現在のご注文は6月20日(木)までに発送します 6/19(水)は6/18(火) 8時頃までのご注文を出荷予定

2010年4月22日
マニラの展示会場ロビーにて。初めて来ましたがイイ感じです。

マニラのみなさま、こにちわー!

信号とは非常に大事な物である。

展示会場からホテルまで歩いて帰ってみた。
ホテルが大通り沿いにあったから、大きな交差点を横断しないと
帰ることができないんだけど交差点に信号がない。ないんですよ。

そこらちゅうでクラクションなってるし。

片側4車線ぐらいあるきわめて交通量の多い道路を信号なしで渡る。
これは思った以上に難しい。

日本でいうところの
小学生が無茶な信号無視をして大人から「死ぬ気か!」って
怒られるような状況が、そこら中で普通におこっている。
クラクションなりまくってるけど、誰も何も気にしていない。
あいさつなのか?クラクションは。

そんな状況をみて途方にくれる僕を激写した一枚がこちら。

いやぁ。
本当に渡れる気がしなかったですもん。
で数分途方にくれていたら

勇猛な若者が渡ろうとしていたから
一緒について行ってなんとか渡れたの巻。

さすがに割ったってる時の写真を撮ってる余裕はなかった。
まさにやるかやられるかの世界。

渡り終えた後は、なんだか妙な達成感がありました。
帰国するまでに自分ひとりで横断できるようになりたいです。

ホテルへの帰り道。

レチョンとルンピアとシニガン

ホテルから大通りを歩いて500mぐらいの距離にある
レストラン「アリストクラット」で晩御飯を食べました。

ホテルの人からはタクシーで行けば?
って言われたんだけど、そんな距離じゃないし
明るいから歩いていくべし!って迷いなく
歩いてみたんだけど、なんとなくわかった。

またですがー、道路を横断するのが難しい。
道もなかなかね、色々な意味でハードな感じ。
車も多いし、色々なところに人が座ってたり寝てたり
するから、いつも四方八方に注意をしつづけるような。
500M歩いたら結構疲れた。
NARUTOで言うと白眼を使いづづけてチャクラ切れ
みたいな感じかな。

辿りついたレストランはファミレスのような感じで
美味しくて、お手頃でした。
地球の歩き方にでてたフィリピン料理の代表選手を3つ
ピックアップしてオーダー。大体一皿500円ぐらい?
そんな感じです。ホテルで日本の70%ぐらい?外に出れば
日本の半分以下な物価感、

レチョン:子豚の丸焼き(の一部)258php
シニガン:すっぱいスープ(トムヤム君の兄弟だな。多分)281php
ルンピア:春巻き 234php
税金12%

そして、店員が多い。日本のレストランの3倍ぐらいいる。
役割が完全にわかれているみたいで、料理を運んだり皿を
片づけたりする人、オーダーをとったり料理をテーブルへ
置いたりする人、片づけられた机にカトラリーを並べる人。
そんな風に、店員がわんさといて、わんさと仕事してました。

ホテルもレストランもお店の人は強烈に親切で超笑顔で丁寧。
そして店やホテルの入り口には警備員。建物の外と中とでは
全然雰囲気が違うマニラで、僕のような経験値の少ない人間
は、いち早く建物の中に入りたくなるわけです。

ハロハロ(200yen)と僕 氷がヤバイって聞いたけど徐々に試してokエリアを広げてます。

マニラ経験値の高い秘書課の玉ちゃんは
常に氷なしで飲み物をリクエストしている。
前にハロハロを食べて、入っていた氷でヒットし
おなかが急降下。かなり大変だったそうです。

水がヤバイ。
来る前に頭に刷り込んだキーワード。
ミネラルウォーターも蓋が閉まってるかチェック&チェック。
クリーン&クリーンです。

でも玉ちゃんは、シャチョウはきっと大丈夫ですよ。
って全く根拠なくいうんだけど
多分大丈夫ではないから、徐々に安全エリアを手探りで探し
広げていく感じで氷にチャレンジしてます

昨日はホテルで氷入りのドリンクを数杯飲んでみました。
大丈夫でした。

そして遂にファミレスではハロハロです。
めっちゃ氷入ってます!全部食べました。

結果、全然平気でした。
僕はまーまー大丈夫みたいです。

ただ、ホテルのレストランにおいてあった生牡蠣。
これには手を出せなかった。みんな美味しそうに食べていたん
ですが、生の貝は水の1000倍ヤバイような気がする。
それはやめておこうと思っています。

text:シャチョウ