現在のご注文は4月22日(月)までに発送します 4/18(木)は4/16(火) 7時頃までのご注文を出荷予定

2007年2月18日
着いた!なんかヘルシンキより寒そうだど

つきました。

フェリーから今週のビックリドッキリメカーみたいな感じで
ゾロゾロ車がでてきます。ちょっと面白い。

そして恐れていたシリヤライン。
何も問題起こらなくて良かった。

タクシーでホテルへむかうです。

ホテルに着いたが早すぎてチェックインできす。四時間プラプラしてきます。

平山君が探して予約してくれたシャレオツHOTEL
Birger Jarl。

早く部屋を見てみたい!
(ほんとは荷物を早くおきたい!)

と思い今すぐチェックインできるか聞いてみましたがやっぱ
ダメでした~2時からだって。それまでプラプラするか。

という事で荷物を預けてフラフラと外出です。

近くの図書館にきてみましたがはいれない。。。

ちょうどストックホルム市立図書館が近くにあったので来て見ました。
ワンピースに出てきたオハラ図書館の元ネタは絶対ココだ!って思って
たんで楽しみ。がっ残念ながら開いてませんでした。ううっ。

後で行ったyou☆ぢが内部を撮影。円筒部分はこんな感じでグルっと
一周本で埋め尽くされています。
スウェーデンを代表する建築家、E・G・アスプルンドの建築物です。

図書館脇の小高い丘に登頂

あー。チェックインするまでやる事ない。。。ひまだ。

近くに公園があって小高い丘になってるのを発見。
あそこに登れば見晴らしよくて気持ちいいかも!かもかも!
と登り始めましたが、階段が完全に凍っててツルンツルン。

僕のブーツは裏がフラットだから異常な程滑る!

もう手すりにしがみつきながら登っていたんですが、どんどん
激しくなるし、どんどん高くなるし、落ちたらかなり怪我する事
間違いなしだったので、諦めました。

ヘルシンキにいた時は道に砂利がまかれてたりして、そんな滑った事
なかったんですが、ストックホルムでは激死。

皆様、ブーツは滑りにくいタイプの物にした方が絶対いいです。
フラットや緩やかな溝が入った程度の物だと大変です。それか
暖かい季節にくる。僕はそれが1番いいような気がしてます。

という事で、これは平山君が登って撮ってきてくれました。ご苦労よん。

地下鉄に乗ってみることにした

さて。いよいよやる事がない。でも時間はある。

そこで、明日から絶対に乗らないといけないと思われる地下鉄。
でも乗り方がわからない地下鉄。これに乗ってみることにしました。


そう。僕思うのですが、電車や地下鉄やバスの載り方や切符の買い方や
改札の通り方とか前もって調べといた方がいいと思います。それも本じゃ
なくて経験者に。僕も日本に帰ったら、注意点みたいなのをまとめてみよ
うと思っております。


で、地下鉄にチャレンジ。

地下鉄の切符のシステムがヨクわからん。なんで二枚かわにゃあいかんのだって!

とりあえず本には切符は区間関係なく時間のような事が書いてある。
切符1枚で1時間。

それが乗る時から乗る時なのか、乗る時から降りる時なのか、わからん。
駅員に聞くにしても英語よくわかんないから無理。ブワーーーッて
しゃべられるから絶対わからん。うーーーー困った。

まっいいや。とりあえず。切符を買ってみよう。
二人分のチケットをリクエストすると一人2枚買わされた。
なんで一人2枚買わなきゃいけないのか理解できん。

うーーん謎深まるばかりで気分が急降下。

それも2枚とも同じ日付・時刻押されちゃってるし・・

本には1枚15クローネだけど、最低購入金額が30クローネだから2枚買わないと いけないって書いてある。でも。でもですよ。それだったら1枚の切符にだけ 日付と時間を打てばいいじゃないですか。そしたらもう一枚はまた使える。 2枚いるんだったら、最初っから2倍の料金にして切符一枚にするよなーーー。 何で2枚買わなきゃいけなく、2枚に日付と時間を押されるのかがわからん。

調べれば調べる程わからん事まるけ。
別のゾーンに行く時は切符2枚必要って書いてある。
うーーーん。僕らは別のゾーンまで行くって判断されたって事なのかな?
あまりの意味のわからんさに恐怖すら感じるスウェーデン。

のみの市やってた。

フラフラしてたら、蚤の市やってました。
イッタラ、アラビア、ヌータやルヴィの物がゴロンゴロン!
ってわけでもないのですがチラホラあって、お値段もお手頃な感じ。
(あっいや、素人なんで相場からのお手頃感ではなく、僕財布からの
お手頃感って所です)
でも汚い。欲しいなーってのもいくつかあったんですが、残念ながら
帰りの荷物が既に限界ラヴァーズbySHOW-YAなのであきらめました。

帰り荷物の事考えずに買いまくったら楽しいだろうな~
って事は仕入れだな仕入れ(笑)

アンティークはやらない!って決めてたんだけど、
心揺れ動く今日この頃でございます。

text:シャチョウ