現在のご注文は2月27日(火)までに発送します

2010年6月27日
SIWA クッションケース ナイッスー!

おはようございます。
朝ごはんを食べてきました。

ついでに近くのフリーマーケットも見に行ってきたんだけど
やっぱ今日はやってなかったです。ユハンヌスはやっぱ
全閉店ぐらいにて思ってた方がイイ感じ(笑)
開いてたラッキー程度の感覚がハッピーです。

で今日はお昼過ぎからハンナさんの子供たちに誘って頂き
フィンランド随一のパラダイス!夏のみオーペン!!
リンナンマキの遊園地に連れていってもらうことになったので
それは、また今日の夜中か明日の朝にアップします。

で、今は、ネタなし、種なしなんだけど
今、僕のなかでホーットホーットなアイテムがあるから
突如紹介してみる事にしました。


まだ発売されたばかりの新製品
使い倒しているわけではないんだけど
既に超お気に入りになってて
今回の出張のお供にも連れてきてて
今回のオミヤに25個も持ってきた
SIWAのクッションケース。

BEST BUI!
ベストば~い!(長崎弁系ダジャレ)

 セップク
 かっ家族がいるんですー いっいのちだけはー。

SIWA クッションケースS 2940yen

これに、あとデジカメPanasonic DMC-GF1が入るから
超パンパン。いつもバッグに入れて持ち歩いてるセット。
iPhoneは出てること多いけどさ。

eneloop mobile booster
USB出力付のリチウムイオンバッテリー
これは手放せない。充電も早いし。
出張二人旅が多いから出力は2つタイプです。

SIWA クッションケースM 3990yen

これはPCなどなどを今回の出張からぶっ込んでます。

一瞬、こんなに入んないだろー!って思うんだけど

入るんですね~。
こんくらいで調度イイ感じ。
余裕メーンです。


丁寧に縫製されていて、丈夫で軽くて使ってて気持ちいいです。
紙をずっと使い続ける感じが何だかいいんですよ。


そうそう、話は少しだけそれるんですが
このクッションケースのアップは僕がヘルシンキへ移動してる時で
出発寸前に僕がページの作り直しをリクエストしたから
僕自身は完成したページの画像やテキストを見ていなくて
さっき思い出してチェックしたし(遅)

写真に写ってる外付けHD!誰のだよ?
これ、僕も最近買って持ってるし(笑)
ピンクだけど。

最近持ってる物が白や黒やシルバーばっかだから
物を探しづらくて、目立つカラーにしてみた(笑)
瞬間的にわかるよ。ピンク万歳!

ニシンのフライはヘルシンキで食べる。 【ヘルシンキ】

ヌータヤルヴィでガラス職人として働く日本人みつる君に
教えて貰ったレストラン。

Radisson Blu Seasideに初めて泊まった時
どこか美味しいレストランない?って聞いたら
すぐ近所に有名なお店があるじゃないですか~!
って教えてくれたのがここSALVEです。
ホテルから徒歩数分。忘れ物を取りに帰れる距離です。
日中も外で飲んでる人が多くて(夏場だけだと思いますが。)
常に混んでる印象です。

地元でもかなり有名なお店みたいでフィンランドな皆さまに
SALVE美味しいよねって話をすると大体わかってくれます。

ニシンのフライが素晴らしく美味しい。
ヘルシンキのレストランでは僕はここが一番好きだな~。
なにもかもってわけじゃないけど、ニシンのフライが好き。
SALVEが近いからホテルをRadisson Blu Seasideに
してるというのもある。うんある。

今回食べたのはこの2皿
Salven Silakat ?14.90 (ニシンのフライ)
Poron Karistys ?16.50 (トナカイのコマ切れ肉)

あとサラダは自由にどうぞって感じです。

結構量があるので、そんな腹も減ってなかったこともあって
3人で二皿にしました。トナカイはまー、あれでしたが
ニシンは、やっぱ美味しかった。これは癖になります。
ヘルシンキへ来て一番はまった料理です。

店の雰囲気もずっとやってる感じで
地元の人に愛されてる感じで
働いてるおばちゃんも無愛想っぽいんだけど優しい感じで
なにもかもイイ感じです。

Salve
Hietalahdenranta 11
00180 Helsinki, Finland
09 603 455

ヘルシンキへ来ると行きたくなります。

リンナンマキ遊園地に行ってきますた。

ハンナさんの子供たちに誘ってもらって
ヘルシンキのリンナンマキ遊園地へ行ってきました。

僕、高所恐怖症なのですが遊園地は好きです。
結構チャレンジする自称ブレイブメンです。

僕たちが行った時には入口で料金を払うわけではなく
出入りは自由。で、自由に乗り物に乗ることができる
1Dayパスを園内で買いました。

結構面白いのが料金で、年齢じゃなくて身長で決まります。
乗り物の制限は身長なんだから料金も身長で制限する。
なるほど、理にかなっておりまする。

120cm以上は35ユーロ
120cm以下は23ユーロ
100cm以下は18ユーロ
100cm以下の子の付き添いの大人は1人までフリー

安くはないんだけど、遊園地の料金はチャリティーにも
なっていて、子供たちの福祉に使われるのだそうで
そう思うと多少高くても納得がいって気分も上々です。

園内は緑も多くてカモメも飛んでて超爽やか。
とっても気分がいいです。

そして、乗り物は小ぶりなんだけど
なんかね動きが激しくてスピードが早い。
あなどってるとやられます(笑)

↓この観覧車が結構動きが早くて乗ったら何周かまわる。

↑サイドはオープンで揺れる。絶叫マシーンというにふさわしい。
怖すぎて乗れなかった。

目玉は1951年からずっとあるというローラーコースター。
木造です。そして後ろに立ってるブレーキメンが運転する。
この運転手によりスピードが違うらしい。スピードは早くないんだけど
妙なスリルがあります。

夏場しか開いてないんだけど
凄く楽しめます。機会あれば訪れてみると楽しいと思いますよ~。

↑ヤンキーライドはフィンランド人にもバカうけしてました。

text:シャチョウ