けて注いだとしましても蓋がハズれることは、そうそうないです。ただ、片手で簡単に蓋をサッと取り外すようなこともできないです。ちょっとコツというか慣れが必要に感じます。そしてIHコンロで使っている分にはハンドルが持てないほど熱くなった記憶はありませんが、ガスコンロではかなり熱くなるので手ぬぐいやミトンなどが必要です。そして一番気になるところが映画「かもめ食堂」をみて欲しくなったという方が、映画のワンシーンのようにコーヒーを淹れる道具として使うところでしょうか。もちろんコーヒーのドリップに使うのもアリです。この用途について調べてみますと、垂れると書いている方もいる通り、細く丁寧にドリップする感覚で使いましたら以前の仕様はかなり垂れたのですが、仕様変更がありまして2021年に納品された物を使いましたら、ゆっくりと細く注ぎましてもほぼ垂れる事のない優秀具合でした。加えてキレも非常によいので、コーヒーポットとしても十二分に機能します。4人分といった大人数のコーヒーを一気に淹れるのなら、このケトルで直接ドリップしちゃうのアリだなって僕自身も思っているぐらいです。ただ、ネルドリップでいれるぐらいに本気になりましたら、注ぎ口の細い大坊珈琲のドリップポットを使った方がうまくコーヒーは淹れられるのは確かですから、そうなりましたら専門の道具を使った方がよいとは思います。ただ全然なしじゃないですし、無理があるわけでもないです。

OPA (オパ)  Mari ステンレスケトル
0.5L
OPA (オパ)  Mari ステンレスケトル
0.5L

IH非対応なんだけど
0.5Lサイズについて

日本基準ではIH対応は1.5Lサイズのみ、0.5LサイズはIH非対応となりますが、パッケージには0.5LサイズもIH対応と書いてある通り、フィンランドでは両サイズIH対応です。0.5Lサイズは底面直径10cmと小さく、このサイズは日本の規格外、つまり日本のIH機器が対応しているサイズ外となるので、こういったIH対応表記に差異が生まれます。ただ、日本のIHは底面の直径12cm以上を対象としているようですが、直径10cmの0.5Lサイズも実際に使ってみれば使えることはとても多いです。こればかりはやってみないとわからないので買って試してみるより方法はないのですが、もし使えなかったとしましても、FraboskのIHヒーティングプレートを活用すれば使えるようにはなりますので、お好きであればチャレンジしてみるのもアリです。ちなみにスコープアパートメント(スコープの撮影スタジオ)にあるパナソニックの古いIHコンロでも何の問題もなく使えています。また、このケトル0.5Lの用途として面白いのがコーヒーポット、ティーポットとして使う方法です。ヘルシンキのあるレストランで、このOPAのMariにコーヒーをいれて出してくれたお店があったという情報をスコープのお客さんから教えて貰いました。確かに、この大きさならば、そんな使い方をしても可愛らしい。そしてパッケージにもコーヒーケトルの記載がある。そう使うことを始めましたら、二人分のお湯を沸かす程度の小さな0.5Lサイズのケトルの用途がかなり広がってしまいます。一人二人で使うには丁度よいサイズ感であり、雰囲気もコーヒーや紅茶をいれてテーブルに出しても全くおかしくありません。また、注ぎ足しのお湯を入れておくのによいと思います。つまり使い始めるとかなり使えます。

OPA (オパ)  Mari ステンレスケトル OPA (オパ)  Mari ステンレスケトル

色々お願い諸々
そして細々あれこれ

フィンランド生産から中国生産に切り替わり、またフィンランド生産に戻る。生産が再開したと思えば、また入荷がピタリと止まり、久しぶりに入荷してみれば以前と微妙にフォルムが違っているように見える。この段落の写真は2022年11月に入荷したアイテムを使って撮影しています。それ以外のイメージ写真は過去に撮影された写真ですから、どこかしらに差異がある可能性がありますので、あくまでもイメージ写真は使用イメージとして見てください。また、このアイテムは表面が光沢のあるミラー仕上げになっていますのでちょっとした傷も凄く目立ちます。そしてケトル表面には多少の傷がどれにでもありますから、そこをご了承できる方のみオーダーをお願いします。またケトル内部には加工による黒い粉体がかなり付着しています。検品時になるべくふき取る努力はしていますが、それでもかなり残ります。流石に全在庫を水洗いするまでできないので、到着しましたら念入りに洗浄した後に使い始めてください。また、再入荷の予定もなかなか立たず、再入荷と欠品を繰り返すことが続いていまして、正直なところスコープでは十分な在庫を確保するのは難しいと感じています。ただ取扱店舗は増えているようですから、もしスコープが欠品している場合は、スコープへの再入荷を待つのではなく、在庫のある他店様で購入されることをご検討ください。

ブランド
OPA (オパ)

商品スペック

材質
18-8ステンレス(底部のみ AISI436)
寸法
0.5L : 約W150×D110×H115mm / 約320g / 500ml(満水)
ハンドルを立てた状態 約H160mm、口径 約φ73mm、底径(接地面) 約φ100mm
1.5L : 約W190×D150×H145mm / 約500g / 1500ml(満水)
ハンドルを立てた状態 約H200mm、口径 約φ95mm、底径(接地面) 約φ130mm
生産
Made in Finland
備考
ガスコンロ : ○ / 電気コンロ : ○ / ラジエントヒーター : ○ / 電磁(IH)調理器 : 0.5L ×, 1.5L ○ / 食器洗浄機 : ○