現在のご注文は7/11(月)までに出荷します。 7/7(木)は7/5(火)21時半までのご注文を出荷予定

2016年6月9日
タオルの生乾き臭はエーツーで消えるのか。

長く使っているタオルを 部屋干しで乾かすと、 うっすらと生乾き臭がしてくる。 長雨が続いた時に 「今日のタオル、学校の雑巾と 同じ臭いがする。オエッ。」 と娘に言われた時は、 雑巾なことあるかいバカチンが。 と、ムッとしたけど、 まぁ、正直一歩手前の臭いではあった。 ニオイの原因は、雑菌。 湿度も温度も高くなるこれからの季節、 乾くまでの時間が長ければ長いほど、 雑菌が繁殖するのに好条件。 そんなのは知ってる。 でも、だが、しかし、乾燥機のない酒井家は、 脱水&部屋干しで梅雨シーズンを やり過ごすしかない。 ならば最後の砦、必殺 A2care を 使ってみたらどうだろう? 雑菌が繁殖しなければ、 ニオイが発生しないのでは? 臭わなかったらこりゃすごい報告ができる! そう思って雨続きの日に試してみました。

まず、どのタイミングでエーツーするか。 MAMAや部屋干しハンガーに干した後に 噴きかけると部分的にしか行き渡らないし、 部屋の床がうっすら濡れてしまったので、 洗濯槽から出す時にエーツーするのが 一番効率的なんじゃないかというのが、 今の所のやってみての感想。 命中しなかったエーツーは、カビの温床に なりがちな洗濯機まわりの空間の カビ防止にもなって、一石二鳥。

ただ、うちはセレブではないので、 梅雨時期だけとはいえ、毎回の洗濯で 惜しみなくブシュー!ブシュー!と 思い切り噴霧するには正直怯む。 (そもそもセレブは自分で洗濯しないか。) こりゃーコストパフォーマンスの高い 4Lタンクというバックボーンが必要だと いう気がしてくる。4Lがあれば気兼ねなく、 もひとつオマケにブシュー!とやれそう。 【詰め替え用】のコスパメモ  《300ml》1,200円= 1ml あたり 4円  《 4L 》7,500円= 1ml あたり 1.875円   ※2016年6月9日調べ(税抜き価格)

そんな感じで、部屋干しで乾かした結果、 ほぼ無臭。 雑巾とまで言われたタオルが、無臭。 エーツーは色々な場所で 除菌消臭にすごく効果があるんだけど、 なかなか効果が目に見えずらい。 でも、タオルの生乾き臭は 分かりやすさダントツだった。 タオル買い替えタイミングの 決定打となっていたニオイ。 先手先手でエーツー除菌しておけば タオルはもっともっと 長く使えるってことじゃな~い! 我が家の買い替えサイクルが大きく 伸びそうな、頼もしい結果が得られた。 今のタオルで、もうワンシーズンいける。 ついでに、以前フェイスブックのコメントで 「洗濯層の中にもエーツーしておくと カビが抑えられるんですよ。」 と教えていただいたから、それ以来、 洗濯機まわりに一本常駐させて、 時々洗濯層にもシュッしてます。