現在のご注文は6月20日(木)までに発送します 6/19(水)は6/18(火) 8時頃までのご注文を出荷予定
iittala / Alvar Aalto Collection

フィンランドを代表する近代建築・デザインの巨匠アルヴァ・アアルト。アアルトが手がけたデザインの中でも特に有名なのが、現在のAlvar Aalto Collectionの元となっているガラスの作品群です。1936年、カルフラ・イッタラが主催したガラスデザインコンペティションで大賞を受賞、翌年1937年夏にはパリ万国博覧会のフィンランドパビリオンでも展示され、国際的に高く評価されました。もともと「エスキモー女性の革ズボン」というタイトルで応募されたデザイン案には5つの花瓶のスケッチが含まれていましたが、そのモチーフはフィンランドにある湖の形や、白樺の根本付近の断面のフォルムなど、諸説存在すると言われています。そこからデザインは発展を続けてバリエーションは広がっていきます。そしてヘルシンキにある老舗高級レストラン「SAVOY」のために作られたサヴォイベースが広くその名を知られるようになり、現在も生産が続く定番アイテム、ベース95mm・120mm・160mmの元となります。その流れるような有機的なフォルムはフィンランドデザインの象徴、世界で最も有名なガラス作品のひとつともいわれ、発表から90年近く経った今でもたくさんの人々に愛され続けています。

金型のアアルトベース

そもそもは木型を使って生産されていましたが、1954年頃から金型を使った生産が始まりました。それ以降は金型が中心となって生産が続き、様々なバリエーションの定番アイテムが今日まで作り続けられています。木型で作るのは職人仕事、金型は機械による大量生産、そんなイメージを抱く人がいますが、木型も金型も生産工程に大きな違いはありません。どちらも1点1点、ガラス職人が型にガラスを吹き込むことで形作られています。ただ、金型は木型のように燃えて変化することがないのでアウトラインは一定でガラス表面も比較的均一です。個体差も少なく整っていますが、厚さが異なるので色ガラスを使っている場合は濃淡あります。また限定色に暖色が使われると高くなることが多いです。

ベース 95mm
ベース 95mm

ホワイト 12,800円

クリア 欠品中

アアルトベースの中で一番小さな95mm。1982年から生産が続いています。窓枠に飾ったり、少さなブーケや庭先で積んだ花を数本、水切りして短くなった花を最後まで楽しむのに使い易いサイズ。ペン立てにしてデスクで使っているスタッフもいます。価格も一番お手頃なので、まずはここから。

ベース 120mm
ベース 120mm

欠品中

高さ120mmのアアルトベース、1981年から生産されています。一見、花を飾ることが難しそうに見えるのですが、縁の複雑な曲線が植物を固定しやすく、少量の花でも雰囲気良くまとまることは実際に使っているとだんだん理解できてきます。大き過ぎず、小さ過ぎず、とても使い易いサイズです。

ベース 160mm
ベース 160mm

ホワイト / リオブラウン 22,800円

クリア 欠品中

そもそもは高さ140mm、木型で生産されていましたが1954年から金型を使った生産が始まり、1961年に現在の160mmとなりました。たまに生産される限定色は160mmのみに採用されることが多いです。スコープでもクリア・ホワイトに加え、2023年の限定色リオブラウンをラインナップしています。

ベース recycled edition
ベース recycled edition

120mm販売終了

160mm 22,800円

イッタラのガラス工場からでた廃棄ガラス100%のリサイクルガラスを使ったアアルトベース。2021年より生産されています。様々なガラスが混ざり合って作られているので、通常の商品とは違った微妙で曖昧な色となり、個体によっても表情は様々です。金型は120mmと160mmの2サイズ展開です。

ベース251mm
ベース251mm

ホワイト 28,800円

クリア 欠品中

数年前までフィンランディアと呼ばれていた背の高いベース、201mmと251mmの2種類が生産されていました。201mmはレストランSAVOYでもよく使われていましたが廃番、現在は251mmのみ生産されています。口の形状はベース120mmに近いです。薔薇のような枝の長い植物を飾るのに向いています。

ベース220mm
ベース220mm

欠品中

2017年より生産されている220mm。木型で作られるベース400mmが縮小されたような形状に見えますが、同一モデルかはハッキリしません。背が高いので茎をあまり切らずに生けられます。また口のラインも緩やかですから、花の枝ぶりや葉っぱの付き方を気にしなくても、うまいこと飾れます。

ベース270mm
ベース270mm

38,800円

2020年からラインナップに加わったベース270mm、金属型を使ったアアルトベースの中では一番大きなサイズ。口の広がりも大きいので花束をそのまま飾ることも可能。買ってきた沢山の花をバサッといけておくのにいつも使っています。無いと困るアイテム。スコープの取り扱いはクリアのみ。

ベース180mm
ベース180mm

各色 19,800円

アルヴァ・アアルト生誕125周年を記念して2023年に復刻されたベース180mm。定番は5色展開ながらスコープではクリアとホワイトのみを取扱っています。口径約7cmと大きくないので、たくさんの花を生けることはできませんが、細い花を数本いけて食卓に飾れば絵になります。一番使い易いかも。

ボウル 262x50mm
ボウル 262x50mm

各色 45,800円

2023年のアルヴァ・アアルト生誕125周年を記念して復刻されたボウル262×50mm。あまり生産されたことのない珍しい型です。フルーツボウルとして使ったり小物をまとめるのにも良いですし、短く切った花を飾っても新鮮。ガラスの厚みに個体差があるので、上からの画像で比較してください。

