現在のご注文は7/11(月)までに出荷します。 7/7(木)は7/5(火)21時半までのご注文を出荷予定

2016年6月29日
濡れた折りたたみ傘を放置してしまったニオイに、エーツー。

シャチョウの折り畳み傘が臭いらしい。
スコープで別注してまで継続しているほど、
超☆お気に入りの傘、
SENZ×minaperhonenのTwigが、
広げる度にブルーな気分になる
ニオイ付き傘に仕上がってると、
悲しい表情のシャチョウ。
原因はなんとなく想像できる。
出張先で雨が降る→折り畳み傘を使う→
濡れた傘をビニール袋に入れる(付属の
傘袋など、とっくの昔に失くしている)→
バッグに仕舞う→蒸らし→出張から帰る→
バッグの中でそのまま寝かす→熟成。
こんなことなんじゃないだろうか。
半ば諦めモードで
「エーツーしたら消えるんかなぁ。」
とボヤいていたシャチョウですが、
その後自宅でエーツーを
猛烈シュッシュすること4回戦。
1回目の噴霧&乾燥では、
ニオイは完全に消えなかったものの、
確実に薄まってきている!と手応え感じ、
2回目の噴霧ではニオイの確信部分を
自分の鼻で探りながら狙い撃ちでシュッ。
そしてまた乾燥。
あと一息に思えた3回目は、
もう一度鼻を利かせて確信部分への集中噴霧。
そしておまけにもう1回。
4回目の乾燥が終わった時、
ようやくニオイを感じなくなった
ということです。祝。
1回だけでは効果が出ないレベルの
手強いニオイには、根気良く何度か
噴霧を繰り返すと良いんですね。
ちなみに、傘を干す時、
ついつい太陽に向けて乾かしたくなる
ところですが、直射日光は色褪せや
生地を傷める原因になるという事ですので、
ここはグッとこらえて、陰干にて。
傘の撥水加工を甦らせる技はこちら↓

https://www.scope.ne.jp/blog/2182