現在のご注文は5/30(火)までに発送します

2015年8月21日
小鳥の宝石箱やぁ~。

今日のスコープは、 シエッポ1,000羽×3色 全羽検品&撮影の 壮絶現場からお伝えします。

壮絶なのは、 検品スタッフと撮影スタッフ。 ひよこ鑑定士も怯む数のシエッポを 一羽一羽手に取り検品。 特記事項をメモ。 シリアルナンバーをチェック。 そして撮影。

最初は、若干暗めの撮影場所での 手彫りのシリアルナンバーの確認に 文字が小さいわ、読み取りにくいわで、 相当な時間がかかったという 撮影スタッフの平山(昭和47年生)も、 1,000羽に近づくにつれて、裏返せば シリアルナンバーが浮いて見えてくるほど、 ナンバー読み取り機能(だけ)が 進化したと自慢してました。

もう手にする事ができないと思っていた オイバトイッカのバードの原点”sieppo”が、 一面に並んでいるという、奇跡的な風景。 ひやかしで見に来ただけの私にとっては これはもう、パワースポットやー。

検品スタッフは目線の高さに並べて 丁寧にチェック。 これが3,000羽続きま~す。

スタッフ熊澤(写真左)に 全羽見ての感想を聞いてみると、 クリア×オレンジとイエロー×アメジストは だいたい安定した形で、 クリアが一番個性溢れているとのこと。

そうだ、そうだった。 2月にシャチョウが現地で シエッポ製作に立ち会った時に 「初期衝動型シエッポ」と名づけた 前のめりのシエッポもこの中にあるはずだ。

初期衝動型

iittalaのガラス職人さんにとっても シエッポを作るのは、ほぼ初めての事。 だから一番最初に作ったクリアには 職人さんのさぐりさぐりな感じが溢れている。

この後に続くシエッポの形は きっと安定してくるんだろう。

1羽だけ買うとしたら、 理想の形を求めてしまうけれど、 15羽コンプリートするつもりで シエッポ貯金をしている私にとっては、 試行錯誤感がビシビシ伝わるシエッポも 気になるところ。何羽か群れを作るなら そんなシエッポが混ざるのも面白い。

クリア選びがキーになりそう。 そんな風に感じました。

以上、現場から、 酒井がお伝えしました。

text:スコープ 酒井