現在のご注文は4月22日(月)までに発送します 4/18(木)は4/16(火) 7時頃までのご注文を出荷予定

2023年6月22日
森と雨

頻繁にあることではありませんが、スコープさん買いますか?とイッタラからスポット生産されたアイテムの提案をもらうことがあります。今回は他国の特注品として生産された物をスコープに分けてくれました。Kiviフォレストグリーン、1668個。2013年から2016年の間に販売された少しくすんだグリーン、取扱いをしていた時も非常に人気の高かったカラーです。この頃は葉山の貸別荘に長期滞在しながら撮影をしていたスコープ歴の中でも少し豪華な時代、懐かしいです。その時の写真が上の1枚目でフォレストグリーン&サンドの組み合わせです。その頃のテキストを読むと、レイン、フォレストグリーン、サンドの相性良しの記載がありました。今はもうサンドが無いので、フォレストグリーンとレインを並べて撮影したのが2枚目です。まさに外の風景そのままフォレストグリーン&レイン、雨の日に見るこの配色はとても静かで、まさに森と雨のイメージだと心に沁みましたのは、撮影場所が森の奥深くにあるからです。森もどんどん減っていき、雨もそのうち止んでしまいますから、今のうちにどうぞ。そう、つまりどちらも在庫限りです。(シャチョウ)

2022年12月6日
フィンランドカラー

本日、12月6日はフィンランド独立記念日。フィンランドでは国旗色である青と白のキャンドルを飾ってお祝いします。と、昔フィンランド語の先生に教えてもらって以来ずっと、日本には青と白のキャンドルなんて売っていないからこの再現は難しいなあと思っていました。しかし先日気づいてしまったのです。Kiviのディープターコイズとフロストの組み合わせってまさにじゃない?!ということに。正直これを思いついた時、感動で少し震えました。笑一応会社の備品で色味もチェックしてその日のうちに購入完了。これでこれからは独立記念日も自宅でフィンランドに浸れるようになって嬉しい限りです。
Hyvää itsenäisyyspäivää kaikille suomalaisille!(スコープ松尾)

2021年9月9日
一粒で二度おいしい

キビを集め出して早10年、キビオタと言うにはほど遠い数しか持っていない私ですが、最近特に一人メガヒットしている色のキビがあります。それはスコープ別注色のリネン。発売時は、廃番色のサンドを持っているから似た系統のリネンは一旦見送ろうかしらと思ったりもしましたが、手にしてみると、全然似てないじゃない。サンドよりもっと透明感があり、その透明感が絶妙に品の良さを醸し出していて、美しかばい。このリネンは自然光を通すと、厚底ガラスの部分が赤味のある色に光って見えるのですが、その色がかなりパープルっぽいのです。不覚にもスコープ別注パープルを買い逃している私にとっては、リネンでパープルも感じられるなんて1粒で2度美味しい。同じく光を通すと、厚底ガラスが青っぽく光り、レインの雰囲気を醸し出してくる色変仲間のグレーと並べてその部分にうっとりしてるんだけど地味過ぎて伝わらないかしら。(スコープ酒井)

2021年7月21日
夏のKIVI

実にシンプルなガラスの塊、KIVIキャンドルホルダー。色により値段が違うをアリとしているイッタラだからこそできる技その複雑で豊富な色展開!そのラインナップが魅力!だと僕は思っております。冬になりましたらキャンドルを灯して部屋を暖かく見せてくれますが、夏場にキャンドルを灯すことはそうそうありません。でも、夏の強い光が透過して部屋に綺麗な色を映す時があり、それを偶然目にする瞬間というのがナカナカに嬉しいものなのです。薄水色のロールカーテンそもそも借りた時から付いている物で僕好みではなかったのですが、それを下ろしていましたら、窓辺に並べたKIVIの色がそこに映り、なんだか凄く洒落て見えました。だから、まぁ、当分このままでいいかってことを思ったのです。あんまかな?って思っても、そのまま使い続けていると良いところが見えることもあって、このままでいいかって結末に至りましたら無駄もゴミも減り嫌でもないんだから素晴らしいです。そう考えると合わなくても折角そこにあるのだから捨てる買い換えることなく使い続けてみるって大事なことねってことを思いましたが、話しは大きく反れキャンドルホルダーではなく、スコープとは関係のないロールカーテンの話になったように思いますが、つまりはキャンドルホルダーの活躍の場でもない夏にだって使っていればいい事はあるとそう結論するわけです。結局、なんのこっちゃー!(シャチョウ)

2021年5月10日
リネンとサンドは違った

スコープが別注しましたKIVIリネンについて。皆さん、リネンとサンド、似てるんじゃない?ほぼ同じ?と思ってません?僕は完全にそう思っておりました。思っておりましたけども、その違いは別注して納品されてみなければ確認のしようがないわけです。見分けつかないレベルかもしれないと思いながら別注している辺りが、ノリとイキオイ、とりあえずやってみよぉ?!なスコープ魂。で、KIVIリネンが届きましたから、サンドを探し出して二つ並べて使ってみました。並べてみますと色が違うというより、色の濃淡が全く違いますから似てはいないですね。サンドは濃い、リネンは薄い。ティーマにもいえることですが、リネンはその絶妙な薄色がいいんだとそんなことを思うのでした。写真に撮るのは難しいのですが、リネンは強い日光が当たりますと、少し紫がかっても見えるようです。それもまた綺麗でナイス!なんでだか、リネンというのは特別いい色に見えるのです。なんでだか。(シャチョウ)

