現在のご注文は5月28日(火)までに発送します 5/27(月)は5/24(金) 18時頃までのご注文を出荷予定

2007年2月13日
リーヒマキガラス美術館に到着

朝一でホテルへ迎えに来て頂きリーヒマキへ向けてレッツラゴー!
ハンナさんに運転して貰ってスミマセンな感じでございますが
それがー1番あんぜーん。って事で思いっきりお願いします!な
感じです。

『みなさーん しーとべるとをしてくださーい』

ハンナさんの号令で皆シートベルト装着(フィンランドは後部座席も
必須なんですと)。ヘルシンキのど真中からリーヒマキまで車で1時間
程度。色々な話で盛り上がりあっという間に到着です。

このガラス美術館。古いガラス工場を改装した美術館との事。
内装や展示什器などなどタピオ・ヴィルカラ、サミ・ヴィルカラ親子
によりデザインされているとの事。今日も朝からアゲアゲです。

でも。雪スゴ。リーヒマキ寒!

ゆうじ欲しがっる

展示はフィンランドのガラスの歴史そのもの。
ヌータヤルヴィやイッタラのガラス製品(もちろんばっかではないです。多いだけ) が年代にそって(僕はそう思うんだけど)展示されています。今でも製造されている アイテムや復刻されたアイテムも多数で全く知らないアイテムばかりではないから、 なんか心躍る感じです。

ライブとか行っても何といいますか知らない曲ばっかだと盛り上がらないじゃない ですか(くだらない例えですんません)。でもKartioやAinoAaltoのオリジナル を見ると、おーーーオリジナルはこんなんだったんだーとヴィンテージについて 大して詳しくない僕でも嬉しくなるわけです。そして知ってるデザイナーが作り出 した過去のアートピース的作品の数々。いい。そして。欲しい。

平山君もかなりのアイテムを欲しがっている感じですよ。

説明つき嬉しいです!

ハンナさんの説明が凄い。
もう凄い詳しい。

もう全部は到底覚えられなくてもったいない感じで、
平山君とビデオもってくりゃ良かった・・・
と後悔するの巻なんです。

ハンナさんの説明付ツアーが常にあるわけではないようですが
my suomiさんのツアー(ガラスヘブンツアーって名前。確か)
は今回同様、説明付きだそうです。

これ。凄くいいですよ。
会社のスタッフを全員連れてきたい!って思う反面
来たら確実にビンテージに興味深々となり皆アンティークショップ
ばっかにお世話になるようになるからマズイかな?なんて。

でもホント詳しく知ることが出来たと思います。更にフィンランド
のガラス製品もえもえな感じです。
フィンランドの歴史的背景も一緒に説明してくれるから更に納得。

ビデオ持ってこなくて激損した。ほんと損した。
今日ほど美術館の展示をしっかり見た日は正直ないです。

またこの展示以外にもガラス製品の製作に関する展示とかもあり。

珍しい試作品

実際に製品化され販売されていた物ではなく
激珍しい試作品だそうでございます。

オークションに出たらエライ事になるそうですよ。
いったいどれぐらいの価格で落札されるのか気に
なる所でございます。

オークションに出たら買うか!スコープ!なんて(笑

右はじのが欲しい

ハンナさんから

『この美術館から1つ好きなのを持って帰っていいって言われたら
 どれを持って帰りますか?』

の質問に僕が即答したアイテムは写真右のおにぎりみたいな厚い
ガラス。デザイナーはGunnelNyman(1909-1948)。若くして
この世を去った事もあり作品数も少ないみたいです。買える物で
はなく、他のアイテムと比べればサイズも小さいですし強烈な
インパクトがあるわけでは無いんですが、異常な程惹かれます。
もっともっと高額な作品はあるんですが、これが一番欲しい。
何かいつか自分の物になるような気がしてます。

復刻してるアイテムもチラホラ

おっスコープで復刻したの売ってるぞ~
って嬉しくなったので写真撮っちゃいました。
決して決して商売っけがモリモリ鼻の横のあたりから出てる
わけじゃないですよ。な~んてな(笑)。

ペロペロキャンディ

そして。最後に。実物見れてよかった。
オイバ トイッカのペロペロキャンディー。
どの作品もかわいいなぁーって思うんですが、
これは最高に好きです。これも欲しい。
あー何でも欲しくなってきたよ(笑

と以上で美術館レポ終わりー。

イッタラやヌータヤルヴィのガラス製品が好きな人
だったら、凄く楽しめる美術館だと思います。
電車やバスで来るのは少し大変そうなので
もしフィンランドへ来る事あればmy suomiの
ガラスヘブンツアー申し込むと説明も聞けてより
楽しめると思いますよー。
実際参加した僕ら超満足でしたもん。

アンティークショップ

いよいよmy suomiツアーも最終段階へ突入。
本当はもう終わりだったんですが僕らこの後スケジュールが
つまってるわけではなかったので、アンティークショップへ
連れて行ってもらいました。それもあまり観光客が来ない
スポット!結構期待もりもりです。

かーちゃーん。また俺買っちゃうんかなー。
帰国が怖いよー。

ゲッツ

皆さん、それぞれお気に入りのイッタラやアラビアのブツをゲッツ。 僕は全くイッタラやアラビアと関係ない変な動物2種をゲッツ。1つ10ユーロ。 ガラスのヤツとか最高に変で可愛いんですよ(笑)僕的にはいい買い物でした。

またお店の中でハンナさんがオススメのアイテムや珍しい物をピックアップして 見せてくれるのも嬉しい。そんでもってハンナさん!結構ストレートなんですよ。 お店の中で気になるアイテムがあるといくらかな?何てみるわけなんですが、 近くにいると、『それはコンディション全然良くないし値段高すぎ。』とお店の 中でボッコーーンと教えてくれるわけです。あー完全に聞こえてるなーみたいな。 でもそれがまた安心と言いますか。ね。

自分が納得すればいくらでもイイ!が1番かっこいいんですが、正直!相場より 高く買うのは何かいやですもん。ナイスアドバイスしてくれるのは本当に助かり ます。ベリーチープとかトス上げてくれるんですよね(笑

これにて今回のmy suomiは終了なんですが、そうそう体験できない事をギュッと 体験できて本当に素晴らしい2日間でした。

楽天市場の取り決めで僕らのこのブログから楽天以外のサイトへはリンクでき ないので、直接ご紹介はできませんが(検索かければすぐ見つかります)、 もしフィンランドへ行く事があればツアーに参加してみるのも良いと思います。 実際全然英語も何も話せず地理もわからない僕がバッチリ楽しめたんで誰でも 楽しめることと思いますよ!

ちょっとPRくさいんですが、
すんごーーーいお世話になって
実際すんごーーーーーい良かったので、皆様もよろしければチャレンジです。

text:シャチョウ