木型のアアルトベース

1937年から木型を使った生産が始まりましたが、1957年から金型での生産が始まってからは木型での生産は少なくなり、現在では非常に珍しい存在となっています。金型に比べて木型の作品が高額になる理由は木型の消耗が激しいからです。金型はずっと使い続けられますが、木型は1つ吹く度に熱で燃え広がりますので、そんなに沢山は吹くことができません。小さな物でも1つの型で100個ぐらいまで、特に大きなモデルは10個未満と聞いたことがあります。また、木型を使って生産されるベースは主に大きな作品が多く、その大きな型の深い部分にまでガラスを均一に吹いて行き渡らせないといけませんから、職人には高度な技術が求められます。大きな物になればなるほど吹くのが難しく失敗も多くなります。また木型は生産の度にガラスの熱で燃え広がり変化していくので、激しい個体差が生まれます。金型と異なりアウトラインもバラバラです。1つの型で沢山は作れず、個体差も激しく、大きな作品が多いので失敗も多い。だから、どうしても高額となってしまうので生産されること自体が稀という流れにある木型のアアルトベースです。それでも木型が欲しくなるのです。木型で作られるアアルトベースは燃える型を写したかのような揺らぎある独特な表面となり、ハンドクラフトの魅力を存分に備えています。プロダクトというよりアート作品のようなもの、アアルトベースの原点は木型ですから。それぞれの個性(個体差)が最大の魅力、ぜひとも個別画像をじっくり見て、好みの一つを探してみてください。2021年頃から木型でのアアルトベース生産も少しづつ増えてきましたが、どれも在庫限りのアイテムばかり。もし再生産されたとしても値上がり激しいと思いますから、興味のあるモデルは早めに買っておいた方が良いです。

ベース140mm recycled edition
ベース140mm recycled edition

55,000円

リサイクルガラスを使用したコレクション、木型を使ったベース140mm recycled editionは2021年に発売されました。この代表的な型がカルフラで生産されていた当時の高さは基本140mm、つまりオリジナルの高さで作られています。昔と同じように木型を使うだけでなく、リサイクルガラスを使った今の時代にマッチした素晴らしい企画。リサイクルガラスの曖昧なカラーが余計に個性を強くしています。またイッタラが素晴らしいのは、自社工場の廃棄ガラスを活用しているところです。リサイクル素材を仕入れて作るアイテムとは異なる真なるリサイクル、模範だと思います。スコープには200個入荷、在庫なくなり次第終了。本店と楽天あわせて残り46個。

ベース175x140mm
ベース175x140mm

各色 49,500円

ビンテージがオークションに出品されて超高額で落札されたことが話題となったモデル。ほぼ生産されたことのない型だから2021年に限定販売されたことに凄く驚きました。イッタラ140周年の一環として各色2021個限定生産された2021年の記念モデルAalto vase 175x140mm、全て木型が使われています。コッパー、モスグリーン、クリア、ダークグレーの4色展開、ナンバリングあり。クリアとコッパーは完売していますが、追加入荷できたグレーは残り79個、モスグリーンは残り69個。2011年発売当時でもお手頃に感じましたが、今となっては超お手頃の極み。もし別色で再生産されたとしても、こんな値段には到底ならないだろうから買っておいた方がいい。

ベース400mm
ベース400mm

220,000円

圧倒的な存在感、アアルトベースのなかでも特に大きく、それでいて日常使いできるところが素晴らしい。近年、木型を使ったアアルトベースもポツポツ発売されていますが、400mmのような大型モデルが日本で販売されることはそうそうありません。ただ、フィンランドのイッタラショップで販売されているのを見ることはあります。22万円と高額ながら2019年当時の価格設定ですから、今後発売されるとしたらいくらになるのやら。イッタラ工場で試作を重ねていくなか、少し変わったクリアを発見、それを再現して貰いました。他より色味のないビンテージのようなスモーキークリア。何より買っておいた方がいいベース400mm。スコープ特別注文品、残り47個

ボウル 380×80mm
ボウル 380×80mm

各色 240,000円

僕の好きな木型を使ったアアルトベースの一つ、古い品番で9746、シーブルーとスモーキークリアで作りました。職人さんにはシンプルながら超難関「なるべく薄く吹いてほしい」とリクエストしています。古いアアルトベースは全て薄いのか?というとそんなこともなく、厚みは個体によって様々。ただ、僕は薄いのが好きなんです。シーブルー56個とスモーキークリア103個が完成、展示会「フィンランドのライフスタイル~暮らしを豊かにするデザイン」に合わせて発売しました。80mmと低いのですが、実際の型はもっともっと大きいんです。大きく吹いて低くカットしないとこうはならない。贅沢の極み。スコープ特別注文品。高額過ぎ在庫はまだまだアリ。

その他
プライウッドボウル
プライウッドボウル

個別販売じゃないけど 11,800円

バーチの積層合板をアアルトの曲線で抜いて、浅く広いボウルに成形したシンプルなアイテム。これがテーブルにあるだけで、そこにアアルトの雰囲気が広がり、とても絵になります。フルーツやお菓子を置いたり、リビングテーブルではリモコンをまとめたり、気軽に使うことができ日常に取り入れ易いアアルトデザインです。アルテックのテーブルを愛用中でしたら、ここは必須アイテムだと思います。イッタラ定番として長らく販売されていましたが、2019年に廃番となってしまったため、2023年にスコープ単独で特別注文しました。それに必要なロットは5,000枚!かなり頑張りましたから、もう一度はありません。在庫あるうちにゲットしておいてください。

まとめまとめ

6月30日まで木型以外のAaltoコレクションが特別価格