2018年2月14日
KIVIアメジストの色と光源の関係

イッタラ製品は使用する色ガラスで 値段が全然違います。そうするから 豊富な色ガラスを使うことができ、 バリエーションも膨大で最高! 中でもスコープが愛するアメジストは 最もお値段お高いゾーンにあるんです けれど、綺麗で面白い色なのです。 光源で色が変わる。そこ。 その色について質問をチョイチョイと 頂きますから、まとめてみました。 疑問も多かったので実験もしました。 今回、試してみましたら 過去に質問を頂戴し、そこにお返事を したことも誤りでしから、それは本当に すみませんでした。結果は以下の通り ですから、是非ご覧くださいまし。 (1)太陽光 アメジストは黄色を吸収するようでして 赤っぽい光、自然光では紫となります。 光が強いと超絶綺麗でソーナイス!
また火を灯しましても紫です。 (2)白熱電球 白熱電球下でも太陽光と同じく紫。 火を灯しましても当然、紫です。 (3)蛍光灯 蛍光灯の下では基本的に青いです。 また火を灯しますと火の光が届く部分 に関しては紫に変化します。雑種。 (4)LED電球 これは試して初めて知ったのですが 昼光色、昼白色、電球色に関わらず LEDは基本的に紫でした。マジか。 昼光色、昼白色も紫か~。ちなみに アイフォンのLEDで照らしましても 紫でございました。
※LED昼光色
※LED昼白色
※LED電球色 (5)電球型蛍光灯 電球型蛍光灯についてはLEDの真逆 つまり昼光色も電球色も青でした。 これまたマジカ。色関係ないんか。 黄色吸収して紫化せんのか。何故。
※電球型蛍光灯 昼光色
※電球型蛍光灯 電球色 まぁ、つまり蛍光灯下では青くなり、それ以外では紫、そんな結果でした。ですから家に蛍光灯がなければ、昼も夜も紫にしかなりませんので、アメジストはパーッと明るい紫ってことになります。どうしても青くしたい場合は蛍光灯を導入する、それっきゃないわけです。ただ電球型蛍光灯の電球色でも青になるってのは、明かりは暖かな電球色のまま(蛍光灯のような白い光にしないで)アメジストの青なる側面を引き出す秘策となるのは大いなる気づき、天の恵みでございました。でも、まぁ、思うにですよ、そこまでしなくても、アメジストは渋い青のイメージではなく、紫のイメージが強いんですから、紫の姿しか見た事のない人も、これは蛍光灯の下では青になるんだと、信じる力をもって、見た事ないけどオッケー満足!とするのも良いんじゃないかと強引に思おうとするのはどうでしょう。 加えて覚書的にKIVIのアメジストについて。 こいつが滅多に生産されないのは、強烈に高いからでしょう。グラスに比べて使うガラス量がハンパなく多いキビだから、イッタラ製品の中でもガラスの値段が販売価格に色濃く反映されてしまう代表選手なのです。だから色ガラスの中でも特に高いアメジストは非常に高いキビを生みますから、1988年~1992年と生産期間も短く再生産もされない。それでスコープにリクエストが寄せられまして、別注再生産からの発売をしましたのが2015年12月。これが結構注目されまして、海外の知り合いの友達という少々遠いところにいる外国からもオーダーが舞い込むほどでしたから、なかなかの注目具合だったようです。僕らが思っていた以上に待望の!再生産となっていたみたい。発売同月売り切れまして(祝)諸々の流れに流されまして再度発注することを決め、1年後の2016年12月に再入荷、そして今に至っております。1回の生産で要求とされるロットは3,000個ですから結構な量でして、流石に3度目の正直!ナンテのは恐怖以外の何ものでもないですから、これにて僕らのKIVIアメジストへの道は終わると思われます。今からオーダーしても現在の値段をキープするなんて到底無理でしょうし。だってこんな値段設定になってますけれど、Kiviアメジストは他アイテムと比べて利益率超低いんです。そんだけ頑張ってもこの値段、この値段じゃないと無理だろうと僕らも諦めてのこの値段、その値段が1万円なんですから泣けます。とはいえ、これだけの金額を出しても欲しいと思える特殊な価値あるキビなのですよねぇ、Kiviアメジストは本当に綺麗です。2015年のクリスマスで作ったテーブルセットは今でも忘れられない、僕の会心の一撃でして、これはキビアメジストがなければ成り立たなかった。人生の良い思い出になったと思っています。かしこ。
キビアメジスト https://www.scope.ne.jp/iittala/kivi/
※キャンドルの灯りのみ

1 / 1