現在のご注文は7月17日(水)までに発送します 7/16(火)は7/12(金) 18時頃までのご注文を出荷予定

2007年2月17日
これでストックホルムへ向かいます!

この船でストックホルムへ向かいます!
PM5:00出発、翌日AM9:30着

船の中にレストランや免税店、カジノやバーなどがあり、
かなり充実施設みたい。
噂の酔っ払いさえいなければ大丈夫。

怖い事は忘れ楽しく行こう!
そう気分を切り替え、自分達が盛り上がるよう頑張る僕達でございます。

ムーミンとミー・・ミー?はいミーがお出迎え

シリヤラインに乗ると直ぐに一人づつ写真を撮られます。カシャ!
そしてその後ムーミンやミーが出迎えてくれるわけです。

この写真、後で船内で売られるみたい。日本の大きな温泉旅館ノリ。
ムーミンやミーと一緒に撮ってくれたら買ったのにな~。
俺だけだからいらないや。

ミーがねー。オバハンっぽい?
でも。ミーをやるのって大変だよね。頭身数まであわせてきたら
ホントスゲーと思うんだけど、そりゃ無理だよね。
無理だ。無理だ。無理だ。無理無理。それはむーりーだー。
by爆風スランプ。

部屋せま!

部屋に来ましたが、これは狭い!
かなりキュンキュンです。トランク広げられない。
まーいいか。今日はトランク開けないで。

手荷物にとりあえずの物は入ってるから。

そんな事より!早く船内を探検したいぞ!
温泉旅館に到着した小学生な気分です。
かなり盛り上がってます。

さらばヘルシンキなのだ

サンデッキ(船の屋上)へやってきました。
おおおー船大きいから見晴らしいいなー。
1週間お世話になったヘルシンキ!さらばじゃ!

僕ら二人盛り上がって写真撮りまくってるわけですが
誰もいましぇーん。僕らだけでーしゅ。

船の中は賑やかな温泉旅館のようだ!

ここが船のメインストリート?みたいなところ。
お店やレストラン、カジノ何かがあります。

壁にドワー--ってあるのは客室。
部屋はこちらプロムナード側に窓がある部屋と海側に窓がある部屋
とから選べます。色々イベントごとがあるのでプロムナード側だと
部屋から見れて楽しいかなーー。僕らは海側。夜は暗くてあんま見
えないんだけど、それなりにいい感じ。揺れてる時は波すごいのが
見えますしね。氷も。

ちなみに窓の無い部屋もあります。お手頃です。

窓の外は一面氷ナリ!

サーカス始まっただ

免税店に入ると強烈な量の酒!ここは酒やビッグの1番点かえー。
そんでもって皆、異常な程酒を買ってる。

スーパーにあるショッピングカートみたいなのに箱単位でガンガン
積み込んでる。ここで買い溜めする感じみたい。皆が皆だから間違いない。
そんでもってみんな顔赤い。酔ってるよ。間違いなく(笑)

そして僕らもココでシャンパンとお菓子をゲッツ。
御飯まではかなり時間があるから部屋でいっぱいやって気分も上々。

気分も上がってきたからカジノにもチャレンジ。カードは外人と話さなくちゃ いけないし、ルールとかよくわからないから怖いので子供達がやってるような スロットマシーンへ。

ユーロをそのまま入れ、獲得したユーロがそのまま出てくる。
パチンコと異なるこの感覚は結構楽しい。日本のパチンコも本当の円でやったら 間違いなく今まで以上に相当燃え上がるはず!

でもそんなギャンブル性も高くなく1回10セントから1ユーロって感じ。
そろっても、僕らがやったのでマックス40ユーロ(実際全然そんなに出ない。 20ユーロでればいい方でした)。適度にそろい適度に負ける。そんな感じです。 でもやり続けるとかなり金はなくなります。危険です。あんまやらない方がいいよ 。全部回収台じゃないの?って僕は負けたから思ってます(笑)

そうこうしてるとサーカスが始まり、御飯タイム。
もう飽き飽きし始めてる料理の数々のビュッフェ形式。飯は本格的に飽きてきた。 ワインも飲み放題。こんなに乗客酔わせてどうする気なんだー(笑

気分もよく眠くなったので今日は早めに就寝です。

もうすぐストックホルムにつきますです。

すんげーー揺れたから正直寝不足です。
何度も起きちゃった。
シリヤラインは寝ちゃ駄目だね。酒飲んでずっと遊び続けないと。
深夜12時からディスコもOPENって書いてあったからそれに行けば良かった なんて今更ながら思いつつ、ストックホルムにまもなく到着します。

ちょっと吹雪いてる感じ。何かヘルシンキより寒いか!?

今もデッキにはほとんど人がいない。

text:シャチョウ