オーダー超集中によりパニック気味ですが出荷は続けているのでどうか待っていてください。予定より早く届く予定。by シャチョウ
現在のご注文は12/15(木)までに出荷します 12/9(金)は12/5(月)22時半までのご注文を出荷予定
iittala /  Oiva Toikka Lehto

【販売終了】iittala Oiva Toikka Lehto

1930年代にイッタラはアート作品を創り出し 1950年代にはタピオ・ウィルッカラ、 ティモ・サルパネヴァ、カイ・フランクの ユニークピースがイッタラの国際的躍進の 原動力となります。そして1970年代には ヘイッキ・オルヴォラ、ケルットゥ・ヌルミネン オイバ・トイッカが参加し、ヌータヤルヴィから 独自のアートコレクションが発表され 1981年にはPro Arte Vitrea コレクションが、 その後イッタラとアラビアから Pro Arte コレクションがリリースされます。


こうしたデザイナーと 熟練した職人達がお互いに協力し、 クリエイティビティと高い技術を生かし アートとデザインの境界を超えるような ユニークピースを生み出し その作品達が多くの人を魅了し 素晴らしいプロダクトの種となります。 この流れというのは非常に重要で 最近になって久々に復活を果たします。 それが2009年からスタートした アートガラスシリーズ Art Worksです。


2009年 Harri Koskinen 2010年 Oiva Toikka 2012年 Kim Simonsson 2013年 Nathalie Lahdenmaki


基本的に限定生産で数量も少なく イッタラショップメインで取扱いされている シリーズで、あまり卸ルートには出ません。 実際、2009年ハッリ・コスキネンの作品群は リクエストは出したものの 全く仕入れる事できませんでした。


ですが、2010年 Oiva Toikkaの時だけは ファンの多い日本に輸出されます。 その時にスコープがまとめて仕入れたのが このLehto。これ以外手を出しませんでした。 それは僕の単なる好みなのですが。


実際今でもヘルシンキのエスプラナーディに あるイッタラショップへ行くと 過去のArt Worksがいくつも販売されています。 全て人気で即完売というわけではありません。 ですが、中には多くのコレクターに注目され 即完売するアイテムがあります。 2009年のHarri Kosikinenのコレクションだと Pokaaliというゴブレット。そして2010年は このLehtoです。50個生産で10個はスコープへ。 僕の周りのフィンランド人コレクターも数名 複数個持ちしていたので、所有者が極端に 少ない作品でもあります。


そして当時の現地プライスが1500ユーロ ですから、今回の販売価格が如何に 素晴らしいかは言うまでもありません。 もう買う事のできない一番人気の作品が 3年後の今、プレミアム価格でもなく 当時の現地価格で日本で買えるわけですから。

iittala /  Oiva Toikka Lehto

大きな作品で お手頃な作品ではありませんが オイバの大ファンである!という方は 是非この機会をお見逃しなく。 これはもう手にする機会 はないと思いますよ。 誰もこれは売らないと 思うんですよね。 凄く良い作品なので。
Lehtoを仕入れた時のブログエントリー
懐かしのLehtoの元ネタを作ってる所

ブランド
iittala
デザイン
Oiva Toikka (オイバ・トイッカ)
iittala /  Oiva Toikka Lehto