現在のご注文は6/30(木)までに出荷します。 6/27(月)は6/24(金)朝10時半までのご注文を出荷予定
PROOF OF GUILD  真鍮ネジ式フック石型 2021 PROOF OF GUILD  真鍮ネジ式フック石型 2021

PROOF OF GUILD / 真鍮ネジ式フック石型 2021

イイ感じの石に頑張って穴を開け
真鍮パーツと接着しただけながら

真鍮ネジ式フック1型や2型を既に取り付けていらっしゃれば、ベースパーツは共通ですからフロントパーツを付け替えるだけで、お部屋の1型や2型を石型へと変更することができます。ただ、真鍮ネジ式は真鍮無垢材を削り出して作られていまして表面コーティングなどの処理は一切されていません。つまり、表面は段々と変化します。フロントパーツだけを付け替えますとベースパーツとフロントパーツの風合いに差異がでますから(それも自然の変化なので僕は素敵だと思います)もし風合いを揃えたいのであれば、ベースから付け替えなくてはいけないので、そこも含めてご検討ください。と、かなり細かい部分から始まりましたが、これより石型について。今回、石を取り付けられるよう真鍮ネジ式のフロントパーツを新たに制作しまして、それに石を付けただけといえば付けただけなのですが、実際に作ってみますとこれがナカナカ大変だったそうです。まず、proof of guildさんが爺様の庭へ侵入し、40~50年前に敷きつめられた庭石から、探し出しましたのが”イイ感じの石”です。この”イイ感じの石”というのがナカナカないようで今回”イイ感じの石”を集めるのに、正味2日は費やしたそうです。そして、集めた石に丸く穴を開ける作業が始まります。ここは最大の難所です。今回、なんとか開けきったようですけれど、また作るとなれば新機材を導入するなどして効率化しないと無理ポイントということでした。そして爺様の庭石とネジ式のフロントパーツを強力に接着させ、石の裏に《p.o.guild 2021 シリアル番号》と手彫りしまして完成に至るのですが、このハンドサインは石の色によって見えにくい物もありますので、そこは仕方なしということで、どうかどうぞご理解賜わりたいです。そして刻印の年号は2021年であり、2022年でありませんのは、本来2021年12月発売の予定だったことが理由なのですが、生産年と思って貰えれば、それにて石のように丸く収まります。都合の良いことを言って申し訳ないです。石を取り付けた真鍮ネジ式というのはナカナカ面白い物で、気張っていない雰囲気は日々の生活によく馴染み、これを作って良かったと思っています。そして、色々な先を生み出す一つの発端となったようにも感じています。proof of guildが選びだした”イイ感じの石”の中に、皆さんにとっての”イイ感じの石”が見つかりましたら、自宅のどこかに取り付けてみてください。なんだか、優しい感じがするのです。

PROOF OF GUILD  真鍮ネジ式フック石型 2021 PROOF OF GUILD  真鍮ネジ式フック石型 2021

ベースパーツをいきなり
取り付けないことが大事

ベースパーツをいきなり取り付けず、ちょっと実物を手にして考えましょう。真鍮ネジ式1型2型はベースバーツを取り付けたい場所にネジ止めするだけですから、慣れてしまえば取付作業は一瞬ながら、石型に関しましては何も考えずベースパーツを取り付けてしまうと、石が好みの向きにならないという結果に至ります。つまり、1型2型に向きはありませんが、この石型には石の形がありますので、石をこの向きに取り付けたいという好みがありましたら、石が好みの向きとなるよう、ベースパーツを取り付ける必要があります。ただ、ベースパーツには何の目印もありません。ですから、なにかしらの目印をつけておき、石が好みの向きになるベースパーツ位置を確認できるようにしておく、少し緩めにベースパーツを取り付けて、石の方向を確認した上で、最終的にしっかりネジ止めをする、そういった工夫が必要となります。文章で読みますとわかりづらいのですが、実物を手にすれば理解できるはずです。石が希望する向きになるようベースパーツを取り付ける、それだけのことです。特に決まりはありませんから、皆さんうまいこと考えましょう。

PROOF OF GUILD  真鍮ネジ式フック石型 2021 PROOF OF GUILD  真鍮ネジ式フック石型 2021

余談:石型から生まれた流れ

真鍮ネジ式の発売当初、新型をバンバン作ろう!と考えていましたが、まったく進まないまま1年以上が過ぎ、ようやく出来あがりましたのが、この石型という亜種です。亜種と書きましたのは、普段とは違った流れでしか作れない物だからです。通常であれば製品アイデアをまとめ、量産してくれる工場を探し、工場と話し合いを重ねて条件をつめ、試作を重ねた後に量産が始まります。ただ、その流れでは作れない製品アイデアというのが実に沢山でてきてしまいます。誰しもやったことのないこと、難しいこと、曖昧なことは受けてくれません。今回の真鍮ネジ式石型は、いつもの流れと違うから製品化できたと思っています。そもそもproof of guildはジュエリーをメインに制作しているブランドで、既に独自の加工技術を備えています。この真鍮ネジ式石型は、真鍮パーツの削り出し以外、ほぼ全ての加工をproof of guildで行ってます。scopeとproof of guildの中だけで、アイデア出しから試作、量産までが完成しているのです。これであれば実現化できるアイデアの幅も極端に広がります。ただ、生産量が非常に少なくなってしまうという欠点を備えます。実際、この真鍮ネジ式石型は次回入荷は完全なる未定、次あるかどうかも怪しいです。そこで、その加工の一端をスコープ倉庫内に移してみる?といった発想が生まれました。半完成品がスコープへ納品され、仕上げや加工にスコープも加わるという新しい流れです。この方向に僕は実によい香りを感じています。その新しい流れを真鍮ネジ式石型が生み出したようです。それは倉庫拡大とともに始まりそうな予感!真鍮ネジ式石型、なんか縁起の良さを感じます。流石はイイ感じの石だ!

ブランド
PROOF OF GUILD
デザイン
PROOF OF GUILD
真鍮ネジ式の取り付け方法

商品スペック

材質
石、真鍮
寸法
ベースパーツ φ23×L27mm
*重さ、石の外寸は個別に計測しています。カート上でご確認ください。
生産
Made in Japan
備考
刻印:p.o.guild 2021 ***
取付け用ネジ、石膏ボード用アンカー付属